ハムスターに砂浴び場は必要なの?理由や用意するときの注意点について

ハムスターのケージに、砂を入れた容器を用意してあげると砂浴びを始めることがあります。ハムスターは砂浴びが好きな動物なので、ケージの中で飼うときは砂浴びをするための容器を用意してあげる必要があると言われていますが、飼い主さんによっては必ずしも必要ではないという意見もあります。ここでは砂浴びが必要な理由や注意点などを見ていきましょう。

目次

ハムスターの砂浴びの必要性について

Fotolia 33792941 xs

砂浴びには体を寄生虫から守ったり、ストレスを発散する役割があります。
そのため、ハムスターを飼う場合はケージの中に専用の容器を置いてあげる必要があると言われています。

寄生虫から体を守る役割がある

ハムスターは砂漠などの乾燥地帯に多く生息している動物なので、砂を浴びる習性があります。

砂浴びは人間でいうお風呂や鳥の水浴びのようなもので、体についた汚れを落としたり、雑菌や寄生虫を洗い落とす役割があるため、ペットとしてケージ内で飼う場合も必要になると言われています。

ストレスの発散になる

砂浴びには体をきれいにするだけでなく、ストレスを発散させる効果もあります。

浴びるときは砂の上を転がったり、地面を掘るなどの行動を見せますが、ハムスターはこれによってストレスを発散していると言われています。

どちらでも良いという意見も

Fotolia 123781675 xs

砂浴びには体をきれいにしたりストレスを発散する役割があるため、ケージ内に専用の容器は必要だと思われますが、絶対に必要というわけではないという意見もあります。

砂浴びをほとんどしない子もいる

ハムスターの中にはほとんど砂浴びをしない子もいます。
個体差や種類によって砂浴びの頻度は異なるため、あまり砂浴びをしない子の場合は必ずしも砂浴びをする場所を用意する必要はないという意見もあります。

主にゴールデンなどの種類は砂浴びをあまりしない傾向があると言われているため、ときどきケージ内に砂が入った容器を入れたり、ケージの外に出して専用の容器に移すだけも問題がない場合もあります。

ケージ内が清潔な場合はそれほど必要ない場合も

ハムスターは体が汚れていないと砂浴びをあまりしなくなる傾向があるため、ケージ内が清潔な場合は砂浴び用の容器がそれほど必要ではない場合もあります。

また、ストレスの発散に関しても回し車で十分な場合があるので、体が汚れておらず、特にストレスが溜まっていない場合はそれほど砂浴びは必要ではありません。

ケージ内で砂浴びをさせるときの注意点やデメリット

Fotolia 223947621 xs

砂浴び容器を置いてあげるとハムスターは毛繕いをしやすくなり、寄生虫の予防やストレスの発散になります。

そのため、なるべくケージ内に砂場を用意してあげた方がいいですが、トイレとの使い分けができていない場合は注意が必要です。

砂の上でおしっこをすることがある

トイレと砂場を両方入れている場合でも、ハムスターはトイレと砂浴びをする場所の区別がつかず、砂場でおしっこをしてしまうことがあります。

おしっこで濡れている砂は放置すると雑菌が湧き、においの原因になってしまうのですぐに処理しましょう。

また、そのままの状態で砂浴びをしてしまうとかえって体が汚れるので、トイレと砂浴び場の区別がついていない場合はこまめに砂を入れ替えてあげる必要があります。

ケージ内に砂が飛び散る

ケージ内に砂場を用意してあげると、ハムスターが自分の好きなタイミングで砂浴びをすることができるというメリットがあります。
しかし、ケージ内で砂浴びをすると周りに砂が飛び散ってしまうというデメリットもあります。

それによってケージ内が汚れやすくなってしまうため、掃除が大変になりやすいので、砂浴び用の容器や砂を入れる量には注意しましょう。

ポイント

ハムスターは基本的に砂浴びが好きな動物なので、体をきれいにしたりストレスを解消するために砂を浴びます。

そのため、なるべくできる場所を用意した方がいいですが、広くて清潔なケージで飼っている場合や回し車などでしっかりと遊んでいる場合は、必ずしも砂浴びが必要ではない場合もあります。

ただし、専用の容器をケージ内に用意しない場合でも定期的に砂場をケージに入れたり、砂がある場所にハムスターを移したりして遊ばせてあげた方がいい場合もあるので、ハムスターの体の汚れやストレスなどの様子を見て判断しましょう。