柴犬のしつけは難しい?大変な理由や注意点について

柴犬はしつけが難しいと言われることがあるため、犬を飼ったことがない初心者にはあまり向いていないと言われています。犬の性格は個体差によって異なりますが、柴犬の中には問題行動や攻撃性が出やす子もいるため、愛玩犬として飼われてきた小型犬よりも飼うのが難しいとされています。ここでは柴犬のしつけが難しい理由や注意点などをご紹介します。

目次

しつけが難しい犬種って本当?

Fotolia 180834992 xs

柴犬などの日本犬の中には、頑固で気が強い性格の子がいます。人気が高い一部の洋犬に比べるとしつけが難しい場合があるため、初心者にはあまり向いていない犬種だと言われることがあります。

頑固で気の強い子が多い?

柴犬は賢くて物覚えが良い犬種なので「おすわり」や「ふせ」などの基本的なしつけはすぐに覚えてくれます。
しかし、日本犬特有の頑固さを持っている子も多いため、気分が乗らないと言うことを聞かないこともあります。

特に普段から甘やかしていると、柴犬はわがままが通ると思うようになり、ほとんど言うことを聞かなくなってしまします。
また、警戒心や自立心の強い子も多いため、知らない人や犬に吠えたり、攻撃的な態度をとってしまうこともあります。

ドッグランのようなたくさんの犬が集まる場所でトラブルを起こしている柴犬も多いので、注意が必要となります。

初心者には難しい犬種と言われることも

頑固で警戒心や独立心が強い性格から、柴犬は初心者には難しい犬種だと言われることがあります。
頑固な性格からしつけるのには根気が必要となる場合があり、そのときどきで犬のわがままを許してしまうと言うことを聞かなくなってしまいます。

そのため、一貫性を持った態度で接しなければなりません。また、警戒心や独立心の強さから気性が荒く、攻撃的な態度をとる柴犬もいます。
しつけや育て方次第では飼い主さんにも噛むなどの攻撃的な態度をとるようになり、手がつけられない状態となることもあります。

個体によって大変さは異なる

Fotolia 178219298 xs

柴犬は頑固な性格や気性の荒さから、しつけが難しいと言われることがありますが、すべての柴犬がそのような性格をしているわけではありません。

犬の性格には個体差があるため、柴犬の中には温厚でおとなしい性格の子もいます。

温厚でおとなしい性格の子も多い

頑固で自立心や警戒心が強い性格をしていると言われている柴犬ですが、温厚で人懐っこい性格をしている子もいます。

おとなしい性格の子であれば、ほとんど問題行動を起こさないような場合もあるので、特別しつけに苦労することもありません。
そのため、柴犬の性格によっては初心者でも問題なく飼うことができる場合もあります。

メスの方が飼いやすい?

犬の性格は個体差や飼育環境にもよるため一概には言えませんが、基本的にメスの方が温厚で穏やかな性格の子が多いと言われています。
オスはメスよりも活発で、縄張り意識や攻撃性の強い子が多いため、初めて犬を飼う場合はメスの柴犬の方が飼いやすい可能性があります。

柴犬を飼うときの注意点

Fotolia 194349734 xs

柴犬を飼うときはきちんと正しい主従関係を築く必要があります。また、社会化トレーニングも子犬の時期から徹底して行いましょう。

正しい主従関係を築く

柴犬は飼い主さんや家族に順位付けを行う習性があると言われています。そのため、しつけを行わず甘やかしていたり、わがままを許してばかりいると飼い主さんを自分より下だと思うようになってしまいます。

そうなると柴犬は言うことを聞かなくなり、場合によっては飼い主さんや家族に対して攻撃的な態度をとるようになることもあるので、正しい主従関係を築くためにも子犬の時期からきちんとしつけによって指示を出す習慣をつけておく必要があります。

また、厳しいばかりでは犬からの信頼は得られないので、遊ぶ時間を作ってきちんとコミュニケーションをとりましょう。

社会化を徹底する

柴犬の中には警戒心が強く気性の荒い性格の子がいます。そういった犬は初対面の人や犬に対して激しく吠えたり、攻撃的な態度をとりやすくなってしまうので、社会化トレーニングによって社会性を身につけさせる必要があります。

社会化トレーニングとは、温厚で警戒心の少ない犬に育てるために人や犬との触れ合い方を学ばせたり、いろいろな景色や音に慣れさせることをいいます。社会化がきちんとできている犬は問題行動が少なくてしつけやすい犬になります。

犬の社会化については次の記事を参考にしてください。

犬の社会化トレーニングとは?行う時期や失敗しないための注意点|HANEY [ハニー]
犬の社会化は成犬になってからではとても難しくなります。そのため、子犬の時期に社会化に不成功のままでいると後々、音や景色、人、犬などを恐れる犬になってしまいます。犬の社会化の時期はワクチンの時期と重なるため、トレーニングは簡単ではありませんが、この時期の経験が犬の一生を左右するので、きちんと取り組む必要があります。ここでは犬の社会化の時期や方法、社会化させるときの注意点などをご紹介します。

ポイント

柴犬の中には温厚でおとなしい性格の子もいます。しかし、頑固で気が強い日本犬らしい特徴を持っている子が多いので、しつけが難しいと言われることもあります。

子犬の時期に甘やかしてばかりいたり、わがままを許していると飼い主さんにも攻撃的な態度をとるようになります。一度そうなってしまうとその後のしつけが難しい場合が多いので、しつけや社会化トレーニングを徹底しましょう。