ハムスターはトイレのしつけを覚える?方法や使わない原因について

ハムスターも犬や猫と同じように、しつけを行うことでトイレの場所を覚えるようになります。犬や猫ほど賢い動物ではないため、しつけといっても犬猫に行うような方法ではなく、ハムスターの習性を利用することでトイレの場所を覚えさせます。ここではトイレのしつけ方法や違う場所でおしっこをする原因などについてご紹介します。

目次

トイレのしつけ方法について

Fotolia 33792941 xs

ハムスターにもしつけを行うことでトイレの場所を覚えさせることができます。ただし、決められた場所でするようになるのはおしっこだけなので、うんちの場所は覚えさせることができません。

ハムスターはトイレを覚える

ハムスターは犬のように褒めたりご褒美をあげることで言葉を理解したり、しつけを覚えるわけではありません。

もともと決められた場所でおしっこをする習性があるので、そうした習性を利用することでトイレの場所を覚えさせることができます。

決められた場所にトイレをするようになるとケージの掃除がとても楽になるので、必ず覚えさせましょう。

うんちのしつけは難しい

おしっこの場合はしつけを行うことで決まった場所でするようになりますが、うんちは決まった場所で行う習性がないため、しつけを行うことは難しいです。

おしっこはにおいがきついため、外敵から身を隠すために寝床から離れた場所で行う習性を持っていますが、うんちはあちこちでしてしまうので定期的に掃除をしてあげる必要があります。

ハムスターがトイレを使わない原因は?

Fotolia 18209009 xs

ハムスターによってはトイレを設置しても違う場所でおしっこをしてしまうことがあります。トイレを使わない理由には主に、以下のような原因が関係しています。

他の場所をトイレだと思っている

トイレ以外の場所におしっこのにおいや汚れが付いていると、その場所をトイレだと思ってしまうことがあります。

そうなるとトイレを設置しても他の場所でおしっこをするようになってしまいます。そのため、もしも違う場所でおしっこをしてしまったらにすぐに拭き取り、においが残らないようにしましょう。

場所が気に入らない

トイレの場所はどこでも良いわけではありません。巣箱からトイレが近すぎる場合は嫌がって少し離れた場所でおしっこをしたり、逆に近すぎる場合はトイレに行く途中でおしっこをしてしまうこともあります。

そういう場合は普段おしっこをしている場所にトイレを移動させることで、正しい場所でおしっこをするようになるケースがあります。

トイレが寝床になっている

夏場など、ケージの中が暑くなる時期は、涼しい砂の上で寝そべるようになることがあります。そうなるとトイレでおしっこをしなくなってしまいます。

暑さ対策をするなど巣箱の中が快適になるように改善することで正しい場所で寝るようになるので、巣箱が快適な場所になるように工夫してあげる必要があります。

巣箱の外が怖い

天敵や他のハムスターなど、ハムスターが嫌がるにおいが近くにあると、縄張りを主張するために巣箱の近くでおしっこをするようになってしまいます。

他にも新しい環境に慣れていない場合や、飼い主さんが過度にスキンシップを取りすぎている場合などは、巣箱に出ることを怖がってしまい巣箱の中で押しっこをしてしまうことがあります。

トイレが不衛生

ハムスターはきれい好きな動物です。そのため、トイレのしつけを行っていてもトイレ容器が汚れている場合はおしっこをしたがらない場合があります。

正しい場所でおしっこをしてもらうためにも、容器はなるべく毎日掃除してあげましょう。

覚えさせるにはどうすればいい?

Fotolia 91225665 xs

トイレのしつけを行う場合はまず、ハムスターがおしっこをしたくなるような場所にトイレを設置してあげましょう。

場所を決めたらその場所にハムスターのおしっこのにおいをつけることで、場所を覚えるようになります。

トイレを設置する

しつけを行う場合はまず、トイレ砂が入った容器をケージの中に設置します。ハムスターは平らで安定していて、ある程度巣箱から離れている場所を好む傾向があります。

また、ケージの真ん中など落ち着かない場所だとをおしっこをしてくれない場合もあるので、隅っこなど人目につきづらい場所に設置してあげましょう。

トイレににおいを付ける

場所を決めたら容器の中にハムスターのおしっこのにおいを付けることで、トイレのしつけを行うことができます。

ペットショップでハムスターを購入するときにハムスターが使っていたトイレ砂をもらったり、他の場所でしてしまったおしっこを砂に染み込ませるなどでして、においの付いた砂を用意します。

おしっこのにおいが付いている砂をトイレ容器に入っている砂に混ぜることで、トイレの場所を覚えるようになります。

ポイント

ハムスターには決まった場所でおしっこをしたがる習性があるので、正しい場所に自分のおしっこのにおいが付いた容器を設置してあげることでトイレの場所を覚えるようになります。

そのため、犬のように繰り返ししつけを覚えさせる必要はありませんが、ハムスターによってはして欲しい場所でおしっこをしたがらなかったり、違う場所でしてしまうこともあります。

その場合は違う場所でしてしまう理由を特定して、ハムスターがおしっこをしたくなるようなトイレの環境を整えてあげましょう。