ハムスターのケージの大きさは?大型のものや広いハウスについて

ハムスターを飼う際に必要となるケージには、コンパクトなものや大型で広いものなどいろいろなサイズがあります。ケージはハムスターにとっての家となるため、なるべく快適なものを用意してあげたいと思う飼い主さんが多いと思いますが、どのくらいの大きさのものが適しているのでしょうか?ここではハムスターにあったケージの大きさや、広すぎる場合のデメリットなどを簡単にご紹介します。

目次

ケージの大きさはどれくらいがいい?

Fotolia 123781675 xs

ハムスターにはいろいろな種類があり、それぞれ体の大きさが異なります。そのため、ジャンガリアンなどの体の小さい種類と、ゴールデンのような体の大きな種類ではケージの大きさや広さが異なります。

それぞれの種類に適したサイズについて見ていきましょう。

ジャンガリアンハムスターのケージ

ジャンガリアンハムスターのような「ドワーフ系」と呼ばれている体の小さい種類の場合は、ケージもそこまで広いものは必要ではありません。

そのため、一般的に幅30〜40cm、奥行25〜30cmほどあれば問題なく飼うことができます。

ゴールデンハムスターのケージ

ゴールデンハムスターのようにドワーフ系よりも体の大きな種類の場合は、少し広めのケージを用意してあげる必要があります。

そのため、幅30〜40cm、奥行60〜70cmくらいの大きさのものを選びましょう。

多頭飼いをする場合は?

ハムスターを飼う場合は1匹1ケージが基本となっていますが、種類や性別、相性によっては同じケージで複数匹飼うことができる場合があります。
その場合は1匹で飼うときよりも大きめのケージを用意してあげましょう。

ケージには2階建てや3階建てになっているタイプがあり、1階だけのものよりも広くなっていますが、高さがあるものは落ちて怪我をしてしまう恐れがあるので、なるべく1階で横に広さがあるタイプのものを選びましょう。

なるべく広いほうが良い?

Fotolia 69865577 xs

ケージが小さすぎるとハムスターがストレスを感じてしまいます。そのため、それぞれの種類の大きさにあった広さのものを用意してあげる必要がありますが、ケージの大きさは広ければ広いほうが良いのでしょうか?

ハムスターは運動量が多い

ハムスターはとても小さい動物ですが、運動量はとても多い動物だと言われています。

狭くても回し車があれば十分運動できるように思えますが、縄張り意識を持つ動物なので、ケージは広ければ広いほど快適に過ごすことができます。

そのため、ケージを選ぶ際はなるべく大きいものを選んであげましょう。

広すぎるケージのデメリット

広ければ広いほどハムスターは快適に過ごすことができますが、ケージが大きくなるとその分掃除をする手間が増えてしまいます。

そのため、あまり大きなものを選びすぎるときちんと隅々まで手入れが行き届かなくなってしまう可能性があります。

ケージの中が不衛生になってしまうと病気の原因にもなるので、きちんと定期的に手入れをすることができる広さのものを選びましょう。

大型のハムスターの場合

Fotolia 97895820 xs

ハムスターは種類によって体の大きさが異なるため、種類にあった大きさのケージを用意する必要があります。

そのため、クロハラハムスターのような超大型のハムスターの場合は、一般的なハムスター用のケージでは小さすぎる可能性があります。

モルモット用のケージを使用する

ハムスターの中でも最大級の大きさがあるクロハラは、大きければ体長が30cmくらいになることがあります。

基本的な飼い方は普通のハムスターと変わりませんが、モルモットと同じくらいの大きさになるため、普通のハムスター用のケージでは小さすぎてストレスを溜め込んでしまう恐れがあります。

そのため、ケージはモルモット用やウサギ用のものを用意しましょう。また、体が大きい分、力も強いのでケージから脱走してしまわないように丈夫なものを選ぶのも重要なポイントです。

ポイント

ハムスターのケージの大きさは種類によって異なりますが、なるべく広いものを用意してあげましょう。運動量が多い動物なので小さすぎると窮屈に感じることで、ストレスを溜め込んでしまいます。

広ければ広いほど良いとされていますが、あまり大きなものを用意すると手入れが大変になってしまうので、体の大きさにあった適度な広さのものを選ぶと良いでしょう。