ジャンガリアンハムスターにおすすめのケージは?大きさや多頭飼いについて

ジャンガリアンハムスターはゴールデンハムスターと比べると体が小さいので、それほど広いケージは必要ではないと言われることがあります。それでは、ジャンガリアンにはどのようなケージが向いてるのでしょうか?ここでは、ジャンガリアンハムスターにおすすめのケージの種類や広さ、多頭飼いをするときの注意点などについてご紹介します。

目次

ジャンガリアンハムスターにおすすめのケージ

Fotolia 123781675 xs

ハムスターケージにはたくさんの種類がありますが、その中でもジャンガリアンハムスターにおすすめなのは、ガラスやアクリルでできているケージです。

ガラスやアクリルのケージ

個体によって性格は異なりますが、ジャンガリアンハムスターには噛み癖のある子が多いと言われています。
そのため、頻繁に触ろうとすると噛まれてしまったり、ストレスの原因となってしまいます。

ガラスでできている水槽タイプやアクリル板のケージは透明なので、外からハムスターの様子がよくわかります。

直接触らなくてもじっくりと様子を見ることができ、丈夫で水洗いも簡単なので掃除も楽に行うことができます。

金網タイプのデメリット

金網タイプのケージは、ハムスターにあまり向いていないと言われることがあります。特にジャンガリアンハムスターのように噛み癖が出やすい子にはおすすめできません。

金網タイプのケージはハムスターが噛んでしまうケースが多く、繰り返し噛み続けることで噛み合わせが悪くなってしまう場合があります。
そうなると餌をうまく食べることができなくなってしまいます。

また、脱走しようと金網をつたって天井まで登ることもあり、落下事故の原因となってしまうので、金網タイプのケージで飼う場合は何かしらの対策が必要となる可能性があることを考慮しておくと良いでしょう。

大きさはどれくらいがいい?

Fotolia 128966793 xs

ジャンガリアンハムスターは体が小さいので、それほど大きなケージでなくても問題ありませんが、ケージはなるべく広い方が良いと言われています。

また、広いケージで飼う場合は隠れる場所を多めに用意してあげましょう。

できるだけ広い方が良い

ゴールデンハムスターなどに比べると体が小さいので、ケージの広さは幅約45cm、奥行きが約30cmほどあれば良いと言われています。

しかし、ケージは広い方が快適に過ごしやすくなります。広いケージ内を移動することで運動不足の改善になったり、ストレスの発散にもつながるので、スペースに余裕がある場合はなるべく広めのケージを用意してあげましょう。


隠れる場所を多めに用意してあげよう

広いケージを用意してあげる場合は、隠れる場所を多めに用意してあげた方が安心すると言われています。

ジャンガリアンハムスターは個体によって性格が大きく異なる場合があるので、警戒心が強い子の場合はケージ内のレイアウトを工夫したり、巣箱以外にもトンネルなどを用意してあげると良いかもしれません。

多頭飼いをする場合はケージを分けよう

Fotolia 231713593 xs

ジャンガリアンハムスターを多頭飼いする場合は、同じケージで飼ってはいけません。ケージを分ける必要があるので、多頭飼いする場合でも1ケージ1匹で飼うようにしましょう。

1ケージ1匹で飼う

ジャンガリアンハムスターは縄張り意識が強いため、同じケージに2匹以上するとケンカを始めてしまいます。
だいたい生後1〜2ヶ月くらいになると縄張り意識が強くなってくるので、ケージを分ける必要があります。

可愛らしい見た目をしていますが、同じケージで多頭飼いすると殺し合いを始めてしまうことも珍しくないので、必ず1ケージ1匹で飼うようにしましょう。

繁殖させる場合でもケージは分ける必要がある

オスメスで飼って繁殖をさせたい場合でも、最初から同じケージにするとケンカをしてしまう可能性が高いので、初めは別々のケージで飼うようにしましょう。

お見合いをさせるときは2匹をケージに入れた状態で1週間ほど行う必要があるので、同じケージに入れるのはある程度慣れさせてからとなります。

ポイント

ジャンガリアンハムスターは噛み癖が出やすいので、ガラスの水槽やアクリルケージ、プラスチックケージが良いでしょう。特に透明度が高いガラスやアクリルケージは、外からでもハムスターの様子がよく分かるのでおすすめです。

体が小さいのでそれほど広いケージは必要になりませんが、広い方が快適に過ごしやすくなるので、余裕があれば広めのケージを用意してあげましょう。広いケージでも多頭飼いには向いていないので、2匹以上で飼う場合は別々のケージに分けて飼うようにしてください。