犬が首輪を嫌がる理由は?噛む場合や慣れさせる方法について

首輪やリードは犬を散歩に連れて行くときに必ず付ける必要がありますが、犬の中には首輪を嫌がる子がいます。そのため、首輪を付けようとすると嫌がって逃げてしまったり、中には首輪に噛むような場合もあります。ここでは、犬が首輪を嫌がる理由や慣れさせ方、噛むときの対処法などをご紹介します。

目次

首輪を嫌がる理由は何なの?

Fotolia 81162805 xs

犬が首輪を嫌がる場合は、首輪に慣れていないことや首輪の大きさが合っていないことが原因となっている可能性があります。

首輪に慣れていない

犬が首輪に慣れていない場合は、首輪を嫌がるようになってしまうことがあります。
特に子犬の場合は今までリードや首輪を付けずに室内で自由に動き回っていたので、急に首輪を付けられると窮屈に感じたり、リードで行動範囲が制限されてしまうことに抵抗があります。

また、首輪に慣れていない犬は首輪を怖いと感じてしまうこともあるので、無理やり首輪を付けようとすると首輪を嫌がるようになってしまいます。

大きさが合っていない

首輪の大きさが合っていないと、首輪を付けたときにより窮屈で苦しく感じてしまいます。
そのため、首輪を嫌がる場合は首輪の大きさが合っていない可能性もあります。

首輪は緩すぎると頭からすっぽりと抜けてしまう危険がありますが、犬に首輪を付けたときに指が1〜2本入るくらいの余裕をもたせてあげましょう。

慣れさせる方法やしつけ方について

Fotolia 111221293 xs

犬が首輪を嫌がるときは、首輪に慣れていないことが原因となっている場合が多いので、まずは少しずつ慣れさせることから始めましょう。

慣れていない状態で無理やり付けようとすると嫌がるようになってしまったり、首輪を見ると噛むようになることもあるので、最初に悪いイメージをつけないようにしましょう。

いきなり首輪を付けようとしない

慣れない首輪をいきなりなり付けようとすると犬は嫌がることが多いので、まずは首輪に慣れさせましょう。

犬の近くに置いて見せたり、匂いを嗅がせてみます。犬が怖がっているような場合は首輪を見せたときにおやつを与えることで「首輪を見るとおやつがもらえる」というように良いイメージを持つようになります。

首輪を少しずつ付けていく

首輪を見せたり、匂いを嗅がせて慣れさせることができたら、少しずつ犬に付ける練習を行っていきます。

・まずは犬に首輪を通してみましょう。このときは首に通すだけなので、頭からすっぽりと入るくらいに緩めた状態で付けてあげます。首に通すことができたら犬を褒め、ご褒美のおやつを与えましょう。首に通すことが難しい場合は鼻先を通すところから始めていきます。


・首に通すことができるようになったら、首輪で犬の首を触りましょう。犬が嫌がることなくじっとしていられたら褒めておやつを与えます。慣れてきたら、実際に首輪を付けるときのように犬の首に巻く練習を行います。このときバックルを閉じることはせずに、飼い主さんが手で持った状態でキープします。犬が嫌がることなくじっとしていられたら、同じように褒めてご褒美のおやつを与えます。


・ここまで出来るようになれば実際に首輪を付けてみましょう。犬がじっとしていることができれば、褒めておやつを与えます。最初は嫌がったり、気にするような仕草をしていてもすぐに慣れることも多いので、おやつで良いイメージを与えたり、普段から付けておくことで慣れさせることが大切です。

噛む場合はどうすればいい?

Fotolia 103668752 xs

犬によっては首輪やリードを噛んでしまう場合があります。その場合はすでに首輪嫌いになっていることが多いので、少しずつ慣れさせながら良いイメージを持たせる必要があります。

首輪を噛む場合

首輪が嫌いで噛んでしまう場合は首輪や首に何かを巻くということに慣れさせていく必要があります。
そのため、噛む場合はハンカチを首に巻くことから始めてみましょう。

・まずはハンカチを犬に見せて、匂いを嗅がせたり、触らせましょう。慣れてきたらハンカチで犬の首に触ります。犬がじっとしていられたらよく褒めておやつを与えましょう。

・次に緩めにハンカチを首に巻いてみます。嫌がることなく付けることができたら、同じように褒めておやつを与えましょう。

・ハンカチでの練習を繰り返し行い、問題なく付けることが出来るようになれば首輪に慣れさせていきます。慣れさせる方法は基本的には先ほどのやり方と同じですが、首輪に対して悪いイメージを持っている場合は時間をかけて慣れさせる必要があります。

そのため、首輪を見せたときにおやつを与えたり、褒めてあげましょう。首輪を噛む場合は「首輪を噛むとおやつがもらえる」と勘違いしてしまうことがあるので、噛んでいるときはおやつを与えないように注意しましょう。

リードを噛む場合

犬の中にはリードを嫌がって噛んでしまう子もいます。これはリードに慣れていないことが原因となっている場合が多いので、慣れるまではリードを引きずらせた状態で、自由に室内を歩かせてあげましょう。

また、首輪と同じようにおやつを与えながら慣れさせることも効果的です。
犬は慣れてくるとリードを噛まなくなりますが、単純にリードを噛むことが好きでおもちゃのように扱ってしまっている場合もあります。

そんなときは「ビターアップル」のような苦い味のする、しつけ用のスプレーを付けておくと「リードを噛むと嫌なことがある」と覚えるようになります。

ポイント

犬を飼う場合は首輪やハーネスが必ず必要となります。そのため、犬が嫌がることがないように始めて付ける場合は匂いを嗅がせたり、触らせたりすることから始めていきましょう。

すでに嫌がって噛んでしまう場合でも根気強く慣れさせていくことで問題なく付けることができるようになります。もしも、首回りに触られることに慣れていない場合は、先にボディーコントロールの練習から始めましょう。

犬のボディコントロールとは?触っても嫌がらなくなるしつけについて|HANEY [ハニー]
犬のボディーコントロールとは、犬の体を自由に触ることができる状態をいいます。背中や首回りなどであれば自由に触ることができる場合でも口や耳、足先など、犬が嫌がる場所を触ろうとすると逃げてしまったり、抵抗して暴れてしまうことがあります。犬の体を自由に触ることができないと、後に苦労する場合があるのでしっかりと慣れさせておきましょう。ここでは犬のボディーコントロールの必要性やしつけ方などをご紹介します。