ロボロフスキーの寿命はどれくらい?平均や長生きの秘訣について

ロボロフスキーは、ハムスターの中ではもっとも体が小さい種類の一つだと言われています。ゴールデンなどの大型の種類に比べると半分くらいの大きさしかないロボロフスキーですが、平均寿命は他の種類とそれほど変わらないと言われています。ただし、デリケートなので短命になってしまわないように注意する必要があります。ここでは、ロボロフスキーの平均寿命や長生きさせるための秘訣などを簡単にご紹介します。

目次

ロボロフスキーハムスターの平均寿命

Fotolia 233832200 xs

ハムスターには様々な種類がありますが、種類による寿命の違いはそれほどないと言われています。

ハムスターの平均寿命について

ハムスターの寿命は2年から2年半くらいが平均となっています。種類による寿命の違いはそれほどないと言われていますが、ゴールデンのような大型のハムスターの方が長く生きる傾向にあると言われることもあります。

ロボロフスキーの平均寿命は2年ほど

ロボロフスキーの平均寿命はだいたい2年ほどなので、ハムスター全体の平均寿命とそれほど違いはありません。
ただし、ハムスターの中でももっとも体が小さい種類の一つなので、ちょっとした怪我や病気が原因で亡くなってしまうこともあります。

飼い方次第では1年くらいしか生きることができない場合もあるので、他の種類に比べるとやや短命になってしまう傾向があります。

最高でどれくらい生きる?

Fotolia 233832281 xs

ロボロフスキーハムスターの寿命は基本的に他のハムスターと変わらないため、長生きした場合は3年以上生きることがあります。

ただし、デリケートな分、怪我や病気によって短命になってしまうこともあるので注意しましょう。

3年ほど生きれば長生き

ロボロフスキーに限らずハムスターは、3年ほど生きれば長生きをしたと言えます。

長生きな場合は4年以上生きることもあるため、ロボロフスキーも長生きすることができれば4年近く生きることができると思われます。

短命になってしまうことも多い

長生きすることができれば3年以上生きることもありますが、ロボロフスキーは体が小さいため、ちょっとしたことで大怪我をしてしまうことがあります。

また、警戒心の強い子が多いハムスターの中でも特に臆病な性格をしているため、ストレスを感じやすい種類となっています。

ストレスは寿命に大きく影響を及ぼす場合があるので、手に乗せたり、しつこく触るなどの過度なスキンシップは取らないようにしましょう。

長生きさせるための秘訣は?

寿命自体は他のハムスターとそれほど違いませんが、ロボロフスキーは他の種類よりも長生きさせることが難しいと言われています。

デリケートで、ハムスターの中でも特にストレスに敏感な子が多いので、長生きさせるためには怪我やストレスには気を配るようにしましょう。

怪我やストレスに気を配る

ストレスに敏感なハムスターなので、快適に過ごせるように環境を整えてあげる必要があります。
好奇心旺盛であちこち動き回ることが多いので、体は小さいですが少し広めのケージを用意してあげましょう。

ただし、2階や3階に上ることができるようなケージで飼うと、誤って落下した際に怪我をしてしまう恐れがあります。
金網タイプのケージで網をつたって高いところまで登ってしまうような場合も、落下する危険があるので注意しましょう。

スキンシップを取りすぎないようにする

ロボロフスキーは人に慣れにくいハムスターです。臆病でストレスにも弱いので、基本的に触ったり、手に乗せるなどのスキンシップを取るのには向いていない種類となっています。

過度にスキンシップを取ろうとするとストレスの原因になってしまうので、無理に触ったりケージから出したりせずにそっと見守ってあげましょう。

動物性タンパク質を多く摂る傾向がある

ロボロフスキーも他のハムスターと同じ雑食性の動物ですが、他の種類よりもやや肉食よりだと言われています。
そのため、他の種類に比べると野菜をあまり食べませんが、代わりにミルワームなどでタンパク質を多く摂取させる必要があります。

ただし、野菜は全くいらないというわけではないので、副食として少量を与えるなど栄養のバランスに気を配るようにしましょう。

ポイント

ロボロフスキーの寿命には、他のハムスターとそれほど差はありませんが、体が小さくてデリケートな分、短命になってしまうことがあります。ストレスにも弱い種類なので、ケージ内の環境や接し方には注意しましょう。

また、餌も肉食よりとなっているため、体は小さいですが、2日に1匹くらいの頻度でミルワームを食べさせた方が良いかもしれません。ただし、シニア期に入ると低タンパク質の餌の方が良いと言われているので、ハムスターの様子に合わせてバランスよく栄養を摂取させるようにしましょう。