ハムスターの歯が折れる原因は?対策や治療法について

ハムスターの歯は、硬いものを噛んだときに折れてしまうことがあります。歯が折れると餌をうまく食べられなくなったり、噛み合わせが悪くなることでいろいろな問題を引き起こすことがあるので注意しなければなりません。ここでは、ハムスターの歯が折れる原因や対策、折れたときの治療法などをご紹介します。

目次

ハムスターの歯が折れる原因は?

Fotolia 206355270 xs

ハムスターは硬いものを噛み続けることで歯が折れることがあります。特に、金網ケージで飼っている場合は檻を噛むことで歯が折れる場合があるので注意しましょう。

硬いものを噛む

ハムスターの歯は常に伸び続けているため、何か硬いものを噛むことで前歯の長さを調節する必要があります。

そのため、硬いものを噛むことが大好きですが、硬すぎる物を強く噛み続けることで前歯が折れてしまう場合があります。

金網を噛む場合は注意が必要

歯が折れる原因で特に多いのが、ケージの金網です。ストレスが溜まっていたり、ケージの外に出たいと思っていると、繰り返し金網を噛むようになることがあります。

特にゴールデンハムスターのような噛む力が強い種類は、金網を噛む歯が折れてしまうことが多いので注意しましょう。

金網を噛む理由については次の記事を参考にしてください。

ハムスターがケージを噛むときの対策方法は?かじる原因や登る理由について|HANEY [ハニー]
ハムスターがケージの檻を噛む場合や上に登ってしまう場合は、きちんと対策をとる必要があります。ケージを登ったりかじるのを放置しておくと怪我をしてしまったり、歯の噛み合わせが悪くなってしまう恐れがあるので、原因を特定してやめさせましょう。ここではハムスターがケージを噛んだり、上に登る原因とその対策方法をご紹介します。

どんな対策をすればいい?

Fotolia 233599167 xs

歯が折れる原因となる噛み癖を防ぐためには、ストレスを溜めさせないようにする必要があります。
また、ケージはなるべく金網以外のものを使った方が良いでしょう。

ストレスを溜めさせない

ハムスターはストレスを溜め込むと噛み癖が出やすくなってしまいます。ストレスを溜めさせないためには、快適に過ごせるようにケージ内の環境を整えたり、運動不足にならないようにする必要があります。

そのため、寝床を用意したり、きちんと掃除するなどして少しでも快適で安心して過ごせる環境を整えてあげましょう。
また、回し車を用意したり、なるべく広めのケージで飼うことで運動不足を予防するのもおすすめです。

金網ケージで飼わないようにする

金網タイプのケージで飼うと、金網を噛むことで噛み合わせが悪くなる不正咬合を引き起こしたり、天井までよじ登るため落下事故を引き起こしてしまう恐れがあります。

強く金網を噛むことで歯が折れる原因になることもあるので、壁が平らになっているガラスのケージやアクリルのケージがおすすめです。

歯を治療する方法について

Fotolia 128966793 xs

ハムスターの歯は伸び続けているため、折れても自然と元通りになります。ただし、折れた歯が口の中に刺さっていたり、左右で長さが違うことで不正咬合を引き起こす場合があるので、そのような様子が見られた場合はすぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

ハムスターの歯は自然に伸びる

ハムスターの歯は常に伸び続けているため、歯が折れてしまった場合でも、時間が経てば元に戻ります。
そのため、特別な治療を行わなくても時間が経てば治りますが、歯が折れているため、しばらくは餌が食べにくくなってしまうことがあります。

餌が食べにくくなることで栄養が不足してしまう恐れもあるので、ペレットを少し砕いてあげたり、柔らかいものを食べさせるなどの対策をしましょう。

カットが必要になる場合も

歯が折れることで噛み合わせが悪くなると、餌が食べられなくなったり、上下の歯のバランスが悪くなることで伸びた歯が口の中に刺さってしまうことがあります。

歯の状態によっては歯のカットが必要になる場合もあるので、歯が折れた場合は一度病院へ連れて行くことで検査を受けさせるようにしましょう。

ポイント

ハムスターの歯は、金網などの硬いものを繰り返し噛むと折れてしまうことがあります。歯が折れることを防ぐためには、なるべくストレスを溜めさせないようにしたり、金網を噛まないように対策を取る必要があります。

歯は折れても時間が経てば元に戻りますが、噛み合わせが悪くなると餌がうまく食べられなくなったり、上下の長さが変わることで不規則に伸びた歯が口の中を傷つけてしまうことがあります。

そのため、歯が折れている場合は一度、病院へ連れて行って獣医さんに診てもらうようにしましょう。