ハムスターのケージの選び方は?おすすめの種類や掃除の仕方などについて

ハムスターを飼う場合はケージを用意する必要がありますが、ケージにはいろいろな種類のものがあるため、どれを選べばいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか?ケージを選ぶ場合はハムスターにあった広さのものを選ぶ必要があります。また、掃除のやりやすさや、ケージを噛む場合はその対策なども必要となります。ここでは人気が高いおすすめのケージや必要な広さ、掃除の仕方、値段などを簡単にご紹介します。

目次

ケージにはどんな種類がある?

ケージにはいろいろな種類があります。ここでは素材による違いや特徴などを簡単にご紹介します。

金網タイプ

61fqsori2gl. sl1000

出典:www.amazon.co.jp

金網タイプはもっともオーソドックスで人気の高いハムスターケージです。
種類が多くて値段も手頃なものが多いので、ハムスターを飼う場合はとりあえず金網タイプを選ぶという人も多いのではないでしょうか。

しかし、通気性がよくにおいがこもりにくいなどのメリットはありますが、金網タイプはハムスターが檻を噛むことで噛み合わせが悪くなる「不正咬合」を引き起こしたり、金網をつたってケージの天井まで登ることで落下事故を引き起こす場合があります。

そのため、ハムスターが檻を噛んだり、金網を登る場合は怪我をしないように何らかの対策をとらなければなりません。

プラスチックタイプ

41bhmua1jzl

出典:www.amazon.co.jp

プラスチックタイプは種類が多く、値段もお手頃なものが多いため、金網タイプと同じくらい人気が高いケージとなっています。

軽くて透明なので、持ち運びが楽でハムスターの様子を外から見ることができますが、強度がそこまで高くないものもあるため、割らないように気を付けなければなりません。

また、付属品が付いている場合もあり、ものによってはケージ内のレイアウトをあまり自由に決めることができない場合があります。

アクリルタイプ

61ff0ouoxjl. sl1000

出典:www.amazon.co.jp

アクリルタイプはプラスチックの一種であるアクリルで作られているケージです。アクリルはとても軽いですが、プラスチックケージよりも丈夫なので壊れる心配がありません。

また、透明度が高いため、外からハムスターの様子をはっきりと見ることができるというメリットもあります。
金網タイプやプラスチックタイプよりも値段は高いですが、安全で掃除も楽なのでおすすめのケージとなっています。

アクリルケージについては次の記事を参考にしてください。

ハムスターのケージはアクリルがいい?プラスチックの透明なタイプについて|HANEY [ハニー]
ハムスターのケージにはアクリルなどのプラスチックでできている透明なタイプのものがあります。ケージにはいろいろなタイプのものがありますが、一般的な金網でできているタイプのケージとアクリルなどでできているプラスチックの透明なケージにはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、アクリルでできている透明なケージのメリット、デメリットなどを簡単にご紹介します。

水槽タイプ

41 ta8g0ndl

出典:www.amazon.co.jp

水槽タイプは魚を飼うために使うガラスの水槽のことで、丈夫で広さも十分にあるため、ハムスターを飼うときにも使用することができます。

透明なのでハムスターの様子がよく分かり、簡単に水洗いをすることができるため、掃除がとても楽です。
ただし、値段の高いものが多く、使用するものによっては金網などのふたを用意する必要があります。

水槽タイプについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

ハムスターのケージは水槽がおすすめ?夏場やふたはどうすればいいの?|HANEY [ハニー]
ハムスターはケージに入れて飼うことが一般的ですが、水槽をケージの代わりとして利用することもできます。普通は市販で売られている金網で囲われているケージや、アクリル板などのプラスチックで作られているケージで飼うことが多いですが、水槽にはこれらにはないメリットがあるため、一部の飼主さんの間ではおすすめのケージとなっています。ここでは水槽がおすすめな理由や夏場の注意点、ふたのつけ方などをご紹介します。

DIYによる自作ケージ

ハムスターのケージはDIYによって自作することもできます。自作ケージは衣装ケースなどを使って作ることが多く、値段が安く、自由度も高いため人気があります。

衣装ケースを使って自作ケージを作る場合はそこまで難しくないので、安くて広いケージを探している人にはおすすめです。

自作ケージについては次の記事を参考にしてください。

ハムスターのケージは手作りすることができる?DIYのやり方やかわいい自作ケースについて|HANEY [ハニー]
ハムスターのケージは市販でいろいろな種類のものが販売されていますが、簡単なDIYで手作りケージを作ることもできます。DIYが得意な飼い主さんの場合はとてもかわいい自作ケージを作ることができるため、市販のケージにはない自由度や魅力があります。ここでは衣装ケースを使った手作りケージの作り方や、自作することのメリットなどについてご紹介します。

どれくらいの広さが必要?

Fotolia 223947621 xs

ケージを選ぶ際はある程度の広さが必要になります。ケージの大きさはハムスターによっても異なりますが、なるべく大きめのものを選んであげましょう。

種類や大きさによって異なる

ハムスターは種類ごとに体の大きさが異なるため、種類によって必要になるケージの広さも違ってきます。

ジャンガリアンハムスターのような体が小さい種類の場合は幅が30〜40センチくらいで、奥行きが25〜30センチくらいのものを選びましょう。

また、比較的体が大きいゴールデンハムスターの場合は幅が30〜40センチ、奥行きが60〜70センチくらいは必要になります。

また、それ以上の大きさがある大型の種類の場合は、さらに大きなケージを用意しましょう。

詳しくは次の記事を参考にしてください。

ハムスターのケージの大きさは?大型のものや広いハウスについて|HANEY [ハニー]
ハムスターを飼う際に必要となるケージには、コンパクトなものや大型で広いものなどいろいろなサイズがあります。ケージはハムスターにとっての家となるため、なるべく快適なものを用意してあげたいと思う飼い主さんが多いと思いますが、どのくらいの大きさのものが適しているのでしょうか?ここではハムスターにあったケージの大きさや、広すぎる場合のデメリットなどを簡単にご紹介します。

なるべく広い方がいい

ある程度広さがあれば問題ありませんが、あまりにも狭い場合はストレスの原因となってしまうため注意が必要です。

また、広ければ広いほどハムスターは快適に過ごすことができるので、可能であればなるべく広めのものを用意してあげるといいでしょう。

掃除の頻度はどれくらい?

Fotolia 128966793 xs

ケージの中は定期的に掃除をしないと不衛生になってしまいます。そのため、嫌な臭いが出ないように掃除を行う必要がありますが、頻繁に掃除をするのもよくありません。

ハムスターを飼う場合は掃除の頻度に気を配りましょう。

掃除の頻度や時間帯

ハムスターのケージは定期的に水洗いなどをして綺麗に掃除をする必要がありますが、頻繁に水洗いをしてしまうとケージから自分の臭いが消えてしまうため、ハムスターが落ち着いて過ごすことができなくなってしまいます。

トイレや水入れ、餌入れなどはこまめに掃除する必要がありますが、全体的な掃除は1〜2ヶ月くらいの頻度で行うようにしてください。

また、ハムスターは基本的に夜行性の動物なので、夕方から夜などの起きている時間帯に掃除をするようにしましょう。

掃除の頻度や時間帯については次の記事を参考にしてください。

ハムスターケージを掃除する頻度はどれくらい?飼い始めや時間帯について|HANEY [ハニー]
ハムスターはケージの中で飼うことが一般的です。きちんと掃除をしてあげないとケージの中が不衛生になることで、臭いがきつくなったり、病気になってしまう可能性があります。そのため、定期的にケージを掃除をしてあげる必要がありますが、掃除のやりすぎはハムスターのストレスの原因となってしまうこともあるので注意しなければいけません。ここではハムスターのケージを掃除する頻度や時間帯などについてご紹介します。

汚れ具合で判断しよう

ケージ全体を水洗いする頻度はケージの汚れ具合によって変わってきます。そのため、ケージの掃除は時期だけでなく、臭いやハムスターの状態などを見て判断しましょう。

また、夏場は雑菌やカビが繁殖しやすいので、普段よりもこまめに行う必要があります。

ハムスターはケージを噛むことがある

Fotolia 138943209 xs

ハムスターには硬いものを噛みたがる習性があります。また、金網をつたって「うんてい」を始めてしまうこともあるので、怪我や事故に注意しましょう。

ケージを噛んだり、うんていを始めることがある

金網タイプのものなどケージの形状によっては、ハムスターが壁をかじろうとすることがあります。
頻繁に壁をかじる場合は噛み合わせが悪くなる「不正咬合」を引き起こしてしまう可能性があるので、すぐに対策をとらなければなりません。

また、金網の場合は網をつたってうんていを始めてしまい、ケージの上まで登ることがあります。高い場所から落下すると骨折する可能性もあるので、十分に気を付けましょう。

ケージを噛んだりうんていを始める理由や対策については次の記事を参考にしてください。

ハムスターがケージを噛むときの対策方法は?かじる原因や登る理由について|HANEY [ハニー]
ハムスターがケージの檻を噛む場合や上に登ってしまう場合は、きちんと対策をとる必要があります。ケージを登ったりかじるのを放置しておくと怪我をしてしまったり、歯の噛み合わせが悪くなってしまう恐れがあるので、原因を特定してやめさせましょう。ここではハムスターがケージを噛んだり、上に登る原因とその対策方法をご紹介します。

脱走に注意しよう

ハムスターがケージを抜け出して脱走してしまうことがあります。脱走するとどこに行ったのかわからなくなってしまうことがあるので、ケージから逃げてしまわないように注意しましょう。

ハムスターはうんていをしたり、回し車や給水ボトルの上に乗ることで想像しているよりも高い場所に登ることがあります。

また、壁を壊したり、入り口の策を持ち上げて脱走する場合もあるので、しっかりと対策をとるようにしましょう。

必要なセットや値段について

Fotolia 104054556 xs

ハムスターを飼う場合はケージの他にも用意しなければいけないセットがいくつかあります。
ケージはものによって値段が異なるので、ハムスターを飼う前に把握しておくようにしましょう。

必要なもの

ハムスターのケージには給水機や餌入れ、巣箱、トイレ、砂浴び容器、回し車、床材などを入れてあげる必要があります。

また、消耗品としてトイレ用の砂や砂浴び用の砂も必要となります。さらに必要に応じてヒーターやかじり木なども用意してあげましょう。

値段について

ケージの値段は大きさや広さ、素材、付属品や形状によっても異なります。そのため、高いものであれば1〜2万円ほどする場合もありますが、一般的な相場は2,000〜4,000円くらいとなっています。

ケージの値段については次の記事を参考にしてください。

ハムスターのケージの値段は?必要なセットやグッズについて|HANEY [ハニー]
ハムスターを飼う場合はケージを用意する必要がありますが、ハムスターのケージにはいろいろな種類のものがあります。広さや素材、形などによって値段は異なりますが、平均的なケージの相場はどれくらいなのでしょうか?ここではハムスターケージの値段の相場や必要なセット、グッズとケージを合わせた値段などについて見ていきましょう。

ポイント

ケージにはいろいろな種類があるので、ハムスターの大きさや家の間取りなどを考慮して自分やハムスターにあったものを選んであげましょう。広さや値段以外では掃除のしやすさや丈夫さ、安全性や脱走などを考えて選びましょう。

掃除を行う場合はできるだけストレスにならないように時間や頻度を考えて行うようにします。また、飼い始めた頃は環境に慣れさせる必要があるので、2〜3週間くらいはトイレや餌入れなど、汚れが目立つ場所以外は掃除せずに見守りましょう。