柴犬のミックス犬とは?種類やブリーダーからの購入について

メディアに取り上げられたことなどがきっかけとなって、ここ数年で人気が急上昇したミックス犬。日本では小型犬同士のミックス犬が人気ですが、柴犬のミックス犬も非常に人気があります。しかし、柴犬の雑種は昔から日本にたくさんいたと言われていますが、こうした柴犬の雑種とミックス犬にはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは柴犬のミックス犬の種類やブリーダーからの購入などをご紹介します。

目次

柴犬のミックス犬について

Fotolia 203901252 xs

柴犬にはたくさんのミックス犬がいますが、ミックス犬とはどういった犬のことを指すのでしょうか?

ミックス犬について

ミックス犬とは純血の犬同士を交配させることで生まれた「ハーフ犬」のことをいいます。
そのため、純血の柴犬と純血のポメラニアンを交配させた場合、柴犬とポメラニアンのミックス犬となります。

柴犬は日本で古くから飼われていたため、柴犬の血統が入った雑種犬はたくさんいましたが、それらには他にもいろいろな犬種の血統が入っています。
そのため、ミックス犬とは区別されて呼ばれていますが、血統を管理しているケネルクラブでは公認されていないので、公式ではミックス犬も雑種として認識されています。

柴犬のミックス犬について

ミックス犬は純血統の犬種同士のハーフとなるので、犬種の数だけ種類が存在します。そのため、調べると以下のような柴犬のミックスが出てきました。

・プードルとの組み合わせ=柴プー
・ブルドッグとの組み合わせ=柴ブル
・フレンチブルドッグとの組み合わせ=柴フレ
・チワワとの組み合わせ=柴チワ
・コーギーとの組み合わせ=シバーギー
・ダックスフンドとの組み合わせ=柴ックス
・ポメラニアンとの組み合わせ=ポメ柴
・シーズーとの組み合わせ=柴シーズー
・シェルティとの組み合わせ=柴シェルティ
・ビーグルとの組み合わせ=シーグル
・ヨークシャーテリアとの組み合わせ=柴テリア
・シュナウザーとの組み合わせ=柴シュナウザー
・ジャーマンシェパードとの組み合わせ=柴シェパード
・ゴールデンレトリーバーとの組み合わせ=ゴールデン柴リバー

ただし、犬種の組み合わせによっては特定の病気にかかりやすい子や、体の弱い子が生まれてくることもあるので注意しなければなりません。

その中でも人気の種類は?

柴犬はチワワやポメラニアンなどの、人気の高い小型犬との組み合わせが人気となっています。

柴チワ

L img1 3 303

出典:petmall.ne.jp

柴犬とチワワから生まれる通称「柴チワ」。チワワは日本で公認されている犬種の中ではもっとも小さい小型犬となるため、柴犬との組み合わせで生まれる柴チワは柴犬よりも小柄で、チワワよりも体が大きな子になります。

ちょうど柴犬とチワワを足して2で割ったような外見をしており、毛並みは柴犬ですがアップルヘッドと言われる頭の形はチワワにとてもよく似ています。
顔つきは柴犬が強く出るか、チワワよりになるかは個体によって異なるそうです。


柴チワについては次の記事を参考にしてください。

柴犬とチワワのミックス犬「柴チワ」とは?見た目や特徴について|HANEY [ハニー]
近年、ミックス犬の人気が非常に高くなっており、特に柴犬やチワワなどの人気犬同士のミックス犬はとても人気があります。柴犬とチワワのミックス犬は「柴チワ」と呼ばれており、2匹の容姿や良いところを受け継いだとても可愛いミックス犬となります。ここでは、柴犬とチワワのミックス犬である柴チワの見た目や特徴などをご紹介します。

ポメ柴

135244 front

出典:haney.jp

人気の高いポメラニアンと柴犬を組み合わせた通称「ポメ柴」。体が小さく被毛が長いポメラニアンの影響からか普通の柴犬よりも小柄で長毛な子が生まれてきます。

そのため、長毛な柴犬という感じで顔つきは柴犬に似ていますが、丸い形をした目元や長い毛はポメラニアンに似ています。

ポメ柴については次の記事を参考にしてください。

柴犬とポメラニアンのミックス犬「ポメ柴」とは?特徴や見た目について|HANEY [ハニー]
最近では2種類の犬種を交配させることで誕生するミックス犬が人気となっています。ミックス犬には犬種に応じて様々な種類がありますが、その中でも柴犬とポメラニアンなどの人気犬同士のミックス犬は非常に人気があります。ここでは柴犬とポメラニアンのミックス犬であるポメ柴の見た目や特徴、飼うときの注意点などを簡単にご紹介します。

購入はブリーダーから?

Fotolia 178219298 xs

柴犬とのミックス犬を飼いたいという場合は、ペットショップではなくブリーダーからの購入が中心となります。

ペットショップでは扱っていない場合も

ミックス犬はペットショップでは扱っていないところがあります。
最近急激に人気が伸びたミックス犬ですが、公式には認められていない犬種ということもあって扱っていないお店は少なくありません。

中には取り扱いのあるペットショップもありますが、ブリーダーから直接購入することが一般的となっています。

ブリーダーから購入する際の注意点

ミックス犬の繁殖はきちんとした知識がないと非常に危険です。そのため、良質なブリーダーの場合はミックス犬の繁殖を行っていないところも多いです。

ブリーダーの中には営利目的だけで繁殖のルールを無視してミックス犬を販売しているようなところもあるので、購入する際は注意しましょう。

ポイント

2種類の犬種のいいとこ取りをしたような柴犬のミックス犬ですが、ジャパンケネルクラブでは公式には認められていません。雑種犬は遺伝子疾患にかかることが少なく、体も丈夫な子が多いとされていますが、ミックス犬の場合は交配次第で反対に病気にかかりやすく体の弱い子が生まれてくることもあります。そのため、購入する際はくれぐれも注意してください。