柴犬が噛む理由は何なの?しつけや叱り方について

柴犬はいろいろな理由で人や物などを噛むことがあります。特に飼い主さんにも攻撃的な態度を示したり、噛むような場合は注意が必要です。柴犬の中には気性が荒く、噛み癖が出やすい子もいると言われています。成犬になっても噛むことをやめない場合はしつけが難しくなることが多いので、子犬の時期からしっかりとしつけを行うようにしましょう。ここでは、柴犬が噛む理由や噛む場合のしつけ方、叱り方などをご紹介します。

目次

柴犬が噛むのはどうして?

Fotolia 132536856 xs

犬は様々な理由で噛み癖が出ることがあります。柴犬が相手を噛むのにもいろいろな理由がありますが、柴犬の中には気が強く気性が荒い子もいるため、相手を警戒して噛む場合や自分の方が相手よりも偉いと思って噛む場合が多いです。

相手を警戒して噛む

柴犬はもともと警戒心が強く、縄張り意識を持っている子が多いので、知らない人や犬を威嚇してしまうことがあります。
個体差はありますが、気性が荒い性格の柴犬であれば知らない人にはすぐにはなつかないことも多く、気を許していない相手が近くを通ると威嚇してしまいます。

そのため、その状態で急に近づいたり触ろうとすると、相手を噛んで威嚇してしまうことがあります。
そういった性格の子はドッグランのように、他の犬がたくさん集まるような場所ではトラブルになることが多いので注意しましょう。

自分の方が偉いと思って噛む

独立心が強く知らない人にはあまりなつかない柴犬ですが、飼い主さんに対しては忠実で愛情深い犬種です。
しかし、きちんとしつけを行ってこなかった場合や、子犬の頃から甘やかしてばかりいる場合は自分の方が偉いと思ってしまうことがあります。

そうなると気に入らないことがあると怒って唸ったり、飼い主さんを従わせようとして噛むようになってしまいます。
また、甘やかしているのとは反対に体罰を加えていたり、コミュニケーションが不足している場合なども信頼関係を築けていないため、噛み癖が出ることがあります。

子犬にはどんな叱り方をすればいい?

Fotolia 172662044 xs

中には子犬の頃の甘噛みが噛み癖の原因となってしまっている子もいます。そのため、柴犬の噛み癖を防ぐには子犬の頃のトレーニングや正しい叱り方が重要となります。

甘噛みの理由

子犬の時期の甘噛みは遊びの一環であったり、相手に甘えようとしている、生え変わろうとしている歯がムズムズしているなどいろいろな理由があります。

また、子犬の時期はいろいろなことに興味を示すため、単に好奇心から噛んでいる場合もあります。
そのため、子犬の時期の甘噛みは犬にとっては自然な行動となっています。

しかし、甘噛みを放置して成犬になると癖になって噛み癖となったり、自分の方が偉いと勘違いをしてしまう場合があるので、きちんとやめさせる必要があります。

噛むときの叱り方

甘噛みのしつけ方にはいろいろな方法がありますが、いずれも犬を叩くなどの体罰を行ってはいけません。
叱ってやめさせる場合は、飼い主さんが怒っているということを犬に理解させる必要があるので、なるべく低くて凄みのある声で叱りましょう。

その場合「ダメ」などと叱る言葉を決めておき、犬が甘噛みをしてきたらすぐに「ダメ」と言って叱るようにします。

犬が甘えたり、遊んでいるときに噛む場合は、叱ったら犬を無視して遊ばせていたおもちゃなども全て片付けます。
その後、10〜15分くらい経ったらもう一度柴犬と遊んであげます。これを繰り返すことで徐々に甘噛みをしなくなっていきます。

甘噛みの理由やしつけ方については次の記事を参考にしてください。

犬が甘噛みをする理由は?噛み癖の心理やしつけ方について|HANEY [ハニー]
子犬は遊びやじゃれあいなどで軽く甘噛みをすることがあります。子犬のこうした甘噛みは痛くない場合が多く、噛んでいる姿がとても可愛らしいことから気にせずに放置してしまいがちですが、成犬になっても甘噛みが治らないと場合は怪我やトラブルの原因となっていまいます。ひどい場合はそのまま噛み癖なってしまい手がつけられない状況になることもあるので、子犬の頃からきちんとしつけを行い甘噛みを防止する必要があります。

社会化をトレーニングを行う

柴犬の中にはもともと警戒心が強く攻撃的な性格の子もいます。そのような柴犬は噛み癖が出やすいので、子犬の頃からしっかりと社会化トレーニングを行う必要があります。

社会化とは、人間社会で生活する上で出会ういろいろなことに順応させて犬に社会性を身につけさせることをいいます。
そのため、飼い主さんや家族以外の人や犬と触れ合わせることで人や犬との付き合い方や触れ合い方を教えたり、外の景色やいろいろな音に触れさせて慣れさせることで、怖がらずに過ごせるようにしてあげる必要があります。

犬の社会化については次の記事を参考にしてください。

犬の社会化トレーニングとは?行う時期や失敗しないための注意点|HANEY [ハニー]
犬の社会化は成犬になってからではとても難しくなります。そのため、子犬の時期に社会化に不成功のままでいると後々、音や景色、人、犬などを恐れる犬になってしまいます。犬の社会化の時期はワクチンの時期と重なるため、トレーニングは簡単ではありませんが、この時期の経験が犬の一生を左右するので、きちんと取り組む必要があります。ここでは犬の社会化の時期や方法、社会化させるときの注意点などをご紹介します。

成犬のしつけについて

Fotolia 194349734 xs

柴犬が噛む場合は、子犬の頃にきちんとしつけを行っておく必要があります。
成犬になってからのしつけは非常に難しい場合があるので、成犬になっても噛み癖が見られるという場合は、なるべく柴犬が噛むような状況を作らないようにすることを意識しましょう。

成犬になってからのしつけは難しい

成犬になってから噛み癖のしつけを行う場合は、犬が噛む理由によっては非常に難しい場合があります。
特にもともと警戒心が強く、攻撃的な性格の柴犬の場合、子犬の頃から社会化トレーニングを行っていたり、正しい主従関係を築けていないと素人では対処することが難しいと言われています。

そのため、まずは柴犬がどのような状況で噛むのかを把握してから対処する必要があります。

なるべく柴犬が噛むような状況を作らないようにする

犬が噛む状況をある程度把握することができたら、なるべく柴犬が噛む状況を作らないようにしましょう。
根本的な解決にはなりませんが、これを意識するだけで攻撃性は大きく抑えることができます。

また、散歩や運動でしっかりと発散させることで、ストレスを発散させておきましょう。
成犬になってからの噛み癖のしつけは素人がしつけを行っても効果が出なかったり、かえって悪化させてしまう可能性があります。

そのため、成犬になってからも噛み癖がひどい場合はプロのトレーナーに相談することをお勧めします。

ポイント

柴犬の中にはもともと温厚な性格で噛み癖が出ないような子もいますが、子犬の時期に甘やかしていたり、社会化トレーニングが十分でない場合は噛み癖が出てしまう場合もあります。

いずれも成犬になってから噛むのをやめさせることは難しい場合が多いので、子犬の時期からきちんとしつけを行って甘噛みを辞めさせたり、社会化によって温厚な性格の犬になるように育てていく必要があります。