柴犬は首輪とハーネスのどちらがおすすめ?嫌がる場合の対処法について

柴犬を散歩に連れて行くときは首輪やハーネスを付ける必要があります。首輪とハーネスにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、柴犬にはどちらがおすすめなのでしょうか?ここでは首輪とハーネスの特徴や嫌がる理由、対処法などを簡単にご紹介します。

目次

首輪とハーネスについて

Fotolia 123648476 xs

犬を散歩に連れて行く場合は首輪やハーネスを付ける必要があります。首輪とハーネスにはそれぞれ特徴があるので、長所や短所を見て柴犬に合う方を選びましょう。

首輪について

首輪は散歩中のしつけや犬の行動をコントロールすることに適しています。

犬は首輪を引っ張られることを不快に感じるので、走っている車や知らない人、よその犬に反応した場合や、飼い主さんが好ましくないと思っている方向へ進もうとしたときにリードを引くことで犬の行動を制御することができます。

そのため、飼い主さん主導の散歩が行いたい場合や、犬との正しい関係を築いたり、しつけを行うときなどに向いていますが、強く首輪を引っ張ることで首や気管に負担がかかってしまうことがあります。

また、柴犬の場合はそれほど問題ではありませんが、頭が小さい犬種の場合は首輪がすっぽりと抜けてしまうこともあるので注意が必要です。

ハーネスについて

ハーネスは首輪よりも犬への負担が小さくなっています。ハーネスの場合はリードを引いたときに犬の首や気管にかかる負担が小さくなっているので怪我や病気の予防となり、高齢の犬や首、呼吸器に問題を抱えている犬でも安心して散歩へ連れて行くことができます。

他にも、体に回して付けているため、首輪よりも抜けにくいというメリットもあります。
ただし、犬にとっては首輪よりも引っ張りやすい状態になっているため、引っ張り癖がある子の場合は散歩中のコントロールが難しくなってしまいます。

また、慣れていないと付け外しに苦労したり、犬がハーネスを噛んでしまう場合もあります。

柴犬にはどちらがおすすめ?

Fotolia 210041699 xs

首輪とハーネスにはそれぞれ長所と短所があります。そのため、柴犬の状態や状況によって使い分けましょう。

状況によって使い分けよう

柴犬の中には活発な性格の子も多いので、きちんとしつけをしていないと始めはグイグイとリードを引っ張ってしまうことがあります。
また、警戒心や縄張り意識が強い子も多いので、よその犬に反応して吠えたり、攻撃的な態度をとってしまう子もいます。

そういった場合は柴犬の行動をコントロールする必要があるため、引っ張り癖が出やすいハーネスよりも首輪がおすすめです。
しかし、柴犬が子犬や老犬の場合は、首への負担が原因で体を悪くしてしまう恐れがあるので注意してください。

また、柴犬は皮膚の病気に弱い子が多く、首輪の周りが赤くなったり皮膚に炎症を起こしてしまう子もいるので、状況によってハーネスと首輪を使い分けましょう。

しつけを行う場合は首輪の方が良い

犬の引っ張り癖をやめさせたい場合や、飼い主さん主導で散歩を行うリーダーウォークのしつけを行う場合はハーネスよりも首輪がおすすめとなります。

散歩中の引っ張り癖は事故の原因となったり、犬への負担も大きくなるので、やめさせる必要があります。
そのため、リーダーウォークを覚えさせたり、引っ張り癖が出なくなるまでは首輪を使ってしつけを行っていきましょう。

リーダーウォークのしつけについては次の記事を参考にしてください。

犬のリーダーウォークはいつから始める?トレーニングのやり方や必要性について|HANEY [ハニー]
犬にリーダーウォークを覚えさせたいという飼い主さんは多いのではないでしょうか。犬が飼い主さんの横にピッタリとついて歩いている姿はかっこいいので憧れる人も多いと思います。また、それだけではなく散歩を楽にしたり、犬の安全を守るなど様々な役割があります。しかし、リーダーウォークをさせようとしても犬が歩かない、なかなか上手くできないという場合があります。ここではリーダーウォークのやり方などをご紹介します。

首輪を嫌がる場合の対処法は?

Fotolia 72034985 xs

柴犬の中には首輪やハーネスを嫌がってしまう子がいます。そうなると散歩へ連れて行くときに苦労したり、嫌がってハーネスを噛んでしまうこともあります。

首輪やハーネスを嫌がる理由

柴犬が首輪やハーネスを嫌がる場合は、慣れていない、大きさが合っていない、付けた部分に炎症が起きているなどが理由となっている可能性があります。

犬は慣れないものを体に付けられると違和感から嫌がる場合があるので、初めて首輪やハーネスを付ける場合や、ずっと首輪を付けていたのに途中からハーネスに付け替える場合などは嫌がってしまうことがあります。

また、大きさが合っていないと締め付けられるため、指が1〜2本くらい入る余裕をもたせましょう。
柴犬がアレルギーを持っている場合は付けた部分が赤くなってしまうこともあるので、アレルギー反応が見られたら首輪やハーネスの素材を見直してあげてください。

少しずつ慣れさせよう

首輪やハーネスを嫌がる場合は少しずつ慣れさせていく必要があります。まずは犬の近くに置いて匂いを嗅がせてみたり、その状態でおやつを与えるなどしてみます。

そうすることで少しずつ犬が良い印象を持つようになりますが、噛んでいるときはおやつを与えないようにしましょう。
慣れてきたらおやつを持った状態で装着してみます。上手く付けることができたらおやつを与えて褒めてあげましょう。

リードを付けていない状態で家の中で付けたままにしておくことも効果的です。また、触られることに慣れていない場合は、ボディーコントロールのしつけを先に覚えさせておきましょう。

ボディコントロールについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬のボディコントロールとは?触っても嫌がらなくなるしつけについて|HANEY [ハニー]
犬のボディーコントロールとは、犬の体を自由に触ることができる状態をいいます。背中や首回りなどであれば自由に触ることができる場合でも口や耳、足先など、犬が嫌がる場所を触ろうとすると逃げてしまったり、抵抗して暴れてしまうことがあります。犬の体を自由に触ることができないと、後に苦労する場合があるのでしっかりと慣れさせておきましょう。ここでは犬のボディーコントロールの必要性やしつけ方などをご紹介します。

ポイント

首輪とハーネスにはそれぞれ長所と短所があります。そのため、柴犬の状態にあったものを選ぶようにしましょう。十分に散歩中のしつけができている場合はハーネスでも問題ありませんが、引っ張り癖が出る場合や、犬のコントロールが難しい場合は首輪がおすすめです。そのため、老犬や体に問題がない場合は、まず首輪を使ってしっかりとしつけを行うといいでしょう。