ロボロフスキーのケージの大きさは?おすすめやレイアウトについて

ハムスターは種類ごとに必要になるケージの大きさが異なります。ロボロフスキーはゴールデンやジャンガリアンなどよりも体が小さいため、それほど大きなケージでなくても飼うことができると言われています。それでは、どれくらいの大きさのケージが必要になるのでしょうか?ここでは、ロボロフスキーに必要なケージの大きさやおすすめの種類、レイアウトなどを簡単にご紹介します。

目次

ケージの大きさはどれくらいがいい?

Fotolia 233832281 xs

ロボロフスキーはハムスターの中でも最も小さいハムスターなので、それほど大きなケージは必要ありませんが、活発で運動量は意外と多いので、余裕があればなるべく広いケージを用意してあげましょう。

幅約45cm、奥行きが約30cmほどあれば良い

ロボロフスキーはドワーフハムスターの中で最も小さい種類なので、大きなケージでなくても飼育することができます。

しかし、小さな体の割には好奇心が旺盛で運動量も多いので、ジャンガリアン用の幅約45cm、奥行きが約30cmくらいの大きさのものを用意してあげましょう。

なるべく広い方が良い

運動量が意外と多いため、ケージは広い方が運動不足になりにくくなります。運動不足はストレスの原因にもなるので、余裕があればなるべく広いケージで飼ってあげましょう。

また、1つのケージで多頭飼いをすることができる種類なので、数匹で飼う場合は広いケージを用意してあげる必要があります。

ロボロフスキーにおすすめのケージ

Fotolia 202086843 xs

ロボロフスキーを飼う場合は、ガラスやアクリルでできているケージがおすすめです。中でも爬虫類用のケージが飼育に向いています。

ガラスやアクリルケージが良い

ロボロフスキーは警戒心が強く非常に臆病な性格をしているため、人にはほとんど慣れません。
頻繁になでたり、手に乗せたりするとストレスの原因となってしまうので、鑑賞目的で飼うことが一般的となっています。

そのため、透明度が高く外からハムスターの様子を見ることができる、ガラスやアクリル板が使われているケージがおすすめです。

爬虫類用のケージがおすすめ

野生では上から天敵に襲われることが多かったため、ロボロフスキーは上から手を伸ばしたり、触ろうとすると怖がってパニックになってしまうことがあります。

爬虫類用のケージはガラスやアクリル板でできており、側面が開くようになっているので、掃除をするときなどにロボロフスキーを怖がらせるのを防ぐことができます。

ケージのレイアウトについて

Fotolia 18209009 xs

ストレスに敏感な傾向があるので、巣箱の設置場所には気を配る必要があります。また、背が低いので、飼育用品を設置する高さにも注意しましょう。

巣箱の設置場所について

臆病な性格な子が多いハムスターの中でも、ロボロフスキーは特に臆病で警戒心の強い子が多いので、巣箱の設置場所には気を配る必要があります。

側面に出入り口がある場合はなるべく出入り口から遠い奥の方に設置してあげたり、ケージの角の方に設置するようにしましょう。

飼育用品を設置する高さに気を付けよう

ロボロフスキーは非常に小さいハムスターなので、高い場所に給水ボトルや回し車などの飼育用品を設置すると体に負担がかかりやすくなってしまいます。

餌入れの容器も低くしてあげると容器の中に入って餌を食べることがなくなるため、体が餌で汚れることなく食べさせられるようになります。

ポイント

ロボロフスキーは、ドワーフハムスターの中でも最も小さい種類となっていますが、好奇心旺盛で運動量も多いため、ケージはジャンガリアンを飼うときと同じくらいの大きさのものを用意してあげましょう。

触ったり手に乗せたりするのではなく、観賞用として飼うことが一般的なので、ガラスやアクリルなどの透明度の高いタイプのケージがおすすめです。

また、臆病な性格をしている子が多いので、寝床はケージの出入り口から離れたところに設置するなど、少しでも安心できる環境を整えてあげましょう。