キャンベルハムスターの性格や特徴は?あまりなつかないと言われる理由は?

キャンベルハムスターはジャンガリアンなどと同じドワーフハムスターの一種なので、比較的体が小さいハムスターです。ゴールデンやジャンガリアンなどに比べるとあまり知られていない種類となっていますが、どのような性格をしているのでしょうか?ここでは、キャンベルハムスターの性格や特徴、あまりなつかないと言われる理由などをご紹介します。

目次

キャンベルってどんなハムスター?

Fotolia 128966793 xs

キャンベルはドワーフハムスターの一種なので、比較的体のサイズが小さいハムスターとなっています。

また、同じドワーフハムスターであるジャンガリアンとよく似た見た目をしているのも特徴の一つです。

ドワーフハムスターの一種

ハムスターにはたくさんの種類がありますが、その中でも主にヒメキヌゲネズミ属に分類されている小型のハムスターのことをドワーフハムスターといいます。

人気の高いジャンガリアンやキャンベルもその一種となっていますが、ドワーフには小さいという意味があるため、ヒメキヌゲネズミ属に分類されていないチャイニーズハムスターもドワーフハムスターと呼ばれることがあります。

ジャンガリアンとよく似ていると言われることも

キャンベルとジャンガリアンの見た目は良く似ていると言われることがありますが、模様や体の大きさなどが異なります。
キャンベルの方がジャンガリアンよりも体が大きく、尻尾も太くなっています。

また、背中に入っている黒い縦模様がジャンガリアンよりも細くなっており、毛色の種類なども異なります。

ジャンガリアンとキャンベルの違いについては次の記事を参考にしてください。

どんな性格をしているの?

Fotolia 138943209 xs

キャンベルハムスターは一般的に、気が強い性格の子が多いと言われています。ただし、攻撃的で凶暴なわけではなく、基本的には臆病な性格をしています。

気の強い子が多い

一般的に気の強い性格をしている子が多いと言われています。そのため、同じケージで2匹以上を一緒に飼育するとケンカをしてしまうことがありますが、メスの中には縄張り意識が強くない子もいます。

ゴールデンよりも多頭飼いをさせやすいとされているため、相性が良ければ同じケージで生活させることができる場合もあります。

基本的には臆病な性格をしている

気は強いですが、臆病な性格をしている一面もあります。そのため、ちょっとした物音に驚いたり、新しい環境に慣れるまでに時間がかかる場合があります。

急に触ろうとすると怖がってしまうことも多いので、なるべくストレスをかけさせないように気を付けましょう。

人にはなつきにくい?

Fotolia 139868170 xs

気が強く臆病な性格から、ハムスターの中でもあまり人になつかない方だと言われることがあります。
噛み癖が出やすいと言われることもあるので、少しでも早く環境に慣れさせることが大切です。

噛み癖が出やすいと言われることも

気が強くて臆病な性格をしているため、キャンベルは比較的噛み癖が出やすい種類だと言われています。
攻撃的で凶暴な性格をしているわけではありませんが、臆病な性格なので飼い始めた頃は手や指を噛まれる場合があります。

慣れていない状態で無理に触ろうとすると怖がって噛むことが多いので、無理に触らないようにしましょう。

環境に慣れさせることが大切

気が強くて臆病なキャンベルですが、ケージ内の環境に慣れると徐々に大人しい性格になっていくと言われています。

性格は個体差によって異なるので一概には言えませんが、環境に慣れせることができれば人になつく場合もあります。
そのため、なるべくストレスをかけさせないようにゆっくりと時間をかけて慣れさせていきましょう。

ポイント

キャンベルは気の強い性格をしていますが、とても臆病なハムスターでもあります。そのため、なつくまでに時間がかかり、手や指を噛まれることがあります。しかし、個体によっては環境に慣れることでおとなしくなる場合もあるので、ゆっくり慣れさせていくことが大切です。

また、ゴールデンなどに比べると縄張り意識が強くない個体もいるので、同じケージで多頭飼いをできる場合があります。ただし、相性が悪いと死なせてしまう危険もあるので、多頭飼いには十分に注意しましょう。