ハムスターが仰向けで寝るのはなぜ?ピクピクと震えているのは何かの病気?

ハムスターが仰向けで寝ているのを見たことはありませんか?通常、ハムスターのような警戒心が強い動物は滅多に仰向けになってお腹を見せることはありません。寝るときでもすぐに動けるように、小さくなって寝ていることがほとんどですが、稀に仰向けになることがあります。ハムスターが仰向けになる理由や注意点などについて見ていきましょう。

目次

ハムスターが仰向けになる理由は?

Fotolia 227723881 xs

ハムスターが仰向けになって寝ている場合は、暑くて熱を逃がそうとしている可能性があります。ハムスターは暑さに弱い動物なので夏などは特に注意が必要です。

暑くて仰向けになっている

ハムスターは警戒心が強い動物なので、お腹を見せて寝ることはほとんどありませんが、ケージ内が暑くなると熱を逃がそうとして仰向けになることがあります。

トイレ砂や砂浴び容器の上で仰向けになって寝転がることで少しでも体を冷やそうとしています。

ハムスターは暑さに弱い

ハムスターは暑さに弱い動物です。仰向けになっている場合は暑いと感じていることが多いので、快適に過ごせるようにケージ内を涼しくしてあげる必要があります。

ハムスターは25度前後が適温だと言われているので、仰向けになって暑そうにしている場合は、エアコンを使って部屋の温度を調節したり、ケージの上にタオルを巻いた保冷剤や凍らしたペットボトルを置くなどして涼しくしてあげましょう。

リラックスしているだけの場合も

Fotolia 231713593 xs

ごく稀に、リラックスしているときにも仰向けで寝ることがあります。特別暑くないのに仰向けになって寝ている場合は、安心してリラックスしているのかもしれません。

リラックスして仰向けになる

他の動物と同じように、リラックスしているときにも仰向けになって寝ることがあります。

ハムスターは警戒心が強い動物なので、リラックスして仰向けになることはほとんどありませんが、ケージ内が安心できる環境でストレスもなく、飼い主さんにもよく慣れているような場合はごく稀ですが、リラックスして仰向けに眠ることがあります。

苦しそうな場合は病気の可能性も

特に暑いわけでもないのに仰向けになって寝ている場合は、リラックスしているだけの場合もありますが、何らかの病気が原因となっている可能性もあります。

苦しそうに仰向けになっている場合は、どこか怪我をしているか、何らかの病気が原因となっている可能性があるので注意しましょう。

ピクピクと震えているけど大丈夫?

Fotolia 128966793 xs

ハムスターが寝ているときにピクピクと震えているところを見たことはありませんか?体調不良や何かの病気かもしれないと心配になる人もいると思われますが、ハムスターは病気でなくても寝ているときにピクピクと震えることがあります。

病気でなくてもピクピクと震えることがある

ハムスターはよく寝ているときにピクピクと震えることがありますが、これは寝相のようなものなので特に心配はありません。

ハムスターは人間よりも睡眠が浅いため、ピクピクと震えることがよくあります。人間とは睡眠のサイクルが異なるため、睡眠中に鳴き声をあげて寝言を言うこともあるそうです。

ハムスターの睡眠については次の記事を参考にしてください。

ハムスターは何時間くらい寝るの?寝言を言うこともあるって本当?|HANEY [ハニー]
昼間にケージを見ると、ハムスターが寝ているということはありませんか?ハムスターは1日のほとんどを寝て過ごしているように感じますが、1日にどれくらいの時間寝るのでしょうか?また、人間と同じように寝ているときに寝言を言うことはあるのでしょうか?ここでは、ハムスターの睡眠時間や、人間の睡眠サイクルとの違いなどをご紹介します。

てんかんの可能性もある?

寝ているときにピクピクと震えることが多いハムスターですが、ごく稀にてんかんという病気が原因となっているケースもあります。てんかんとは、ときどき発作が起きて体が痙攣したり、硬直してしまう病気のことです。

脳の腫瘍以外にもストレスや何らかの中毒が原因で発症することもある病気なので、明らかに様子がおかしい場合は病院で検査を受けさせましょう。

ポイント

ハムスターは暑さを感じているときやリラックスしているとき、体調が悪いときなどに仰向けになることがあります。特に暑さを感じているときは仰向けになることが多いので、部屋の温度やケージ内の温度に気を配りましょう。

特に暑くないのに仰向けになっているときはリラックスしているだけという場合もありますが、怪我や病気が原因となっている可能性もあるので、他に異変がないか見てあげてください。