ハムスターの砂浴びに必要な砂の量は?交換の目安や注意点について

ハムスターは砂浴びをする動物です。そのため、砂を浴びるための容器を用意してあげる必要がありますが、砂浴びにはどれくらいの砂の量が必要になるのでしょうか?また、容器に入れた砂はどれくらいの頻度で交換しなければならないのでしょうか?ここでは、砂浴び容器に入れる砂の量や交換の目安などについて見ていきましょう。

目次

砂浴び容器に入れる砂の量について

Fotolia 230089918 xs

砂浴び用の容器に入れる砂の量は、容器の大きさやハムスターの大きさによって異なりますが、ある程度砂を掘ることができるくらいの量を目安として入れてあげましょう。

容器やハムスターの大きさによって異なる

ハムスターにはいろいろな種類があり、それぞれ体の大きさが異なります。

体が小さいドワーフ系の種類であればそれほどの量は必要ありませんが、体が大きいゴールデンなどの種類の場合はドワーフ系よりもたくさんの砂を入れてあげる必要があります。

また、容器のサイズによっては、砂を入れすぎるとハムスターが砂浴びをする際にケージに飛び散ってしまう場合があるので注意しましょう。

ある程度砂を掘れる量を入れてあげよう

ハムスターは砂浴びをする際に砂を掘る習性があります。
砂を掘ったり、その場所でゴロゴロすることでストレスを発散しているので、砂を入れている容器にはある程度地面を掘ることができる量の砂を入れてあげましょう。

こうした習性を考慮すると、容器の大きさにもよりますが、だいたい飼っているハムスターの1.5〜2倍くらいの量の砂を入れてあげると良いと考えられます。

どれくらいの頻度で交換すれば良い?

Fotolia 231713593 xs

砂は定期的に交換する必要があります。砂のパッケージには1週間〜10日ほどを目安に交換してくださいと書かれているものもありますが、基本的には砂の汚れ具合を見て判断しましょう。

汚れ具合を見て判断する

砂の交換は砂の汚れ具合を見て判断しましょう。ハムスターは砂の上でおしっこをする習性があるため、トイレの場所と砂を浴びる場所を分けていても、砂浴び用の容器の上でトイレをしてしまうことがあります。

おしっこで砂が濡れていると、砂浴びをすることでかえって不衛生になったり、砂浴びをしなくなってしまうことがあるので、砂がおしっこや糞で汚れている場合はすぐに交換するようにしましょう。

1週間〜10日ほど

トイレと砂浴び用の容器をきちんと使い分けている場合は、砂がほとんど汚れない場合もあります。

しかし、ほとんど砂が汚れていないような場合でも、砂浴び用の砂のパッケージには1週間〜10日ほどで砂を交換するように書いてある場合が多いので、3日〜1週間くらいの期間を目安にして新しい砂と入れ替えるようにしましょう。

砂の量に関する注意点は?

Fotolia 224155397 xs

砂浴び用の砂の量が深すぎると、危険な場合があります。また、砂の量は多すぎても少なすぎても何らかのデメリットがあるので注意してください。

砂が深すぎると危険?

ハムスターには穴を掘る習性があるため、砂浴び容器にはある程度地面を掘れるくらいの砂を用意してあげた方が良いですが、あまり深くしすぎてしまうとハムスターが埋まってしまい出られなくなってしまう恐れがあります。

最悪の場合、窒息してしまう可能性もあるので、容器をケージに入れたままにする場合はあまり深くしすぎないように注意しましょう。

砂の量を多くして穴を掘らせたい場合は、飼い主さんが見ている状態で穴掘りをさせるようにしてください。

砂の量は多すぎても少なすぎてもダメ

砂の量は多すぎると穴を掘ることで埋まる危険があったり、砂を浴びる際に容器から砂が溢れてケージが汚れやすくなってしまいます。
そうなると掃除が大変で衛生面にもあまりよくありません。

また、反対に砂の量が少なすぎると穴を掘ることができないため、十分にストレスを発散させることができなくなる場合があります。

ハムスターが砂浴びをしなくなってしまうこともあるので、砂の量は多すぎず、少なすぎないようにして、砂がなるべくこぼれないような容器を選んであげてください。

ポイント

砂浴びに必要な砂の量は、ハムスターの種類によって異なります。ゴールデンなどの体が大きなハムスターの場合は、ドワーフ系の体が小さいハムスターよりもたくさんの砂を入れてあげる必要があります。

だいたいハムスターの大きさの1.5〜2倍くらいの砂を入れて穴を掘れる量を確保してあげましょう。砂の量を増やしすぎてしまうと穴を深く掘ることで体が埋まってしまう恐れもあるので、危なくない程度の量を入れるようにしてください。