ハムスターにとうもろこしを食べさせることはできる?生と茹でたものどっちがいいの?

ハムスターは雑食性の動物なので、いろいろなものを食べることができますが、とうもろこしを食べさせることはできるのでしょうか?野菜の中にはハムスターに食べさせることができないものもあるので、与える際には注意が必要な場合もあります。また、とうもろこしを食べさせる場合は生のままか、茹でたものどちらがいいのでしょうか?

目次

とうもろこしは食べさせることができる

Fotolia 233832200 xs

とうもろこしはハムスターに問題なく食べさせることができます。ハムスターの中にはとうもろこしが好きな子も多く、栄養価の高い食べ物となっているので、健康にも良い食べ物となっています。

とうもろこしが好きな子も多い

食べ物の好みはハムスターによって異なりますが、とうもろこしが好きな子も多いようです。そのため、比較的食いつきの良い食べ物となっています。

野菜の中にはハムスターに食べさせると中毒を起こしたり、消化不良になってしまうものもありますが、とうもろこしやヤングコーンなどは問題なく食べさせることができます。

とうもろこしは栄養価が高い

とうもろこしは栄養価が高い食べ物で、カルシウムやカリウムなどのミネラルやビタミン、アミノ酸など様々な栄養素が含まれています。ハムスターにとっても必要な栄養がたくさん含まれているので、適度に食べさせる分には健康に良い食べ物となっています。

生と茹でたものはどう違う?

Fotolia 139868170 xs

とうもろこしは生と茹でたものどちらでも問題ありません。また、ペット用に乾燥させたものも販売されているので、そちらを食べさせることもできます。

生でも食べさせることができる

とうもろこしは生のままでも問題なく食べさせることができます。買ってきたものをそのまま与えるだけなので調理の必要がなく、ハムスターによっては生を好んで食べる場合もあるそうです。

茹でた方が食いつきがいい?

茹でることで甘みが増すため、食いつきが良くなると言われています。また、特定の栄養価も増すと言われているので、面倒でなければ茹でたものを食べさせてあげると良いでしょう。ただし、茹でる際に塩などで味付けをするのはやめましょう。

乾燥させたものも販売されている

ペット用に乾燥させたものも販売されています。こちらもハムスターによっては嗜好性が高く食いつきが良い場合があります。また、乾燥させてあるため、水分をとりすぎることで起こる下痢を防ぐことができます。

ハムスターに与える量や注意点について

Fotolia 229748757 xs

野菜はあくまでも副食なので、それほど大量に食べさせる必要はありません。そのため、1日数粒程度にしておきましょう。また、水分をとりすぎることで下痢を起こしてしまわないように気を付けるのも大切です。

1日に数粒程度でよい

嗜好性が高い場合、食べさせすぎると主食であるペレットをあまり食べなくなってしまう恐れがあります。

糖分も多く含んでいるので与えすぎると栄養が偏ったり、肥満になってしまう可能性もあるので、ハムスターの体の大きさに合わせて1日に2〜5粒程度にしておきましょう。

水分のとりすぎに注意

茹でて与える場合は水分を含んでいるので、あまり食べさせすぎると下痢になってしまう場合があります。

そのため、茹でたものを食べさせる場合は2〜3粒程度にしておきましょう。乾燥させているものであれば下痢の心配はないので、3粒以上与えても問題ない場合があります。

ポイント

とうもろこしは食いつきがよく栄養価も高い食べ物なので、副食の野菜として食べさせることができます。生や茹でたもの、乾燥させたものどれを与えても構いませんが、与えすぎると主食を食べなくなってしまったり、水分とりすぎで下痢を起こしてしまう場合があるので、餌の量に合わせて数粒程度与えるくらいにしておきましょう。