キャンベルハムスターの目が赤い理由は?アルビノや黒目の違いって何?

出典:www.asadachojutrading.jp

キャンベルハムスターは非常に毛色のバリエーションが多いハムスターですが、毛色だけでなく目の色もそれぞれ異なります。通常、ハムスターは黒い目をしていますが、キャンベルの中にはアルビノのような赤目をしている子もいます。ここでは、キャンベルハムスターの赤目の理由や、アルビノとの関係、黒目との違いなどについて見ていきましょう。

目次

赤目のキャンベルハムスターについて

20100519 lutinodjangarian

出典:www.asadachojutrading.jp

キャンベルハムスターは毛色によっては赤い目をしていることがあります。赤目になるのにはどのような理由があるのでしょうか?

毛色によって赤い目をしている

アルビノのハムスターは赤目になりますが、キャンベルはアルビノ以外でも目が赤くなります。

ノーマルをはじめ、ほとんどは黒い目をしていますが、イエロー、ブルーフォーン、ライラックなどの毛色はウサギのような赤目となっています。

赤目になる理由は?

アルビノなどに多く見られる赤目ですが、赤い色をしていることには目の色素が関係しています。

アルビノのように目の色素が極端に薄かったり、色素ができない場合、血液の色がそのまま目の色として反映されます。
イエロー、ブルーフォーン、ライラックなどはアルビノではありませんが、目の色素が薄いため赤目となっています。

アルビノとの関係は?

20100603 redeyedjangarian

出典:www.asadachojutrading.jp

アルビノの動物は赤い目をしています。そのため、赤目=アルビノと思われることもありますが、キャンベルの場合は必ずしも赤目=アルビノというわけではありません。

アルビノについて

アルビノとは、正常にメラニン色素を作ることができない遺伝子疾患を持っている動物のことをいいます。

メラニン色素は皮膚や毛などにある黒い色をした色素の総称のことで、メラニンが欠乏すると肌や毛が白くなり、目の色素もできないため、毛細血管が透けて赤い目をしているように見えます。

赤目=アルビノというわけではない

赤目をしているからといって、必ずしもアルビノであるというわけではありません。
アルビノはメラニン色素を正常に作り出すことができませんが、キャンベルのイエロー、ブルーフォーン、ライラックなどには色素があります。

ただし、目の色素が非常に薄くなっているため、アルビノと同じような赤目となっています。

黒目との違いは?

20100623 browndjangarianhamster

出典:www.asadachojutrading.jp

赤目と黒目があるキャンベルハムスターですが、実は赤目と黒目には色以外にも違いがあります。また、赤目と黒目の間のような色をしていることもあり、その場合は葡萄色と表現されることがあります。

視力がほとんどない

黒目と違って赤目をしている個体は視力がほとんどないと言われています。これはアルビノと同じで、網膜や虹彩の色素が極端に少ないため視力がほとんど見えない状態となっています。

ただし、ハムスターはもともと視力があまり良くない動物で、代わりに嗅覚が発達しているため、飼い方にはほとんど影響することはないと思われます。

葡萄色の目をしている個体も

赤目と黒目以外にも、赤目と黒目の中間色のような目の色をしていることがあります。これは葡萄色と表現されることがあり、名前の通り葡萄に近い色をしていることもあれば、よく見ると若干赤目が入っているように見えるものなど様々です。

イエロー、ブルーフォーン、ライラックなどは基本的に赤い目をしていますが、色素が全くないわけではないので、アルビノほど目が赤いわけではなく、葡萄色に近い色をしていることもあります。

ポイント

毛色の種類が多いキャンベルハムスターは、色素の関係で目の色が赤い個体が存在します。イエロー、ブルーフォーン、ライラックなどは色素の関係で赤い目をしていることがありますが、これらはアルビノとは異なります。

目の赤みには個体差があり、葡萄のような色をしていることもあれば、ほとんど黒に近い子もいます。そのため、キャンベルハムスターを飼う場合は目の色にも注目してみてください。