文鳥の値段はどれくらい?相場やケージなどでかかる費用について

文鳥は種類によって値段が異なります。流通数の少ない種類は値段が高く、ノーマル文鳥の何倍もの値段がすることもあります。また、文鳥を飼う場合はケージやケージの中に入れる飼育グッズ、エサ代などの飼育費用や病気をしたときは治療費も必要となります。それでは文鳥を飼う場合は全部でどれくらいの費用がかかるのでしょうか?ここでは、文鳥の値段の相場やケージ、グッズ、飼育費用などをご紹介します。

目次

文鳥の値段相場を見てみよう

Fotolia 74523514 xs

文鳥の値段の相場は種類によって大きく異なります。また、同じ種類でも雛鳥と成鳥で値段に違いがみられます。

種類によって異なる

文鳥は2,000円〜5,000円くらいの値段で取引されることが多いですが、文鳥の相場は種類によって異なります。

そのため、流通数が多いポピュラーな種類であれば2,000円〜5,000円前後で取引されていますが、国内でも流通数が少ない珍しく種類の場合は8,000円〜1万円以上の値段が付けられることもあります。

文鳥の種類ごとの値段の違いについては次の記事を参考にしてください。

文鳥の価格に違いがあるのはどうして?種類ごとの相場や値段について|HANEY [ハニー]
文鳥の価格は個体によって大きく異なる場合がありますが、その価格の違いはいったいどこから来ているかご存知ですか?文鳥の値段の違いは主に文鳥の種類、年齢、購入するお店、時期などによって異なります。特に種類によって値段は大きく違ってきますが、種類ごとの値段の相場はどれくらい異なるものなのでしょうか?ここでは文鳥の価格の差や種類ごとの相場、購入する時期やお店による違いなどを簡単にご紹介します。

雛と成鳥の違い

文鳥の値段は種類によって異なりますが、同じ種類の場合でも年齢によっても値段が変わってきます。

生後1ヶ月くらいの雛の場合は一般的な相場である2,000円〜5,000円くらいの値段で取引されることが多いですが、一人餌を覚える生後2ヶ月前後、性別が分かるようになる若鳥の時期へと成長していくことで値段が高くなっていきます。

若鳥の手乗り文鳥を購入する場合はポピュラーな種類でも5,000円〜7,000円以上の値段が付けられることもあります。

ケージやグッズについて

Fotolia 106847838 xs

文鳥を飼う場合は必ずケージ(鳥かご)が必要となります。また、ケージの中に入れるエサ入れや水入れなども一緒に用意しなければなりません。

ケージの値段

文鳥のケージにはいろいろな種類があります。そのため、大きさや形などによっても値段は異なりますが、文鳥を入れるケージの値段はだいたい3,000円〜6,000円くらいが相場となります。

また、病院へ連れて行くとき用のキャリーケースを用意する場合は、さらに2,000円〜5,000円くらいの費用がかかります。

必要なグッズについて

文鳥を飼う際はエサ入れや水入れ、止まり木、菜刺し、水浴び用の容器、ヒーター、温度計などが必要となります。
これらはケージとセットになっていることもありますが、付いていない場合は別途購入する必要があります。

また、必要に応じて挿し餌用のスポイト、つぼ巣やおもちゃなども用意してあげましょう。

グッズの値段の相場は以下の通りになります。

・エサ入れ 300円
・水入れ 300円
・菜刺し 300円
・止まり木 300円
・水浴び容器 500〜1,000円
・ブランコなどのおもちゃ 500円
・挿しエサ容器 1,000円
・温度計 1,000円
・ヒーター 3,000円
・サーモスタット 4,000円

飼育費用はどれくらいかかる?

Fotolia 40955436 xs

ペットを飼う場合は毎日エサ代がかかります。犬猫の場合はおやつなどを含めると費用がかさむ場合がありますが、文鳥の毎月のエサ代はどれくらいかかるのでしょうか?

毎月の餌台

文鳥の毎月のエサ代は300円〜500円くらいが相場となっています。
文鳥は犬猫に比べると体が小さいため食べる量が限られており、必要となるエサの値段もそれほど高くないので、エサ代は比較的安くなっています。

病気の際の治療費について

文鳥が病気をした場合などは治療費が必要となることがあります。

治療費は病気の内容や通っている動物病院によっても異なりますが、診察料や各検査費用、レントゲンなどがそれぞれ数千円ほどかかり、さらに薬代や治療費などが必要となるため、内容によっては1万円以上のお金が必要となる場合があります。

ポイント

文鳥を飼う際にかかる費用は次のようになります。

・文鳥の生体費=3,000円
・ケージ4,000円+キャリー2,500円=6,500円
・エサ入れ、水入れ、菜刺し(各300円)=900円
・止まり木300円+ブランコ500円=800円
・水浴び容器=1,000円
・挿しエサ容器=1,000円
・温度計1,000円+ヒーター3,000円+サーモスタット4,000円=8,000円
・毎月のエサ代500円×120ヶ月(10歳)=6万円
合計81,200円

文鳥が10歳まで生きると仮定して、上記のものをすべて揃える場合はおよそ8万円ほどの費用が必要となります。これらに文鳥の治療費がかかる可能性もあるので、文鳥を飼う場合の生涯費用は10万円ほどになると思われます。