豆柴と柴犬の違いは?サイズや性格、歴史について

「豆柴」という名前を聞いたことはありませんか?豆柴は古くから日本で飼われてきた柴犬のサイズを一回り小さくしたような犬のことで、小型犬の人気が高い日本ではサイズの小さい豆柴は年を追うごとに人気が高くなっています。そのため、現在ではペットショップやブリーダーなどで取引されることも増えており、柴犬同様に広く知られるようになりました。ここではそんな豆柴と柴犬の違いや豆柴の歴史などについて見ていきましょう。

目次

柴犬と豆柴にはどんな違いがある?

Fotolia 124673154 xs

豆柴と普通の柴犬では体のサイズが異なりますが、他にも性格などの違いはあるのでしょうか?

サイズが違う

豆柴とは、体が小さい柴犬のことをいいます。サイズが小さい柴犬ということで豆柴という名前が付けられていますが、基本的な見た目は普通の柴犬とほとんど違いがありません。

個体差はありますが、通常の柴犬は成犬になるとオスは体高が35〜43cm、メスは33〜41cmくらいになります。

一方豆柴は成犬になっても体高が30〜34cmほどしかありません。また、個体によっては体重も普通の柴犬の半分くらいとなるため、並べてみるとその違いは一目で分かります。

豆柴のサイズについては次の記事を参考にしてください。

豆柴の成犬の大きさはどれくらい?さらにサイズが小さい種類について|HANEY [ハニー]
柴犬の大きさを一回り小さくした豆柴は、近年人気が高くなっています。成犬になっても普通の柴犬より体の大きさが小さいことから豆柴と呼ばれていますが、体高や体重はどれくらいになるのでしょうか?また、豆柴よりもさらに体の大きさが小さい小豆柴という種類も話題となっています。ここでは豆柴の成犬の大きさや体重、さらに小さい小豆柴について見ていきましょう。

性格に違いはある?

体のサイズが小さい豆柴ですが、それ以外は特に普通の柴犬との違いはほとんどありません。そのため、性格も柴犬と同じで活発な子が多くなっています。

また、体は小さいですが柴犬のように気の強い子が多くなっているため、きちんとしつけを行う必要があります。

柴犬の性格については次の記事を参考にしてください。

柴犬はオスとメスで性格が違う?どちらの方が飼いやすい?|HANEY [ハニー]
柴犬は飼い主さんにとても忠実な犬として知られていますが、オスメスの性別の違いによって性格が異なる場合があると言われています。小柄で素朴な雰囲気が特徴的な犬種ですが、頑固でやや気が強いところもあり、性別によってはそうした傾向が強く見られる場合があります。ここでは柴犬のオスメスによる性格の違いやどちらの方が飼いやすいかなどをご紹介いたします。

豆柴という種類は存在しない?

%e8%b1%86%e6%9f%b42

ブリーダーやペットショップなどでも取引されることが増えている豆柴ですが、実は豆柴という種類はジャパンケネルクラブでは認められていません。

ジャパンケネルクラブでは認められていない

柴犬のサイズが一回り小さくなっている豆柴ですが、実は公式には認められていない犬種となっています。
そのため、犬種の認定や血統の管理を行っているジャパンケネルクラブでは、豆柴は普通の柴犬として扱われています。

犬種によってはプードルとトイプードル、ダックスフンドとミニチュアダックスフンドのように異なるサイズの犬種が認められているケースもありますが、豆柴という種類はジャパンケネルクラブでは認められていないため、サイズなどの明確な基準は存在しません。

なぜ認められていないのか?

豆柴が固有の犬種として認められていない理由は、単に豆柴が小さい個体の柴犬であるという説が有力だと考えられているからです。
そのため、基本的には普通の柴犬との違いがなく、体のサイズも個体差によるものだとされています。

豆柴という名前も公式には認められておらず、一般的に広がることを目的として付けられた名前なので、ブリーダーやペットショップの中には虚弱で体が小さい柴犬を豆柴として販売しているようなところもあります。

しかし、一説では豆柴として知られる以前から「小柴」が存在していたとも言われています。

生まれた経緯や歴史について

%e8%b1%86%e6%9f%b4

豆柴は最近の小型犬ブームに乗ってブリーダーにつくられた柴犬というわけではなく、古くから存在していたという説があります。
そのため、当時は「小柴」や「尺柴」と呼ばれていました。

小柴や尺柴と呼ばれていた?

豆柴はかつて、小柴や尺柴と呼ばれていました。柴犬は古くから猟犬として猟師に飼われていましたが、当時の猟師たちはその中で通常の柴犬よりも体が小さい子を小柴と呼び、代々繁殖させて小さいサイズの柴犬を保存していたとされています。

小さいサイズの柴犬はここ数年で豆柴として人気を集めるようになりましたが、実は昔から存在していた可能性があります。

戦前から存在していた

基本的にサイズ以外は普通の柴犬との違いがないため、豆柴は別の種類として扱われているわけではありませんでしたが、サイズの小さい小柴としての保存や繁殖は戦前である昭和30年前後には存在していたと言われています。

そのため、ジャパンケネルクラブでは認められていませんが、柴犬の保存を目的としている特定の団体からは一定の基準を満たしている柴犬は小柴として認められています。

ポイント

豆柴と普通の柴犬との違いは体の大きさだけで、性格や容姿などの違いは基本的にありません。そのため、ジャパンケネルクラブからは個別の種類としては認められておらず、豆柴は柴犬と同じ犬種ということになっています。

犬の中にはカニーヘンダックスフンドやティーカッププードルのように、小さいサイズが人気を博したことから公式には認められていない種類として取引されている犬種もいますが、豆柴は戦前から猟師が繁殖させていた小柴だという説があるため、比較的古くから存在していた可能性があります。