チャイニーズハムスターの寿命はどれくらい?長生きさせるために気を付けることは?

出典:www.asadachojutrading.jp

ネズミのような長いしっぽが特徴的なチャイニーズハムスターは木登りが得意な種類です。高い場所を登りたがる習性があるので、長生きさせるためには怪我などに注意する必要があります。ここでは、チャイニーズハムスターの平均寿命や他のハムスターとの比較、長生きさせるために気を付けることなどをご紹介します。

目次

まずはチャイニーズハムスターの寿命について

Fotolia 30890417 xs

チャイニーズハムスターの寿命はだいたい2〜3年ほどとなっています。これはハムスターの中では平均的な寿命となります。

寿命は2〜3年ほど

チャイニーズハムスターの平均寿命はだいたい2〜3年くらいだと言われています。そのため、3年以上生きることができれば十分長生きだと言えますが、寿命は個体差や飼い方などによって異なるので、中には4年近く生きる子もいます。

ハムスターの平均寿命について

ハムスター全体の平均寿命もだいたい2〜3年くらいとなっています。

ハムスターには種類による寿命の違いはほとんどありませんが、ゴールデンなどの大型ハムスターには体の丈夫な子が多いため、チャイニーズハムスターのような体の小さい種類よりも長生きさせやすいと言われることもあります。

長生きさせるためには?

9443 small

出典:pororoca-ashigara.com

長生きさせるためには肥満を防ぎ、ストレスを溜めさせないようにする必要があります。そのため、運動不足にならないようにしましょう。

また、餌の内容に気を配り、栄養バランスの良い餌を与えることも大切です。

運動不足にならないようにする

チャイニーズハムスターは運動量の多い種類なので、運動不足にならないように気を付ける必要があります。
それほど体が大きくないので、比較的小さなケージで飼うことができますが、狭すぎると運動不足になり、ストレスや肥満の原因となる場合があります。

そのため、なるべく広めのケージで飼い、回し車などの遊具を用意することで運動不足にならないようにしましょう。

栄養バランスの良い餌を与える

与える餌の内容によっては栄養が偏ってしまったり、肥満になってしまうことがあります。
他のハムスターと同じ雑食性の動物なので、ペレットを主食として与え、副食に野菜を食べさせるようにしましょう。

また、動物性のタンパク質も必要となるので、ミルワームなどもときどき与えると栄養のバランスが良くなります。

特に怪我には注意しよう

10137 small

出典:pororoca-ashigara.com

チャイニーズハムスターは木登りが得意なので、高い場所に登ろうとする習性があります。高い場所から落下してしまうと怪我をする危険があるので、怪我には注意してあげましょう。

落下事故に注意しよう

木登りが得意なため、少しでも登れる場所があると高い場所まで上がってしまうことがあります。
他のハムスターよりも高所でバランスをうまくとることができますが、誤って落下してしまうこともあるので注意しなければなりません。

なるべく金網タイプのケージは避け、高い場所から落ちたときの衝撃をやわらげるために柔らかい床材を厚めに敷いておきましょう。

脱走に気を付ける

高い場所に登ることで脱走をしてしまう危険があります。そのため、ケージは蓋が付いているものを選ぶか、金網などに重りを乗せて蓋をしておくようにしましょう。

ガラスケージなら上に登ることができないと思って油断していると、給水ボトルや回し車などを登って天井からケージの外に出てしまうことがあるので注意してください。

ポイント

チャイニーズハムスターの寿命は2〜3年ほどなので、ハムスターの中でも平均的な寿命となっています。しかし、ハムスターの寿命は個体差や飼い方によって大きく異なるため、怪我や病気が多くなると短命になってしまうことがあります。そのため、少しでも長生きさせるためには落下事故や肥満などに気を付けるようにしましょう。