ハムスターの砂浴び用の砂はどれがいい?おすすめや注意点について

ハムスターには自分の体をきれいにするために砂を浴びる習性があります。そのため、ケージ内に砂が入った容器を用意してあげると砂浴びを行うようになります。ハムスター用の砂にはいろいろな種類がありますが、砂浴びに使用する砂はなんでもいいというわけではないので、砂浴びに適したものを入れてあげる必要があります。ここでは、砂浴びにおすすめの砂や、砂を選ぶ際の注意点などをご紹介します。

目次

ハムスター用の砂について

Fotolia 231713593 xs

ハムスターのケージに入れる砂にはいろいろな種類があります。それぞれに特徴があるため、用途やハムスターに適したものを入れてあげましょう。

サラサラとした焼き砂

焼き砂とは、人工的に砂を加熱処理した後、乾燥させたもののことをいいます。ハムスター用のものは天然のけい砂を使用しているものが多く、サラサラとしているのが特徴です。

砂埃が立ちにくくなっているため、砂浴び用の砂として利用されることが多くなっています。

濡れると固まる砂

ゼオライト、ベントナイトなどが原料となっている砂で、やや粘り気があります。

濡れると固まる性質があるので、おしっこで濡れた部分だけを交換することができます。そのため、トイレ砂としてよく利用されています。

木粉やペーパーサンド

砂ではありませんが、木材の粉末を固めた木粉や紙でできたペーパーサンドなどを砂の代わりに利用することがあります。

これらは燃えるゴミとして簡単に処分することができるのが特徴で、脱臭効果などがあるため、トイレ砂の代わりとしてよく利用されています。

砂浴びにはどんなものがおすすめ?

Fotolia 230089918 xs

砂にはたくさんの種類がありますが、ハムスターの砂浴びには砂浴び用として販売されているものを使用しましょう。

砂浴び用と書いてあるもの

砂浴び用の砂には「砂浴び用」や「バスサンド」などと書かれているものを使用しましょう。

これらはけい砂などが原料となっている焼き砂を使っている場合が多く、殺菌処理されているため安全です。
また、砂埃も立ちにくくなっているので、ケージの中や部屋が汚れにくいというメリットもあります。

砂つぶの大きさについて

砂つぶの大きは小さい方が体の汚れを落としやすいと言われています。
そのため、砂のつぶは小さい方が良い可能性はありますが、同じ商品でもロットによって砂の大きさが異なる場合があります。

殺菌処理されたけい砂などの焼き砂であれば問題はないので、砂の大きさはそれほど気にしなくてもいいと思われます。

砂を選ぶときに注意することは?

Fotolia 69865577 xs

砂にはいろいろなものがありますが、砂浴び用として使用するものは何でも良いわけではありません。
トイレ用のもので砂浴びをすると危険な場合もあるので注意しましょう。

砂は何でもいいわけではない

砂浴び用の砂は何でも良いというわけではありません。家の庭や公園の砂場、浜辺などの砂にはたくさんの殺菌が付いている可能性があるため、これらの砂を使用するとハムスターが病気になってしまう危険があります。

バスサンドなどと書かれている砂は一見普通の砂に見えますが、殺菌処理が施されているので安全です。
そのため、砂浴び用の砂には必ず殺菌処理されているものを使用しましょう。

トイレ砂は危険

ベントナイトやゼオライトが原料となっているトイレ用の砂は、濡れると固まる性質があります。
そのため、砂浴び用の砂として使用すると目や口に入ったときに砂が固まってしまう危険があります。

誤って砂を飲み込んでしまうと体の中で砂が固まってしまい、腸閉塞などを引き起こす恐れがあるので、砂浴びにはトイレ用の砂は使用しないようにしましょう。

ポイント

砂浴び用の砂は一見、公園や砂浜にあるものと違いがないように見えますが、きちんと加熱消毒されています。砂浴びに使う砂は何でも良いというわけではないので、バスサンドや砂浴び用と書かれたものを使用するようにしてください。

特にトイレ砂は危険な場合があるので、ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしている場合は注意する必要があります。