ハムスターは豆腐を食べられる?おやつにもおすすめって本当?

ハムスターは雑食性の動物なので、いろいろなものを食べることができますが、豆腐を食べさせることはできるのでしょうか?豆腐はタンパク質などの栄養価が高い食べ物ですが、人が食べる食べ物の中にはハムスターが食べることで中毒を引き起こしてしまうものもあるので注意が必要です。ここでは、ハムスターに豆腐を与えても大丈夫かどうか、おやつとして与える場合の注意点などについてご紹介します。

目次

ハムスターの餌として豆腐を与えても大丈夫?

Fotolia 34072161 xs

結論から言うと、ハムスターには豆腐を食べさせることができます。ハムスターにとっては意外と嗜好性が高いらしく、豆腐が好きな子もたくさんいるようです。

ハムスターに豆腐を食べさせても大丈夫

人間の食べ物の中には、ハムスターが食べると体に悪かったり、中毒を引き起こす恐れがあるものもありますが、豆腐は問題なく食べさせることができます。

豆腐にはいろいろな種類がありますが、味が加えられているものではなく、普通の絹や木綿の豆腐を食べさせるようにしましょう。

豆腐が好きな子も多い

何もかけない豆腐は少し味気ないように思われますが、ハムスターにとっては意外と嗜好性が高いらしく、好きな子も多いようです。そのため、ハムスター用として豆腐のおやつなども販売されており、食いつきが良いので病気で食欲が減っているときなどにもおすすめです。

食べさせることでどんなメリットがある?

Fotolia 224155397 xs

豆腐は栄養価が高いので、おやつとして与えることでいろいろな栄養を補うことができます。ただし、下痢をしてしまう場合もあるので与える際は注意しましょう。

栄養価が高い餌

豆腐には様々な栄養が含まれています。その中でも、タンパク質やカルシウム、ビタミンなどはハムスターにとっても重要な栄養となるので、豆腐を食べさせることでそれらを補うことができます。

そのため、赤ちゃんハムスターの離乳食や、病気をしているハムスターの療養食として与える場合もあります。

下痢には注意しよう

豆腐は栄養価の高い食べ物ですが、たくさんの水分が含まれているので、きちんと水切りをしないと下痢をしてしまう場合があります。そのため、食べさせる際はキッチンペーパーなどを使ってしっかり水切りをしましょう。

また、豆腐内に含まれている成分の影響から、きちんと水切りを行っていても頻繁に与えすぎると下痢をしてしまうことがあるので注意してください。

おやつとして与えるのが理想

Fotolia 230089918 xs

健康な大人のハムスターに豆腐を食べさせる場合は、おやつとして与えるようにしましょう。たくさんの量を食べさせる必要はないので、ときどき少量だけ食べさせてあげましょう。

たくさん与える必要はない

豆腐は毎日食べさせると下痢をする原因になったり、たくさん与えることで他の餌を食べなくなってしまい、栄養が偏ってしまう場合があります。そのため、離乳食や療養食以外では、基本的におやつとして食べさせるのでそれほどたくさん与える必要はありません。

おやつとして与える場合は週に1回程度で、ハムスターサイズに小さく切ったものを食べさせましょう。

食べ残しは破棄しよう

ハムスターの中には食べ物を巣箱に持ち帰って保存する習性の子がいますが、豆腐は傷みやすい食べ物なので、食べ残しをすると腐ってしまう場合があります。

そのため、食べ残しや巣箱に持ち帰った豆腐がある場合は、その日のうちに破棄するようにしましょう。特に夏場は痛みが早いので、30分くらいで捨てるようにすると安心です。

ポイント

豆腐は指向性が高い餌なのでハムスターの食いつきが良く、タンパク質などの栄養を補うことができるので、療養食やおやつなどに適しています。

おやつとして食べさせる場合は、たくさん与えてしまうと主食を食べなくなったり、食べ残しが出やすくなるので、週に一回少量だけ食べさるようにしましょう。また、下痢を防ぐために水切りをきちんと行うことも大切です。