キンクマハムスターのケージ大きさは?おすすめやレイアウトについて

ハムスターは種類ごとに体の大きさが異なるため、必要になるケージの大きさや広さが違ってきます。キンクマはハムスターの中でも体が大きい種類になりますが、ケージはどれくらいの大きさのものが必要になるのでしょうか?ここでは、キンクマハムスターのケージの大きさやおすすめの種類、ケージ内のレイアウトなどをご紹介します。

目次

ケージの大きさについて

Fotolia 62586602 xs

ケージを選ぶ際は広さや大きさがとても重要になります。キンクマはハムスターの中でも体が大きい種類なので、なるべく大きくて広いものを用意してあげましょう。

キンクマに適したケージの広さ

キンクマはゴールデンハムスターを品種改良した種類となるため、比較的体が大きいハムスターとなります。
そのため、だいたい幅60cm、奥行き45cmくらいの広さがあるケージを用意してあげましょう。

ジャンガリアンなどの小型のハムスターを飼う際に使用する、幅30〜40cm、奥行き25〜30cmくらいの小さなケージで飼うと窮屈に感じてしまう可能性があるので注意しましょう。

なるべく広いものを用意してあげよう

キンクマは縄張り意識が強いハムスターなので、広いケージで飼ってあげた方が快適に過ごすことができると言われています。そのため、なるべく広いケージを用意してあげた方がストレスを溜めにくくなります。

ただし、2階、3階と縦に大きくなっているタイプは落下して怪我をしてしまう恐れがあります。また、広すぎると掃除が大変になる場合もあるので、きちんと手入れができる範囲で飼うようにしましょう。

キンクマハムスターにおすすめのケージ

Fotolia 62760957 xs

ケージには様々な種類がありますが、キンクマにはガラスやアクリルタイプのケージがおすすめです。
反対に、金網タイプのケージはキンクマの飼育にはあまり適していません。

金網タイプはあまり向いていない

金網タイプのケージはハムスターが金網を噛んでしまうことがあります。
キンクマハムスターは噛む力が強いため、繰り返し金網を噛むことで噛み合わせが悪くなり、餌をうまく食べることができなくなってしまいます。

また、力が強いため、金網を使って天井まで登ることがあり、落下することで怪我をしてしまう恐れがあるので、金網タイプのケージはあまりおすすめできません。

ガラスやアクリルケージがおすすめ

ガラスやアクリルのケージは壁を噛んだり、天井までよじ登ることができません。そのため、キンクマにとっても安全なケージとなります。

掃除も簡単で、外からでもハムスターの様子がよく分かるためおすすめのケージとなりますが、出入り口が天井についているものが多いので、回し車や給水ボトルの上によじ登ることで脱走してしまわないように注意する必要があります。

ケージ内のレイアウトについて

Fotolia 69865577 xs

ケージ内のレイアウトについての決まりは特にありませんが、一般的にトイレと巣箱は近い場所に置かない方が良いとされています。

また、巣箱は隅に置いた方がハムスターが安心して利用しやすくなります。

トイレと巣箱は離す

キンクマは決まった場所でトイレをするハムスターなので、トイレ砂を入れた容器を用意してあげるとその場所でおしっこをするようになります。

しかし、寝床に近い場所でトイレをするのを嫌う傾向があるため、トイレと巣箱はなるべく離して置いてあげましょう。

巣箱は隅に置いた方が良い

ケージ内に巣箱を用意してあげても、落ち着いて過ごせる場所でなければ中に入ろうとしない場合があります。そのため、少しでも安心できるように巣箱は隅の方に設置してあげましょう。

出入り口がケージの側面についている場合は、なるべく出入り口から遠い奥の方に巣箱を置いてあげると良いでしょう。

ポイント

キンクマハムスターは比較的体が大きい種類なので、ケージも広めのものを用意してあげましょう。また、噛む力が強いので、金網タイプよりもガラスやアクリルケージの方が安全に飼うことができます。

特に広いケージを用意する場合は、掃除が楽なガラスやアクリルの方が飼いやすいのでおすすめです。