柴犬にサークルは必要?おすすめのサイズや飛び越える場合の対策方法

犬を飼う場合はクレートやケージ、サークルなどを設置することが一般的となっています。これらにはそれぞれメリットがありますが、柴犬を飼う場合は特にサークルがあると便利だと言われることがあります。サークルはその中にケージを設置したり、トイレを分けて置くことができるため、簡単な犬のテリトリーを作ってあげることができます。ここではサークルの必要性や柴犬におすすめのサイズや飛び越えるときの対策をご紹介します。

目次

サークルの必要性について

G56426330

出典:item.rakuten.co.jp

サークルとは、写真のような檻状になっている囲いのことをいいます。
基本的には屋根がない檻状の囲いのことを指しますが、中には屋根が設置出来るタイプや床面がセットになっているものもあります。

サークルは必ずしも柴犬に必要というわけではありませんが、トイレのしつけを行う場合や、留守番をさせるときなどにあると便利なものとなります。

トイレのしつけを行うときに便利

サークルがある場合は、サークル内にペットシーツを敷き詰めてトイレの場所を覚えさせるというしつけを行うことができます。

トイレのしつけにはいろいろな方法がありますが、サークルをそのままトイレにすることができると非常に楽に覚えさせることができます。

留守番中にも役立つ

柴犬を留守番させるときにもサークルは非常に役立ちます。
柴犬には家の中でも自分のスペースがないと安心して休むことができない性格の子も多いので、広い部屋で一人になってしまうと不安を感じて家の中のものを壊してしまったり、大きな声で吠えてしまうことがあります。

そのため、留守番をさせる場合はクレートやケージなどを設置してあげると安心して過ごせるようになります。

しかし、寝床の近くでトイレをすることを嫌がる柴犬が多いので、狭いクレートやケージの中ではトイレをしない場合があります。
そんなときにサークルがあればトイレと寝床を別々に用意することができ、檻によって決められた場所を自由に行動することができるので、ストレスが少なく安全に留守番をさせることができます。

イタズラ防止

サークルを設置すると犬の行動範囲を限定することができるので、犬がゴミ漁りなどのイタズラをしてしまう場合や危険な場所に近寄らせたくないときなどは非常に役立ちます。

また、柴犬の中には縄張り意識からよその人が家の中に入ると大きな声で吠えたり、飛びかかってしまうような場合もありますが、サークルによって柴犬にテリトリーを与えてあげれば、そうした行動を抑制することができる場合があります。

言うことを聞きやすくなる?

柴犬は飼い主さんには非常に忠実ですが、しつけ方によっては全く言うことを聞いてくれなかったり、飼い主さんに攻撃的な態度をとることもあります。
犬が反抗的な態度をとるのにはいろいろな原因がありますが、中には飼い主さんを下に見ていたり、リーダーとして認めていないことが原因となっている場合もあります。

オオカミは群れのリーダーであれば、他のオオカミより自由にいろいろな場所を歩くことができると言われています。
いろいろな説がありますが、犬の祖先はオオカミだとも言われているため、サークルを用意せずに1日中好きに歩き回ることができる環境にしてしまうと、柴犬もオオカミと同じように自分の方が偉いと勘違いしてしまう可能性があると考えられています。

柴犬におすすめなサイズや種類

Fotolia 180834992 xs

サークルにはいろいろなサイズや種類があります。柴犬にはどのようなものが適しているのでしょうか?

程よい高さのものを選ぼう

柴犬によってはサークルの外に出ようとして飛び越えてしまう場合があります。
柴犬の体高はだいたい33〜43cmほどなので、サークルを選ぶ場合はそれよりも高い60cm以上のものを選びましょう。

サイズは60×90cmのものが一般的となっていますが、トイレを別に設置する場合など用途に合わせて広さは変える必要があります。

広さを調節できるサークル

サークルの中には広さを調節できる種類のものもあります。
このタイプだと柴犬が子犬の頃は範囲を小さくし、成犬になったら広くするなど必要に応じて調節することができます。

そのため、留守番をさせるときやトイレを別に設置しなければならないときにも役立ちます。

飛び越える場合はどうすればいい?

Fotolia 132536856 xs

柴犬によっては柵を飛び越えてしまう子がいます。サークルを飛び越えるときに怪我をしてしまう子も多いので、高さを上げたり、屋根を付けるなどの対策をとるようにしましょう。

怪我をする恐れも

柴犬が柵を飛び越えようとする場合、うまく飛び越えることができずに足を引っ掛けたり、飛び越える際に転倒してしまう場合があります。

柵を飛び越えようとして関節を脱臼してしまったり、骨折をしてしまう犬も多いので注意が必要です。

高さを上げたり屋根付きのサークルを使おう

体が大きい柴犬や活発な性格の子は、60cmのサークルでは飛び越えようとしてしまう場合があります。
そのため、柵の高さを80cm以上にしたり、屋根を付けるなど対策をとりましょう。

通常サークルには屋根がありませんが、中にはもともと屋根が付いていたり、別売りの屋根を設置できるものもあります。
取り外しが自由なタイプは掃除を行うときにも便利なのでおすすめです。

ポイント

サークルは柴犬にとって絶対に必要というわけではありませんが、設置することでトイレのしつけをスムーズに行うことができたり、長時間の留守番を行うときにかかるストレスを減らしたり、事故の予防になります。

また、イラズラをしてしまうような場合や、来客がきたとき吠えてしまうような場合にも効果が期待できます。工夫次第ではいろいろな使い方ができるので、スペースに余裕がある場合は非常に便利なものとなります。