ハムスターの回し車がうるさいときの対処法は?静かにさせる方法について

ハムスターが回し車に乗ると、カラカラと音がすることがあります。ハムスターは夜行性の動物なので、夜中に音がするようになってうるさいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか?音がひどい場合は夜眠ることができなくなったり、マンションやアパートに住んでいる場合はうるさい音が近所迷惑になっていないか心配になることもあると思います。ここではハムスターの回し車がうるさい原因や静かにする方法などをご紹介します。

目次

回し車がうるさい原因は?

Fotolia 104054556 xs

ハムスターの回し車がうるさいと感じてしまう原因には、回し車自体に原因がある場合と設置の仕方に原因がある場合があります。

夜に回すことが多いから

ハムスターは夜行性の動物なので、夜になると活発に行動するようになります。
夜の寝る時間は昼間や夕方よりも静かなことが多いので、ゴロゴロと回る音が特にうるさく感じる人も多いかと思います。

しっかりと固定されていない

回し車はきちんと固定されていないと、本体が揺れることで音が出るようになります。

台で支えているタイプの場合は安定性が悪くなって揺れていたり、ケージに固定するタイプのものはネジが緩んでいる可能性があります。

回し車の軸が擦れている

回し車からキュルキュルやキーキーと音がする場合は、滑車の部分と軸が擦れて音が鳴っている可能性があります。

回し車は滑車が中央の軸で固定されていますが、この部分の滑りが悪いと滑車と軸が擦れる音が出てしまいます。

ケージや周りのものに当たっている

滑車がケージの底や壁に当たっていたり、ケージ内に置いてある何かに当たっていると音が出るようになります。

特に、回し車を設置する位置が低いとケージの底に当たってしまう場合があるので注意しましょう。

どうすれば静かになる?

Img 2088

うるさい回し車を静かにするためには、原因に合わせた対策が必要となります。設置の仕方を変えたり、回し車を改善するようにしましょう。

ケージに固定する

回し車の安定性が悪い場合は、きちんとケージに固定しましょう。
台で滑車を支えているタイプのものは台の裏に両面テープを付けたり、マジックテープを貼って固定することができます。

ケージに設置するタイプのものは、ネジが緩んでいないか確認してしっかりと固定しましょう。

油をさす

滑車と軸の滑りが悪くてキーキーと音が鳴っている場合は、油を少量さしてみましょう。油をさすことで滑車と軸の滑りが良くなって、音が出にくくなることがあります。

グリースなど機械用の油は、ハムスターが口に入れてしまう危険があるので、ハムスターが舐める恐れがある場合は使用しないようにしましょう。

高い位置に設置する

ケージに固定するタイプの回し車は、設置する位置が低いとケージの底に擦れて音が鳴ってしまいます。
そのため、設置する位置を少し高くしてあげましょう。

ケージに当たらなくなると、滑車が擦れる音がしなくなるので静かになるケースもあります。

それでもうるさい場合は?

Fotolia 69865577 xs

対策をとっても音がうるさくて改善されないという場合は、回し車に問題がある可能性があります。
回し車にはたくさんの種類があるので、なるべく音が少ないものに買い換えましょう。

回し車を買い換える

回し車には様々な形やサイズのものがあります。通販サイトを見ると100点以上販売されていることもあるので、音が気になる場合はなるべく静かなものを選びましょう。

たくさんある種類の中でも、「サイレントホイール」は音がしない回し車としてとても人気があります。

サイレントホイールについて

サイレントホイールは三晃商会の商品で、音がしない回し車として広く利用されています。
名前の通りとても静かで、スースーという音が聞こえるだけなので、夜中でも特に気にならないと思われます。

ただし、中に入っているベアリングに問題が出るとカラカラと音が鳴ってしまうようになるので、ベアリングの滑りが悪くなっている場合は油をさすか買い直しましょう。

軸がぶれていて音がする場合は、ベアリングを接合しなおすことで音がしなくなります。

ポイント

回し車のうるさい音は、主に本体や固定の仕方に問題があります。うるさい音の原因が本体にある場合は油をさすなどして改善するか買い直す必要があります。

サイレントホイールなどの音がしない回し車を使用すると静かになる可能性もありますが、滑車と軸の部分に問題が出ていると音が出てしまうので、潤滑に回るように改善しなければなりません。

また、固定の仕方に問題があると音が出てしまうので、きちんと固定することも大切です。