ハムスターが噛む理由とは?やめさせるにはどうすればいいの?

ハムスターはときどき人の指や手を噛むことがあります。体は小さいですが、本気で噛まれると血が出てしまうこともあるので注意が必要です。また、人の手だけでなく、ケージや巣箱などを噛むこともありますが、ハムスターはどうしていろいろなもの噛もうとするのでしょうか?ここでは、ハムスターが噛む理由や噛むことをやめさせる方法などについてご紹介します。

目次

ハムスターが噛むのはどうして?

Fotolia 138943209 xs

ハムスターはいろいろな理由で人の手や指を噛むことがあります。そのため、ハムスターの様子を見てどうして噛むのかを判断しましょう。

興味本位で噛んでいる

ハムスターは好奇心旺盛なので、知らないものがあるととりあえず噛もうとします。噛む際に味やにおいを調べてそれが何なのかを確認しています。

この場合は餌ではないと判断するとすぐに噛むのをやめるため、そこまで本気で噛むことはありません。
しかし、噛むことに快感を覚えるようになってしまうと、遊びでいろいろなものを噛むようになることもあります。

怖がっている

ハムスターはとても臆病な性格の動物です。そのため、急に体に触ろうとしたり、慣れていない状態で捕まえようとすると怖がって噛む場合があります。

特に逃げ道がある場合は抵抗しようとして本気で噛む場合があるので注意しましょう。

餌と間違えている

手渡しで餌を与えようとすると、餌と間違えて手や指を噛んでしまうことがあります。怖がっている場合は慌てて餌を食べようとして間違って指を噛んでしまいます。

餌ではないと分かるとすぐに離すためそれほど本気で噛むことはありませんが、動物性のタンパク質が不足していると、指についたにおいから餌と勘違いして強く噛まれてしまう場合もあるそうです。

怒っている

ケージや巣箱の掃除をしようと手を伸ばしたときや、ハムスター同士がケンカしているときに止めようとして手を出すと怒って噛まれてしまうことがあります。

ハムスターは縄張り意識が強い動物なので、ケージや巣箱を触ろうとすると縄張りを荒らされると思って噛もうとします。

ケージや巣箱などを噛む理由は?

Fotolia 233599167 xs

飼い主さんの手以外にも、ケージや巣箱などを噛むことがあります。これらはストレスが原因となっていることが多いですが、稀にハムスターが飼い主さんに要求するためにケージを噛んでいるケースもあります。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まるとケージや巣箱などを噛むようになります。主にケージ内の環境に不満があり、安心できない状態が続くとストレスが溜まってしまいます。

他にも、運動不足になっている場合やケージ内の居心地が悪くて脱走しようとしている場合でも、同じようにケージの檻を噛むようになります。

飼い主さんに要求している

餌や散歩を要求するためにケージを噛むこともあります。ケージをガシガシと噛むからといってケージ越しに餌を与えてしまうと、ケージを噛めば餌がもらえると記憶してしまいます。

また、ハムスターには縄張りの見回りを行う習性があるため、散歩の時間になると外に出たくてケージを噛む子もいます。
ゴールデンハムスターなどは縄張りが広いため、ケージの外まで自分の縄張りだと認識していることが多いので、1日1回は散歩に出してあげましょう。

やめさせる方法はある?

Fotolia 91225665 xs

ハムスターの噛み癖をしつけでやめさせることはできません。そのため、どういう理由で噛んでいるのかを把握して対策を取る必要があります。

原因を解決する

ハムスターが手やケージなどを噛む場合は、その原因を特定して解決する必要があります。

手を噛む場合は、飼い主さんに慣れていないため怖がっていたり、縄張りを荒らされると思っている場合が多いので、おやつを与えて慣れさせたり、なるべく短い時間で掃除をすませるようにしましょう。

掃除後に好物のおやつを与えてみたり、ケージ全体を掃除する際には散歩のタイミングやハムスターのにおいがついている巣箱を別のケースに移してから行うのも効果的です。

ストレスを溜めさせない

ストレスが溜まるとケージを噛みやすくなってしまいます。回し車や散歩によって運動不足を解消させたり、巣箱の置き場所や形などの飼育環境を見直しましょう。

特に、巣箱に入ろうとしない場合は、ストレスが溜まっていることが多いので注意してください。

巣箱に入らない理由については次の記事を参考にしてください。

ハムスターが巣箱に入らないのはなぜ?原因や対策方法について|HANEY [ハニー]
ケージの中に巣箱を設置しているのに、ハムスターが中に入らないということはありませんか?本来ハムスターは巣箱の中など、狭いところに入り込むことを好む傾向にありますが、せっかく巣箱を用意しているのに中に入ろうとしないとこともあります。ここでは、ハムスターが巣箱に入らない原因や対策方法についてご紹介します。

ポイント

ハムスターはいろいろな理由で人の手やケージを噛むことがありますが、ほとんどの場合は好奇心や恐怖心によるものです。好奇心で噛む場合は噛むことで何なのかを調べているだけなので、そこまで本気で噛むことはありませんが、怖がっていたり、警戒している場合は本気で噛まれてしまうことがあります。

しつけによってやめさせることは難しいので、噛まれない状況を作るようにしましょう。ケージの檻を噛む場合は金網ケージから他のケージに移したり、内側にプラスチックのプレートなどを入れることで噛むのを防ぐことができますが、ストレスが原因の場合は根本的な解決にはならないので飼育環境を見直すことが大切です。