ハムスターには卵を食べさせても大丈夫?白身と黄身どっちを与えるべき?

私たち人間が普段食べている食べ物の中には、ハムスターに食べさせることができないものがあります。人間にとっては万能食材と言われるほど栄養が満点な卵ですが、ハムスターに食べさせても大丈夫なのでしょうか?また、卵を食べさせることができる場合、卵の白身と黄身のどちらを食べさせたらいいのでしょうか?

目次

卵は食べさせても問題ない

Fotolia 224155397 xs

卵にはハムスターが食べることで中毒を引き起こすような成分は含まれていないので、問題なく食べさせることができます。卵には動物性のタンパク質が豊富に含まれているので、食べさせることでハムスターに必要なタンパク質を摂取させられます。

タンパク質を摂取させることができる

卵は万能食材と言われるだけあって、タンパク質やビタミン、カルシウムなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。中でも卵に含まれている動物性のタンパク質はハムスターにとっても吸収しやすく、毛並みを整えたり、出産や子育てをするのに必要な栄養素となっています。

ミルワームの代わりにもなる?

野生のハムスターは虫を食べることで動物性のタンパク質を補っていました。そのため、ペットとして飼う場合もおやつとしてミルワームを食べさせる飼い主さんがたくさんいます。

しかし、ハムスターによってはミルワームを食べなかったり、虫が苦手な飼い主さんの場合はあまり食べさせたくないという人もいると思われます。そのような場合は卵を代用品として食べさせることで、必要なタンパク質を補わせることができます。

白身と黄身どっちを与えるべき?

Fotolia 69865577 xs

一般的にハムスターに卵を食べさせる場合は、白身だけを与えた方が良いと言われています。黄身にもたくさんの栄養が含まれていますが、白身と比べてパサパサしているため、食べさせる場合は注意が必要となります。

白身だけを与えた方がいい?

卵の黄身はコレステロールを多く含んでおり、カロリーも高いため、白身を与えた方が良いと言われることがあります。

また、黄身はパサパサしているため、ハムスターによっては嫌がって食べなかったり、頬袋にくっつくことで頬袋が口の外に出てしまう頬袋脱を引き起こす恐れもあると言われているので、卵を食べさせる場合はなるべく黄身を取り除いてあげた方が良いかもしれません。

黄身を与える場合

卵の黄身はハムスターに害がある食べ物というわけではありません。むしろ黄身には白身にはない栄養が含まれています。そのため、肥満気味というわけでなければ問題なく食べさせることができる場合もあります。

特に出産前や子育て中のハムスターには必要な栄養が多く含まれているので、ミルワームを食べない場合は黄身ごとを食べさせてみても良いかもしれません。

与え方や量はどれぐらい?

Fotolia 231713593 xs

卵を食べさせる場合は、生ではなく茹でたものを与えるようにしましょう。また、成長期や子育て中以外であればそれほど卵を食べさせる必要はありません。

茹でた卵を食べさせよう

生卵を与えてしまうと、うまく食べることができなかったり、体が卵で汚れることで皮膚炎を引き起こしてしまう恐れがあります。そのため、卵を食べさせる場合は必ず茹でた卵を食べさせるようにしましょう。

ゆで卵を作る際は、半熟ではなく固めに茹でたものを与えると良いでしょう。

成長期や子育て中以外はそれほど食べさせる必要はない

タンパク質は主食であるペレットにも含まれています。そのため、成長期や子育て中以外であれば卵はそれほど必要ではありません。

また、普段ミルワームを与えている場合は必要ではないので、ミルワームを食べてくれない場合などに代用として、月一回くらいの頻度で一口サイズに切った白身などを食べさせると良いでしょう。

ポイント

卵に関しては白身ばかりを与えているとビオチン欠乏症になってしまい皮膚炎になるという意見や、黄身はうまく消化吸収ができないため、体調を崩してしまうなどいろいろな意見があります。

しかし、月一回一口サイズの白身を与えている分には問題ないので、黄身に関する否定的な情報が気になる場合は白身だけを与えるようにすると良いでしょう。