ジャンガリアンハムスターには種類がある?毛色の違いや特徴について

ジャンガリアンハムスターはゴールデンに次いで、人気の高い種類のハムスターとなっています。日本でも流通数が多く、広く飼われているジャンガリアンですが、実はいくつかの種類があり、それぞれ毛色が異なります。ここでは、ジャンガリアンハムスターの毛色の種類やそれぞれの特徴などを簡単にご紹介します。

目次

ジャンガリアンハムスターについて

Fotolia 123781675 xs

ジャンガリアンハムスターはドワーフハムスターの一種で、非常に人気の高い種類となっています。
体は小さいですが運動量が多いため、ペットとして飼育する場合は回し車などできちんと運動をさせる必要があります。

ドワーフハムスターの一種

ハムスターにはいろいろな種類があります。ドワーフハムスターとは、ヒメキヌゲネズミ属に分類される小型のハムスターのことで、ジャンガリアンハムスターもその一種となります。

ジャンガリアンはドワーフハムスターの中ではもっとも人気が高く、日本でも広く飼われている種類となっています。

運動量が多い

体長が7cm~13cmと、ゴールデンハムスターに比べると小柄なハムスターとなっていますが、野生では1日に3km以上の距離を走ると言われています。

見た目からは想像できないほど非常に運動量が多いため、ケージ内で飼う場合は広いケージで飼ったり、回し車を入れるなどして運動不足を改善させる必要があります。

4つの種類に分かれている

ジャンガリアンハムスターには毛色の種類が4つほどあります。

一般的によく飼われているジャンガリアンは茶褐色の毛色をしており、背中に黒色の帯模様が縦に一本入っていますが、パールホワイト、プディング、サファイアブルーなどは異なる毛色をしています。

パールホワイト

Fotolia 231713593 xs

パールホワイトは全身が白いジャンガリアンのことを指します。個体によって若干色合いが異なるので、中にはグレーっぽい毛色が顔や背中に入ることもあります。

ノーマルに比べると太りやすい、前歯が伸びやすいといった特徴があると言われているので、飼う場合はこれらの点に注意しましょう。

パールホワイトについては次の記事を参考にしてください。

ジャンガリアンのパールホワイトってどんな毛色?性格や寿命について|HANEY [ハニー]
ジャンガリアンハムスターには、パールホワイトという種類があります。ジャンガリアンにはいろいろな種類があり、それぞれ毛色が異なりますが、パールホワイトジャンガリアンは名前の通り全身の毛が白くなっています。ここではパールホワイトの性格や寿命、ノーマルジャンガリアンとの違いなどをご紹介します。

プディング

プディングは名前の通り、おやつのプディングのような毛色をしています。淡いベージュのような毛色をしており、背中の縦線模様は黄色に近い色となっています。

淡くて優しい色合いから人気の高い種類となっていますが、ノーマルに比べると流通数が少ないため、ペットショップではあまり見かけない場合があります。

プディングについては次の記事を参考にしてください。

プディングジャンガリアンはどんなハムスター?性格や体重、毛色について|HANEY [ハニー]
プディングジャンガリアンというハムスターをご存知ですか?プディングジャンガリアンは日本でも人気が高く、広く飼われているジャンガリアンハムスターの一種で、ノーマルのジャンガリアンとは異なる毛色をしています。ここではプディングジャンガリアンハムスターの性格や体重、ノーマルとの違いなどをご紹介します。

サファイアブルーハムスターについて

Fotolia 223947621 xs

ノーマルのジャンガリアンの毛色を、全体的に淡くしたサファイアブルーという種類もあります。

どんな毛色?

サファイアブルーは、ノーマルジャンガリアンの毛色と若干似ていますが、全体的に淡い毛色をしています。
そのため、体や背中の縦模様が薄くなっており、グレーに近い毛色をしていることからサファイアブルーハムスターという名前で呼ばれています。

この種類の毛色は、名前にある通りうっすらと青みがかかったグレーと表現されていますが、個体差があるため、クリーム色に近い毛色をしていることもあります。

ノーマルとの違いは?

基本的に毛色以外はノーマルのジャンガリアンと変わりません。体の大きさもノーマルと変わらず、性格もおっとりとしている個体が多いですが、噛み癖は出やすくなっています。

全体的に視力は良くない種類なので、急に触ったりせず、声をかけるなどして慣れさせてあげましょう。

ポイント

ジャンガリアンハムスターには4つの種類があり、それぞれ毛色は異なりますが、基本的な特徴は変わりません。体の大きさや性格などは個体差によって異なりますが、種類による違いはないため、飼い方が変わるということもありません。

ノーマル、パールホワイト、プディング、サファイアブルーの4種類に分けられることが多いですが、お腹の白い模様がノーマルと異なるものをインペリアルと呼んだり、白い斑点模様があるものをパイドと呼ぶこともあります。