犬にハウスのしつけは必要?成犬になってからでもできる?

ハウスのしつけとは、犬に「ハウス」という指示を出すことで自分からクレートやケージなど、特定の場所に入るようにさせるしつけのことをいいます。犬のしつけには「待て」「おすわり」など覚えさせた方が良いものがたくさんあるため、一見ハウスのしつけはそれほど必要のないもののように思えるかもしれません。しかし、ハウスのしつけは犬を飼う上でとても重要なものとなります。

目次

ハウスの必要性について

Fotolia 162517614 xs

ハウスと呼ばれるものにはクレートやケージなどいろいろなものがあります。
これらを置いてあげることで犬が安心できるスペースを作ることができるので、犬を飼う上でハウスは必要なものとなります。

犬が安心できるスペースを与えることができる

犬はもともと地面などに穴を掘って寝ぐらを作っていました。そのため、犬によっては家の中でも広い部屋だと安心することができず、自分専用のハウスを必要とする子がいます。

穴の中を寝ぐらとしていたということもあって、犬はケージやクレートなどの周りが囲われている狭い場所に入るとリラックスすることができます。
つまりハウスを置いてあげることは、家の中に犬の寝ぐらを作ることになるため、安心感を与えるためには必要なものとなります。

留守番をさせるときに必要になる

留守番をさせるときは、ときにハウスが必要となります。犬は基本的に一人で留守番をすることが苦手です。
中には不安になって大きな声で鳴き続けたり、物を壊す、トイレに失敗するなどの粗相をしてしまう子もいます。

そうなると犬は大きなストレスを感じてしまうだけでなく、怪我や事故の原因にもなってしまいます。
ハウスの中で過ごさせることは犬のストレスを軽減させ、怪我や事故を防ぐためにもつながるので、安全に留守番をさせるためには必要なものとなっています。

ハウスの必要性については次の記事を参考にしてください。

犬のハウスは室内でも必要?犬のハウスを設置する意味や理由、場所について|HANEY [ハニー]
室内飼いの場合ならハウスは必要ないと思う飼い主さんがいるかもしれませんが、愛犬がリラックスしたり、トイレトレーニングを行ったり、留守番のときの不安を紛らわすなど、ハウスを設置することにはさまざまな意味があります。またハウスにはクレート、ケージ、サークルなどの種類があり、折りたたみ式や屋根があるものなどそれぞれに特徴があります。ハウスを設置するメリットや理由などハウスに関する情報をご紹介します。

どんなしつけ方をすればいい?

Fotolia 110128008 xs

しつけを行う前に、まず犬にあったハウスを選ぶ必要があります。犬が落ち着けるような環境を整えたら自分から進んでハウスに入るようにしつけを行っていきましょう。

犬にあったものを選ぶ

ハウスは犬が休む寝床となるため、できるだけ快適に過ごすことができるものを用意してあげましょう。
特に重要なのは大きさで、狭すぎると窮屈になってしまい、広すぎるとかえって落ち着かない場合があります。
そのため、ハウス内で方向転換できて、なおかつ広すぎない大きさのものを選びましょう。

また、ハウスの中にはお気に入りのクッションを入れてあげたり、夏は暑さ対策、寒は寒さ対策をしてあげるなど、できるだけ快適な環境を作ってあげる必要があります。

周りが檻状になっているケージやサークルの場合は外が見えて落ち着かない可能性があるので、タオルなどを覆ってあげると良いでしょう。

しつけのやり方について

ハウスを用意しても最初は自分から入ろうとしないことが多いので、飼い主さんの「ハウス」の指示で犬が自分からハウスの中に入るようにしつけを行っていきましょう。

・おやつで誘導する
まずは犬が喜ぶおやつを用意して、ハウスの中へと誘導します。犬が中に入るタイミングで「ハウス」と言って、入ったら犬を褒めておやつを与えましょう。これを繰り返して犬に覚えさせていきます。

・おやつなしで「ハウス」の指示を出す
何度も繰り返すことで犬は「ハウスに入るといいことがある」ということを覚え、なおかつ「ハウス」という飼い主さんの指示を理解するようになっていきます。そうなるとおやつで誘導しなくても飼い主さんが「ハウス」というと犬は自分から中に入るようになっていきます。「ハウス」の指示で犬が自分から中に入っていったらしっかりと褒めておやつを与えましょう。

こうして犬は飼い主さんの指示で自分から中に入るようになります。もしも「ハウス」と言っただけでは中に入らない場合は、もう一度おやつで誘導するところからやり直しましょう。

しつけの練習時間は一回15分くらいが効果的だと言われているので、一度に続けて行わずに何度かに分けて数回行うようにすると良いでしょう。

成犬になってからでも遅くない

Fotolia 140882470 xs

ハウスのしつけはなるべく子犬の頃から覚えさせておいた方が良いと言われています。
しかし、成犬になってからでもお覚えさせることはできるので、遅すぎるということはありません。

子犬の頃にしつけを行っておいた方が良い理由

子犬の頃は物覚えが良く、しつけ方次第ではどんなことでも積極的に取り組んでくれます。
また、ハウスのしつけによってクレートやケージに慣れさせておくと、留守番の練習も行えるようになるので、なるべく早いタイミングで覚えさせておきましょう。

成犬に覚えさせる場合

犬のしつけの中には成犬になってからでは難しいものもありますが、ハウスのしつけに遅すぎるということはないので、通常のやり方と同じ要領で覚えさせることができます。そのため、根気強く練習を行っていきましょう。

犬の中にはクレートやケージの中に入ることを嫌がる子がいます。
ケージやクレートを犬を閉じ込めるためのお仕置き部屋として使っている場合は中に入ることを嫌がるようになってしまうことが多いので、しつけによって中に入ると良いことがあるというふうに思わせていく必要があります。

ポイント

ハウスは犬が安心できる場所となります。そのため、留守番をさせるときや犬が一人で過ごすために必ず必要なものとなりますが、無理やり中に入れようとするとハウス嫌いになってしまう可能性があるので、飼い主さんの指示によって自分から入るようにしつけを行っていきましょう。

しつけを行うときはおやつで誘導して掛け声で中に入ることと、中に入ればおやつがもらえるということを覚えさせていきます。一回15分くらいを1日に数回行い、慣れればおやつなしで練習していきましょう。