キンクマハムスターの寿命はどれくらい?長生きさせる方法は?

キンクマはハムスターの中では体が大きな種類なので、比較的長生きしやすいと言われることがあります。色違いのゴールデンハムスターとして人気があるキンクマハムスターですが、平均寿命はどれくらいなのでしょうか?ここでは、キンクマハムスターの寿命や長生きさせるための秘訣などを簡単にご紹介します。

目次

キンクマハムスターの寿命について

Fotolia 91225665 xs

キンクマハムスターの平均寿命は、だいたい2〜3年ほどだと言われています。しかし、長生きする個体の場合は4年近く生きる子もいるそうです。

寿命は2〜3年ほど

キンクマの寿命はだいたい2〜3年となっています。これはハムスターの中でも平均的な寿命ですが、ハムスターは病気や怪我などが原因で短命になってしまうこともあるので、飼い方がとても重要になります。

また、個体差にもよりますが、メスの方がストレスに強い子が多いため、若干長生きする傾向にあると言われることもあります。

4年近く生きる場合も

長生きな場合は4年近く生きることもあるそうです。ハムスターの寿命のギネス記録では4年半となっているため、怪我や病気をすることなく健康に過ごすことができれば平均よりも長く生きられる可能性があります。

ハムスターの中では長生きさせやすい?

Fotolia 62586602 xs

ハムスターには、種類による寿命の違いはそれほどないと言われていますが、体が大きくて丈夫な子が多いキンクマは、小型のドワーフハムスターよりも若干長生きする傾向があります。

体が大きくて丈夫

キンクマハムスターはジャンガリアンなどのドワーフハムスターに比べると、体の大きさが2倍近くあります。

比較的体が大きい種類で体が丈夫な子が多いため、ハムスターの中では怪我や病気に強い種類となっています。

小型のハムスターよりも若干長生きする

キンクマは体が大きくて丈夫な分、小型のハムスターよりも若干長生きさせやすいと言われています。

ただし、ストレスには敏感な子が多いので注意が必要です。また、太りやすいので、肥満になることで体調を崩してしまわないように注意しましょう。

長寿の秘訣について

Fotolia 62760957 xs

少しでも長生きさせるためには、ストレスに気を配ってあげましょう。また、肥満は病気や怪我の原因となることがあるので、太りすぎないようにする必要があります。

ストレスに気を付ける

体が丈夫な子が多いキンクマですが、ジャンガリアンに比べるとストレスに敏感な傾向があると言われています。そのため、ケージ内の環境や巣箱の場所などには十分に気を配ってあげましょう。

一般的に人に慣れやすく温厚な性格をしていますが、必要以上にスキンシップを取ったり、強引に触ろうとすると強いストレスを感じてしまう恐れがあります。

特に飼い始めはとても敏感になっているので、怖がらせないように時間をかけて慣れさせていきましょう。

肥満にならないように注意する

キンクマは運動量が多い種類なので、きちんと運動をさせないと肥満やストレスの原因となってしまいます。

ストレスが肥満の原因となることもあるので、なるべく広いケージで飼ったり、回し車を設置して運動不足を解消してあげましょう。

他にも、おやつの与えすぎは肥満の原因となるので、カロリーが高いものは毎日食べさせないようにするなど栄養バランスには気を付けましょう。

脱走に注意する

キンクマは体が大きくて力が強いため、金網をよじ登ったり、扉を持ち上げることで脱走することがあります。

他にも、回し車や給水ボトルの上に登ることでケージから出てしまうこともあるので注意しましょう。

ポイント

キンクマの平均寿命はだいたい2〜3年ほどとなっています。ハムスターの中では平均的な寿命ですが、体が丈夫なため、若干長生きさせやすいと言われています。

ただし、ストレスを溜め込んでしまうと体調を崩したり、金網をよじ登ることで誤って落下してしまうこともあるので、少しでも長生きさせるためにもケージ内の環境には気を配るようにしましょう。