プディングジャンガリアンはどんなハムスター?性格や体重、毛色について

プディングジャンガリアンというハムスターをご存知ですか?プディングジャンガリアンは日本でも人気が高く、広く飼われているジャンガリアンハムスターの一種で、ノーマルのジャンガリアンとは異なる毛色をしています。ここではプディングジャンガリアンハムスターの性格や体重、ノーマルとの違いなどをご紹介します。

目次

プディングジャンガリアンハムスターってどんな子?

Fotolia 58918947 xs

プディングジャンガリアンハムスターはジャンガリアンハムスターの一種で、名前の通りおやつのプディングのような黄色い毛色が特徴的なハムスターとなっています。

ジャンガリアンハムスターの一種

ジャンガリアンハムスターはドワーフハムスターという小型のハムスターの一種で、ゴールデンに次いで人気の高い種類となっています。

背中にそってが帯状の黒い模様が入るのが特徴で、様々な種類があり、プディングもその一つとなっています。

名前の通りプディングのような毛色をしている

プディングジャンガリアンハムスターは名前の通り、おやつのプディングに似た毛色をしています。

淡い黄色の毛色が可愛らしいため、ジャンガリアンハムスターの中でも人気が高い種類となっていますが、一般的なジャンガリアンと比べると流通数が少ないです。

そのため、ペットショップでも比較的珍しいハムスターとなっています。

体重や性格について

基本的に体重や体長、性格などは一般的なジャンガリアンハムスターとほとんど違いがないと言われています。

体重や体の大きさ

プディングジャンガリアンハムスターの体の大きさは、だいたい7〜13センチほどで、体重は30〜40グラムくらいとなっています。

個体によって異なる場合もありますが、一般的なジャンガリアンと体の大きさや体重はほとんど違いがありません。

おとなしい性格の子が多い

プディングジャンガリアンは、温厚でおとなしい性格の子が多いと言われています。
しかし、一般的なジャンガリアンと同じで、個体によって性格が異なるため、中には神経質な性格の子もいます。

人に慣れやすいと言われていますが、噛み癖が出ることも多く、好奇心から手や指などを噛むことがあるので、ストレスを与えないように気を付けましょう。

一般的なジャンガリアンとどう違うの?

Fotolia 33792941 xs
Fotolia 236085846 xs

プディングと一般的なジャンガリアンハムスターでは毛色が異なりますが、他にも太りやすいという特徴があり、値段もノーマルのジャンガリアンより高めで販売されていることが多いです。

太りやすい傾向がある

プディングは一般的なジャンガリアンハムスターよりも太りやすいと言われています。
そのため、ひまわりの種のようなおやつやカロリーの高い餌を与えすぎたり、運動不足になってしまうとすぐに太ってしまいます。

肥満体型になるといろいろな病気を発症しやくなってしまうので、餌の内容や運動不足には注意しましょう。

値段が高い

一般的なジャンガリアンハムスターは1,000円~1,300円くらいで販売されていますが、プディングジャンガリアンは2,000円くらいの値段で販売されています。
そのため、若干ノーマルのジャンガリアンよりも値段が高くなっています。

また、値段だけでなく人気が高くて流通数もノーマルに比べると少ないので、専門店や大型のペットショップ以外では取り扱っていない場合があります。

ポイント

一般的なノーマルのジャンガリアンハムスターは茶褐色の毛色に黒い帯状の模様が特徴的ですが、プディングジャンガリアンは全体的にプディングのような淡い毛色をしており、背中の帯模様も黄色に近い色となっています。

基本的な体重や大きさ、性格などにそれほど違いはありませんが、ノーマルに比べると太りやすい傾向があるので、与える餌の内容に気を配ったり、運動不足にならないように回し車の設置や広めのケージで飼うなどしましょう。