ハムスターには寒さ対策が必要?カイロでも効果はあるの?

ハムスターは寒さに弱い動物なので、ケージ内の温度が下がると体調を崩しやすくなってしまいます。そのため、何らかの対策が必要となる場合がありますが、どのような寒さ対策が効果的なのでしょうか?ここでは、ハムスターのいろいろな寒さ対策やカイロ、湯たんぽの効果などをご紹介します。

目次

ハムスターは寒さに弱い動物

Fotolia 202086843 xs

ハムスターの適温は20〜25度くらいとなっています。15度を下回るくらい寒くなってしまうと、冬眠してしまうこともあるので注意しなければいけません。

15度を下回ると冬眠することも

ハムスターは気温が15度を下回ると冬眠してしまうことがあります。正確には疑似冬眠と呼ばれており、冬眠というよりも低体温症に近い状態となるため非常に危険です。

発症するとそのまま死んでしまうことも珍しくないので、冬場は何らかの寒さ対策を取ることで疑似冬眠を防がなければいけません。

エアコンやストーブがあれば必要ない?

飼い主さんがストーブやエアコンをつけている場合は、寒さ対策が必要ない場合もあります。

エアコンなどで室温を20度前後に保つことができていれば冬眠することはないため、寒さ対策の必要はありませんが、家を空けてエアコンを切るような場合は、何らかの寒さ対策が必要となります。

寒さ対策にはどんな方法がある?

Fotolia 62760957 xs

ハムスターの寒さ対策にはいろいろな方法があります。部屋の温度や環境に合ったものを試してみましょう。

暖かい場所にケージを置く

もっとも基本となるのがケージの置き場所です。外からの冷たい風が入る場所に置くとケージ内の温度が下がってしまうので、寒くなりやすい窓際や扉、地面の近くは避けて、なるべく暖かい場所に置いてあげましょう。

ただし、太陽の光やエアコンの風が当たりすぎる場所もよくありません。そのため、エアコンのある部屋で直射日光や隙間風が少ない場所を選びましょう。

床材の量を増やす

ハムスターは寒くなると床材に潜りこむようになるので、床材を増やしてあげると暖かく過ごしやすくなります。
そのため、寒くなってきたら床材の量を増やして、中に潜れるようにしてあげましょう。

毛布や段ボールを使う

寒さ対策には、毛布や段ボールを使う方法もあります。毛布をケージの下に敷いたり、上からかけるだけでもケージ内を保温することができます。

同じように段ボールでケージを囲うだけで暖かくすることができるので、前面だけ見えるように切った段ボールを設置してみましょう。

他にも発泡スチロールや断熱シートなどをケージに敷いたり、側面につけると保温効果が期待できます。

ヒーターを使う

ケージを置いている部屋の温度が低くなりすぎる場合は、ヒーターが必要となる場合もあります。

パネルヒーターやひよこ電球を使ってケージの中を暖めるのが一般的ですが、温度設定機能や自動で温度調節できるサーモスタットなどがついていないと、ケージ内が暑くなりすぎたり、日によって寒暖差が激しくなってしまうので注意が必要です。

四六時中エアコンをつけることができない場合や、家を空けるときなどに使用するのに向いています。

カイロや湯たんぽは効果がある?

%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%ad

使い捨てカイロや湯たんぽなども寒さ対策に効果があります。しかし、基本的に長時間使用することには向いていないため、補助的なものとして使用しましょう。

使い捨てカイロについて

使い捨てカイロは、ケージや巣箱に貼ることで暖かくすることができます。ただし、ケージ内に入れる場合はかじらないように対策をして使いましょう。

使い捨てなので毎日交換する必要があり、温度が高くなりすぎてしまう恐れもあるので、基本的には家の中ではなく、病院へ連れて行くときなどに使用するのに向いています。

湯たんぽの使い方

湯たんぽも使い捨てカイロと同じで、時間が経つと温度が下がってしまうので、病院へ連れて行くときや短時間の留守番に使うのが一般的です。使用する場合は温度が高くなりすぎないように注意しましょう。

ポイント

ハムスターの寒さ対策にはエアコンがもっとも適しています。部屋の温度が一定になるので、エアコンを四六時中つけることができる場合は他の寒さ対策はほとんど必要ありません。

しかし、エアコンを切らなければならない場合は、床材を増やしたり、毛布や段ボールで覆うなどの寒さ対策が必要となります。15度を下回ると危険なので、真冬にエアコンがない部屋で留守番をさせる場合は、ヒーターを使用するなどして冬眠しないように注意しましょう。