柴犬はアトピー性皮膚炎になりやすい?原因や食事について

柴犬はアトピー性皮膚炎を発症しやすい犬種だと言われています。アトピーはだいたい3歳くらいまでに発症することが多く、かゆみが出たり、抜け毛が増えるなど様々な症状を引き起こすようになります。柴犬は遺伝的にアレルギー体質であることが多いため、原因となるアレルゲンや普段の食事には気を配るようにしましょう。特にアレルギーは食事が原因となることが多いので、毎日食べさせるドッグフードには注意が必要となります。

目次

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

Fotolia 132768457 xs

柴犬はアトピー性皮膚炎という病気を発症させやすい犬種だと言われています。また、アトピーとは別にアレルギー性皮膚炎にも注意する必要があります。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎とは、花粉やハウスダスト、ダニ、カビなどの原因となるアレルゲンを吸い込むことで皮膚がかゆくなって、抜け毛やフケが増える、皮膚が赤くなるなどの症状を引き起こします。

かゆみがひどい場合だと犬は自分の体を引っかいたり、噛んでしまうことで皮膚が出血して化膿することもあります。
柴犬は比較的このアトピー性皮膚炎を発症しやすい傾向があり、梅雨になると症状があらわれやすくなります。

遺伝や体質が原因となっているため完治させることはできませんが、症状を抑えることはできる場合があるので、異変が見られたらできるだけ早く病院へ連れて行きましょう。

アレルギー性皮膚炎にも注意しよう

柴犬はアレルギー性皮膚炎にも注意が必要です。アレルギー性皮膚炎はアトピー性皮膚炎とよく似ており、体にかゆみが出たり、皮膚が赤くなるなどの症状があらわれますが、他にも下痢や嘔吐などを引き起こす場合があります。

アレルギー性皮膚炎は原因となるアレルゲンに触れたり、食べることで症状があらわれます。そのため、アレルゲンに触れた場合はその場所だけ炎症が起きます。

アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎については次の記事を参考にしてください。

強いかゆみを引き起こす犬の病気「アレルギー性皮膚炎」について|HANEY [ハニー]
アレルギー反応によって皮膚に炎症が起きる犬の病気「アレルギー性皮膚炎」。アレルゲンとなるご飯を食べる、ダニやハウスダストにふれるなど原因はさまざまで、治療にはできる限りアレルゲンを排除することと投薬による対症療法をおこなう必要があります。予防にはシャンプーや保湿剤によるスキンケアが大切で、食物アレルギーの場合はドッグフードにも気をつけなければなりません。犬のアレルギー性皮膚炎についてまとめました。

食事が原因となりやすい?

Fotolia 187097007 xs

柴犬は遺伝の関係からアトピーなどのアレルギーを引き起こしやすいと言われていますが、アレルギーの原因にはドッグフードなどの食事が関係している可能性があると言われています。

また、柴犬の腸内環境もアレルギーに深く関わっている可能性があります。

ドッグフードが原因の可能性も

今でこそ柴犬に多い病気としてアトピー性皮膚炎は知られていますが、実は昔は存在しない病気でした。
アトピーの症状が出るようになった時期はドッグフードが出回り始めた時期と重なっているため、犬が持つアレルギーはもともとドッグフードが原因となっている可能性があります。

ドッグフードの中には人工添加物が多く含まれているようなものがあります。
最近になって100%無添加のナチュラルドッグフードが注目を集めるようになってきましたが、極端に値段が安いものは添加物が多く含まれています。

柴犬のようにアレルギーを引き起こしやすい犬種には、特に悪影響を及ぼす恐れがあるので、ドッグフードを選ぶ場合は注意が必要となります。

腸内環境が関係している

アレルギーは体を守るはずの免疫機能が過剰に反応して体を攻撃することで発症します。
そのため、腸内環境が乱れていると腸内細菌のバランスが崩れてしまい、免疫機能に異常をきたす場合があります。

そうなるとアトピーなどを発症する原因となるので、柴犬が下痢をしていたり、軟便である場合は食事の内容を見直したり、症状が続く場合は獣医師に相談するようにしましょう。

柴犬は皮膚病にかかりやすい

Fotolia 106562530 xs

柴犬は遺伝的にアトピー性皮膚炎を発症しやすいため、皮膚病にかかりやすい犬種だと言われています。

アトピーはアレルゲンが原因となって発症しますが、アレルギーを持っている柴犬は膿皮症という病気も発症しやすいため注意する必要があります。

膿皮症について

膿皮症とは、皮膚に細菌が感染することで発症する病気で、皮膚が赤くなったり、無色の丘疹ができて、かゆみや痛みが出るようになります。

皮膚が傷ついていたり、免疫力が低下していると発症しやすくなるため、アレルギー性の皮膚炎を患いやすい柴犬は比較的膿皮症を発症しやすい犬種となります。

膿皮症については次の記事を参考にしてください。

細菌によって皮膚が炎症を起こす犬の病気「膿皮症」について|HANEY [ハニー]
犬の「膿皮症」とは皮膚のバリア機能が低下することが原因で身近な細菌が感染し、皮膚が炎症を起こす病気のことです。アレルギーや病気、老化によって免疫が低下して発症します。膿皮症は抗生物質や薬浴、薬用シャンプーなどの治療を行うことで完治することができます。予防するためには普段の食事やサプリメント、被毛や皮膚のケアで免疫をあげる必要があります。このまとめでは犬の膿皮症についてご紹介します。

ポイント

柴犬はアトピー性皮膚を発症させる子が非常に多いため、皮膚病を発症しやすい犬種となっています。アトピー性皮膚炎を患っている柴犬の80%が3歳までに発症すると言われているため、症状が見られたらすぐに病院で検査を受けさせるようにしましょう。

皮膚炎は生活環境が原因となることが多いので、きちんと掃除をして清潔な環境を維持させることが大切です。また、柴犬はアレルギー性皮膚炎も発症させやすいと言われているため、ドッグフードの内容に気を配ばるようにしましょう。