柴犬が走る速さはどれくらい?速度や距離について見てみよう

柴犬はどれくらいの速さで走ることができるのでしょうか?犬は基本的に足が速い動物なので、人間よりも速く走ることができます。しかし、犬は犬種によって走る速さが異なるので、小型犬などの中には人間よりも足が遅い子もいます。また、どれくらいの距離を走ることができるのかも犬種によって差があります。ここでは柴犬の走る速さや、走ることができる距離などについて見ていきましょう。

目次

柴犬はどれぐらいの速さで走る?

Fotolia 157497106 xs

柴犬は時速33kmの速さで走ることができると言われています。メスの中には落ち着いた性格の子もいますが、基本的には活発で運動好きなので走ることが大好きです。

時速33km

個体差はありますが、柴犬は時速33kmくらいの速さで走ることができます。
世界最速と言われているウサイン・ボルト氏は時速37kmで走ることができ、柴犬はそれよりも少し足が遅いくらいということになるので、十分に足が速く感じると思います。

ただし、これはあくまでも柴犬の平均なので、走ることが得意な子であれば時速37kmくらいの速さで走ることができる子もいるかもしれません。

他の犬種との比較

犬は犬種によって走る速さが大きく異なります。そのため、柴犬は時速33kmが平均となっていますが、テリア系やチワワ、ミニチュア・ダックスフンドなどの小型犬は時速20〜30kmの間となっているため、柴犬よりも足が遅いです。

逆に走るのが早いウィペットやグレーハウンドなどは、時速40〜50kmくらいで走ることができます。
特に犬の中でもっとも足が速いと評価の高いグレーハウンドは、時速70km以上で走ることができると言われています。

長距離も得意な犬種

Fotolia 187097007 xs

柴犬は走ることが得意な犬種ですが、長い距離も比較的得意としています。その理由には育った環境や体の特徴が関係しています。

長い距離を走ることができる

犬の中でもそこそこ速く走ることができる柴犬ですが、実は長距離を走ることも比較的得意としています。
当然、時速33kmで走っているときはそれほど長く走ることはできませんが、自転車を軽くこいでいるときくらいの速さであれば長く走ることができます。

犬の持久力は犬種によって異なるため、長い距離を走ることができない犬もいますが、反対にシベリアンハスキーやアラスカンマラミュートなどの、犬ぞりを引く仕事をしていた犬種は持久力に優れています。

なぜ持久力があるのか

現在、日本で飼われている柴犬のほとんどは信州柴犬という種類となります。
この信州柴犬は山間部で猟犬として飼われていたため、一日中猟師と山を移動したり、獲物を探して走っていたということもあって優れた持久力を持っています。

また、そうした歴史があるためか柴犬は筋肉質な子が多くなっており、長い時間運動するのに適した筋肉がついています。
さらに体は小さいですが、心臓の大きさが他の犬種よりも大きくなっているので、長い距離を走ることができます。

散歩中に運動をさせてあげよう

Fotolia 123648476 xs

走ることが得意な柴犬は、体は小さいですが運動量が比較的多い犬種となります。そのため、運動不足になってしまわないように日頃から走らせる時間を作ってあげましょう。

運動量が多い

かつて猟犬として飼われていた犬種で、優れた持久力を持っていることから小型〜中型犬の中では比較的運動量が多い犬種となります。
そのため、走らせてあげる時間を適度に作ってあげる必要があります。

犬は運動不足になるとストレスから問題行動が出やすくなりますが、特に柴犬は気性が荒い性格の子も多いのでストレスを溜め込ませないようにしましょう。

散歩中に走る時間を作る

柴犬は走ることが大好きなので、定期的に走る機会を作ってあげる必要があります。
犬を自由に放すことができるドッグランに連れて行くとストレスの発散になりますが、柴犬には気性が荒い性格の子が多く、縄張り意識が強いこともあってドッグランにはあまり向いていません。

そのため、普段から行っている散歩中に軽くランニングする時間を作ったり、公園などによって追いかけ合いっこをして遊ばせてあげましょう。
自由に走らせる場合はロングリードがオススメですが、公園で走らせる場合は周りに人がいないことを確認するようにしてください。

ポイント

柴犬の足の速さは時速33kmくらいが平均となっているため、100mを約11秒ほどで走ることができるということになります。そのため、人間であれば非常に足が速い人と同じくらいの速さとなります。

また、柴犬は足が速いだけでなく、長距離も比較的得意としています。そのため、散歩中はランニングする時間を作ってあげたり、公園で思いっきり走らせる時間を作ってあげると運動不足を改善することができます。