ハムスターが砂場でトイレをしてしまう?理由や対策方法について

ハムスターは砂浴びをする動物なので、砂場を用意してあげる必要がありますが、ときどき砂場をトイレと間違えておしっこをしてしまう子がいます。ハムスターには砂がある場所におしっこをする習性があるので、砂場をトイレと間違えてしまう子は少なくありません。砂場とトイレの砂は種類が違う場合が多く、当然用途も異なるので正しい場所を覚えてもらう必要があります。ここでは砂場でトイレをする理由や対策方法をご紹介します。

目次

ハムスターのトイレについて

Fotolia 231713593 xs

ハムスターには決まった場所でおしっこをする習性があります。そのため、一度トイレの場所を覚えるとその場所でおしっこをするようになりますが、中には砂場でおしっこをしてしまう子もいます。

砂がある場所でおしっこをする

ハムスターには砂がある場所でおしっこをする習性があります。そのため、トイレに砂を入れることで、その場所をトイレとして認識するようになります。

しかし、砂浴び用の砂場を用意している場合、砂場でおしっこをしてしまうこともあります。

砂場とトイレは別々に用意する

ハムスターにとって砂浴びは人間がお風呂に入るのと同じ役割があります。砂を浴びることで体を清潔に保ったり、夏場は冷たい砂で体温を調節します。

ところが砂場とトイレを一緒にしてしまうと砂浴びをしなくなってしまいます。また、トイレで砂浴びをする場合は、固まりやすいトイレ砂が目や口に入ることでハムスターに悪い影響を及ぼす恐れもあります。

砂場でトイレをする理由は?

Fotolia 18209009 xs

ハムスターが砂場でおしっこをする場合は、砂場をトイレだと思っている可能性があります。
また、トイレ自体になんらかの問題があると容器の中でおしっこをしたがらなくなってしまいます。

普段からしっかり観察して、原因になっていることを突き止めてあげましょう。

砂場をトイレだと思っている

ハムスターは砂がある場所をトイレとして認識する傾向があるため、一度砂場におしっこをしてしまうと、その場所をトイレとして覚えてしまうことがあります。

ハムスターには砂浴び用の砂とトイレ用の砂との違いが分からないため、一度砂場に自分のおしっこのにおいが付くと、その場所でおしっこをするようになってしまいます。

トイレが気に入らない

トイレになんらかの問題があると、他の場所でおしっこをするようになります。主に汚れていたり、場所が悪いなどの理由でトイレでおしっこをしたがらなくなってしまいます。

ハムスターは綺麗好きな動物なので、汚れている場所ではおしっこをしたがらないことがあります。
また、足場が不安定な場所や周囲から丸見えになっている場所は、落ち着いておしっこができないため、嫌がる可能性があります。

砂場でおしっこをさせないためには?

Fotolia 139868152 xs

清潔な砂で安全に砂浴びをさせるためにも、砂場でおしっこをさせないようにする必要があります。
砂場でおしっこをする場合は場所を入れ替えたり、砂場に付いたにおいを消しましょう。

砂場とトイレの場所を入れ替える

砂場でおしっこをする習慣が付いてしまった場合は、砂場と場所を入れ替えることでトイレでおしっこをするようになることがあります。

ハムスターは場所で覚えている場合があるので、いつもおしっこをしている場所に容器を設置することで、正しいトイレの場所がが身に付く可能性があります。

砂場に付いたおしっこのにおいを消す

砂場におしっこのにおいが付いていると、その場所をトイレとして認識してしまいます。
そのため、砂場とトイレの場所を変えるだけでなく、砂場に付いているおしっこのにおいも消す必要があります。

まず砂場の砂を捨てて洗剤で洗い、新しい砂を入れます。次におしっこの付いている砂をトイレ容器に入れてケージの中に入れます。

こうすることで正しい場所を覚えやすくなります。また、一時的に砂場をケージに入れないようするとより効果的です。

ポイント

ハムスターには砂がある場所でおしっこをする習性があるため、砂場とトイレを間違えて覚えてしまうことがあります。

砂浴び用の砂はトイレ砂とは違うため、安全に砂浴びをさせるためにも正しい場所を覚えさせなければなりません。
そのためには砂場に付いておしっこのにおいを消して、トイレにおしっこのにおいを付けましょう。

また、砂場の場所と入れ替えるなど、なるべくおしっこをしたくなるような場所に設置してあげましょう。