ハムスターにおすすめの果物って知ってる?中には食べてはいけないものも!!

ハムスターは雑食性の動物なので、いろいろな果物を食べさせることができます。果物は嗜好性が高いので、ハムスターのおやつにぴったりな食べ物となっています。しかし、果物の中には食べさせてはいけないものもあるので注意が必要です。ハムスターのおやつとしておすすめの果物や、食べさせると危険な果物について確認しておきましょう。

目次

ハムスター食べれる果物の種類は?

Fotolia 102387005 xs

ハムスターにはいろいろな果物を食べさせることができます。嗜好性が高く、食いつきが良いものが多いので、おやつとして食べさせてあげましょう。

ハムスターが食べられる果物

ハムスターによく与えられている果物は、リンゴやイチゴ、オレンジ、バナナなどが一般的です。

これらはどの季節でも購入することができ、ハムスター用に小さくカットしやすいので気軽に食べさせることができます。他にも梨、ブドウ、スイカ、メロン、パイナップルなども食べさせることができます。

おやつとして食べさせよう

果物はハムスターにとって必ずしも必要な副食というわけではありません。与えすぎてしまうと肥満の原因になったり、下痢をしてしまう恐れがあります。

しかし、嗜好性が高いので食いつきが良く、定期度にあげることでミネラルやビタミンなどの栄養素を補えます。また、パイナップルなどの南国の果物の中にはお腹に毛玉がたまるのを予防する役割を持つものもあるので一週間に一回、ごく少量だけを切って食べさせることでいろいろな効果が期待できるかもしれません。

食べさせてはいけない果物は?

Fotolia 229748757 xs

果物の中には中毒を引き起こす恐れがあるものもあります。また、食べさせることができる果物でも、水分が多く含まれているものには注意しましょう。

中毒を引き起こす恐れがある果物

私たち人間は普通に食べることができる果物であっても、ハムスターが食べるとなんらかの中毒症状を引き起こしてしまう恐れがある種類もあります。

主にモモ、アンズ、サクランボ、ビワ、アボカドなどは中毒を起こす可能性のある成分が含まれているので、与えないようにしてください。また、リンゴの種やトマトの葉っぱ、茎など、種や皮、葉、茎に中毒を引き起こす成分が含まれていることも多いので、果肉以外は食べさせないようにしましょう。

水分の多い果物にも注意しよう

中毒を引き起こすことがない果物であっても、水分が多く含まれているものを与えすぎると下痢を引き起こす恐れがあります。

中でもスイカやパイナップルなどは水分が多いので、与え方や個体によっては下痢を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、食べさせる際は様子を見てごく少量だけ与えるようにすると安心です。

ドライフルーツもおすすめ

Fotolia 97895820 xs

ハムスターには乾燥させてあるドライフルーツがおすすめです。ドライフルーツは日持ちしやすく、下痢になりにくいといったメリットがあります。

ドライフルーツは日持ちする

ハムスターによっては餌やおやつを巣箱に持ち帰って隠してしまう子がいます。特にゴールデンハムスターにはそうした習性が多く見られますが、果物は腐りやすいのでなるべくすぐに食べさせる必要があります。

そんなときにおすすめなのが、日持ちするドライフルーツです。人間用のものは甘く味付けされていることがあるので、ハムスター用や小動物用のものを選びましょう。

下痢を起こしにくい

ドライフルーツは日持ちするように乾燥させてあるので、果物の水分によって下痢を起こす心配はありません。そのため、パイナップルやオレンジなど、水分が多くて下痢が心配な果物を与える場合はドライフルーツを食べさせると良いでしょう。

ポイント

果物は必ずしも与える必要があるというわけではありませんが、指向性が高く、いろいろな栄養素が含まれています。ただし、たくさん与えすぎてしまうと下痢を起こしたり、太りやすくなってしまうので、おやつとして少量だけ食べさせるのに向いています。日持ちしないので、夏場に与える場合や餌を隠してしまう子の場合はドライフルーツがおすすめです。