柴犬に必要な散歩の時間はどれくらい?適切な回数や距離について

柴犬には運動好きで好奇心旺盛な性格の子が多いので、毎日きちんと散歩に連れて行ってあげる必要があります。散歩には運動不足の発散やストレスを解消する効果があるため、犬を散歩に連れて行くことはとても大切なこととなりますが、散歩の時間や距離は犬種によって異なります。それでは柴犬の場合は1日にどれくらいの時間歩かせる必要があるのでしょうか?ここでは、柴犬の散歩の時間や回数、距離などを見ていきましょう。

目次

柴犬に散歩は必要なの?

Fotolia 197115841 xs

柴犬に限らず、基本的に犬には散歩が必要となります。特に柴犬は比較的運動量の多い犬種なので、毎日きちんと散歩に連れて行ってあげましょう。

散歩の必要性

散歩には運動不足の解消やストレスの発散の他に、社会性を育む効果があります。
犬は散歩中に外の景色に触れたり周囲のにおいを嗅ぐことでリフレッシュすることができ、知らない人や犬と出会ったり、いろいろな音を聞くことで人間社会で生活する上でとても重要となる社会性を身につけさせることができます。

そのため、柴犬のように運動量が多い犬種以外でもきちんと散歩を行う必要があります。

散歩の必要性については次の記事を参考にしてください。

犬を散歩に連れていく意味とは?犬が散歩好きな理由と必要性について|HANEY [ハニー]
犬がなぜ散歩好きなのか気になったことはあるかと思います。犬が散歩好きなのにはきちんと意味があり、犬の習性や欲求などが大きく関係しています。また、犬が喜ぶということ以外にも散歩には重要な意味があるため、犬にとっては必要なものとなります。そのため回数や頻度を決めてきちんと連れて行ってあげる必要があります。ここでは犬の散歩の必要性や好きな理由などをご紹介します。

柴犬の運動量について

柴犬はかつて猟犬として飼われており、獲物を走って追いかけたり山を歩き回っていました。
そのため、個体差はありますが比較的運動量が多い犬種だと言われています。

オスは活発な性格の子が多いので、室内で飼っている場合は散歩をしないと家の中で走り回ることがあります。
また、運動不足によってストレスが溜まってしまうと、よく吠えるようになったり、攻撃的な行動を取りやすくなることがあるので注意しましょう。

適切な時間や距離はどれくらい?

Fotolia 205533171 xs

もともと猟犬として飼われていた犬種ということもあって比較的運動量の多い柴犬ですが、散歩を行う場合の適切な時間、距離はどれくらいなのでしょうか?

目安は1時間

柴犬によって適切な散歩の時間や距離は異なります。そのため、だいたいの目安となりますが1日に1時間くらいの散歩で、5〜10kmほどの距離を歩かせると良いでしょう。

家に連れて帰ったときにまだ体力が有り余っているようなら、さらに距離を伸ばしたり、走らせる機会を作るなどの工夫をしましょう。
また、シニア期に入って体力が落ちている場合は、反対に距離を短くするなど無理をさせないようにします。

時間や距離よりも内容が重要

柴犬はただ決まった道を歩いて帰るだけの散歩では満足してくれない場合があるので、散歩を行うときは時間や距離よりもその内容が重要となります。

散歩を行う場合は柴犬の欲求を満たしてあげる必要があるため、長い時間をゆっくりと歩くだけではなく、走らせたり、追いかけ合いっこをして遊ぶ時間をとることで運動欲求を満たしてあげましょう。

また、周囲のにおいを嗅いで散策する時間を作ることで、好奇心を満たしてあげることもできます。
長い時間散歩を行っているのに物足りないという雰囲気が出ている場合は、こうした時間を散歩のどこかで作ってあげましょう。

連れて行く回数について

Fotolia 203901252 xs

柴犬の散歩は基本的に毎日行う必要があります。そのため、だいたい毎日2回くらいの頻度で連れて行ってあげましょう。
ただし、必ずしも毎日2回行わなければならないというわけではありません。

1日2回は連れて行こう

柴犬の散歩は1日1時間が目安となっていますが、一度の散歩で1時間歩かせるというわけではありません。
毎日2回くらいは散歩へ連れて行った方が良いので、1回30分の散歩を2回行うようにしましょう。

散歩の時間は個体差や散歩の内容にもよるので、柴犬によってはもう少し時間が必要になる場合もありますが、基本的には毎日行うことになるのでシニア犬の場合などは無理をさせないように様子を見ておきましょう。

必ずしも毎日2回というわけではない

基本的には毎日2回くらいは散歩に連れて行ってあげる必要がありますが、必ずしも毎日行わなければならないというわけではありません。

例えば、台風が来ているときや、大雨が降っているときなどは無理に散歩を行う必要はありません。
他にも病み上がりで体力が落ちている場合や、犬の体調がすぐれないときなどは散歩を休んでも構いません。

散歩を連れて行けない日にどうしても柴犬が物足りなそうにしている場合は、おもちゃを使って室内で遊ばせてあげると良いでしょう。

柴犬のおもちゃ選びやおもちゃを使った遊ばせ方については次の記事を参考にしてください。

ポイント

柴犬はもともと猟犬として飼われていたこともあって、運動量が多く好奇心旺盛な性格の子が多いと言われています。そのため、毎日きちんと散歩に連れて行ってあげましょう。

柴犬の散歩は1回30分を1日2回に分けて、5〜10kmほど歩かせることが目安となっていますが、距離や時間よりも散歩の内容の方が重要となります。そのため、走らせる時間や周囲を探索させる時間を作ることで満足のいく散歩をさせてあげましょう。