ハムスターの回し車の大きさは?小さいとあまり良くないの?

ハムスターは回し車を用意してあげると中に入って走り出します。ハムスターにはおなじみのグッズとなっているため、回し車にはいろいろな大きさのものがあり、種類も様々です。運動不足やストレスの発散に必要な回し車ですが、どれくらいの大きさのものが良いのでしょうか?ここでは適切な回し車の大きさや、大きすぎたり小さすぎる場合のメリットやデメリットなどをご紹介します。

目次

回し車の大きさについて

Fotolia 138943209 xs

回し車にはいろいろなサイズのものがあります。ハムスターの大きさにもよりますが、回し車は大きめサイズの方が走りやすいと言われています。

いろいろなサイズがある

通販サイトやペットショップには100を超える種類の回し車があり、そのサイズも様々です。

ハムスターの種類に合わせてS、M、Lとサイズ分けされているものもあるため、直径10cmほどの小さいものから直径30cmを超える大きなものまで販売されています。

大きめのものが走りやすい?

回し車は輪の大きさが大きいほど走りやすいと言われています。そのため、なるべく大きいものを用意した方が良いですが、大きいとケージ内のスペースを取ってしまいます。

入らなかったりハムスターのサイズに合わないくらい大きなものは反対に走りにくくなってしまうため、サイズ選びには注意が必要です。

どれくらいの大きさが適切?

Fotolia 230089918 xs

回し車の大きさはハムスターの種類やサイズによっても異なります。

大きめのサイズのものが良いと言われていますが、大きすぎる場合は体に負担がかかったり、うまく回すことができない場合があるので注意しましょう。

ハムスターの大きさによって異なる

ハムスターはドワーフ系と言われる小さな種類から、ゴールデンなどの大きな種類まで様々です。そのため、飼っている種類にあったものを用意してあげましょう。

ゴールデンのような体が大きな種類の場合は、17cm以上のものを使用しましょう。ただし、個体によっては20〜25cmくらいの大きさがないと小さすぎる場合があります。

そのため、サイズを見る場合はハムスターの背中が回し車の軸に当たっていないか、走っているときに背中を反らせていないかなどをよく確認しましょう。

大きすぎるとうまく回せない場合も

回し車は小さいよりも大きい方が、体への負担が少なく走りやすいと言われています。しかし、サイズが大きすぎると反対にうまく回せなくなってしまう場合もあります。

ドワーフ系のハムスターやロボロフスキーなどの小型の種類の場合、ゴールデンが使っている20cm以上の回し車では大きすぎるため、うまく回せなかったり、体が回転に持ってかれて吹き飛ばされてしまう危険があります。

そのため、小型の種類の場合は12〜14cmなど、体の大きさになったものを選びましょう。

小さすぎることによるデメリットについて

Fotolia 97895820 xs

小型ハムスターの場合は、小さめの回し車が必要になりますが、小さすぎると体に負担がかかってしまいます。
怪我や事故の原因となることもあるので注意しましょう。

体に負担がかかってしまう

回し車の大きさが小さすぎるとハムスターは無理な姿勢で走るようになるため、体に負担がかかってしまいます。
特に回し車の軸になっている部分に体が当たってしまうような場合は、背骨を圧迫してしまいます。

ハムスターが体を反らせるような格好で走っている場合は、体に負担がかかっているので一回り大きいサイズのものを購入しましょう。

事故や怪我の原因となることも

小さいサイズの回し車を使い続けていると、事故や怪我の原因となってしまいます。体を反った状態で走り続けると、背骨が圧迫されることで下半身に問題が出てしまうことがあります。

また、小さすぎるとうまく走ることができないため、転倒してしまったり、落下事故などが起きやすくなります。
そのため、回し車は必ず小さすぎないものを用意してあげましょう。

ポイント

回し車には様々なサイズのものがあるので、ハムスターの大きさにあったものを選んであげましょう。大きめのものの方が走りやすいと言われていますが、大きすぎるとかえって怪我の原因となってしまうことがあります。

また、小さすぎると背骨に負担がかかったり、転倒や転落の事故が起きやすくなるので、必ず体の大きさにあった回し車を設置するようにしましょう。