ハムスターは泳ぐことができる?体を水で濡らさない方がいい?

多くの動物は水の中に入れると泳ぐことができます。小動物の中には泳ぐことが得意な動物もいますが、ハムスターは泳ぐことができるのでしょうか?また、体の汚れを落とすために定期的に水浴びを行う動物はたくさんいますが、ハムスターにも水浴びをさせても良いのでしょうか?

目次

ハムスターは泳げない動物なの?

Fotolia 33792941 xs

ハムスターはもともと砂漠などの乾燥地帯に住んでいた動物なので、基本的に泳ぐのは得意ではありません。まったく泳ぐことができないというわけではありませんが、無理に泳がせようとすると強いストレスを感じてしまう可能性が高いので絶対にやめましょう。

ハムスターの生息地は砂漠

ハムスターの多くは砂漠などの乾燥地帯に住んでいます。当然、水はほとんどないため、普段泳ぐことはありません。ただし、ごく稀に雨が多く降った後に洪水が起きると水に落ちてしまうことがあり、その際は頬袋を膨らませることで短時間だけ泳ぐことができるそうです。

また、クロハラハムスターという種類は川の近くに住んでいることが多いため、泳ぐことができるようになっています。

泳がせるとストレスになる

水に入れると短時間であれば頬袋を膨らませて泳ぐことができるかもしれませんが、基本的には泳ぐことはあまり得意ではありません。

溺れないように必死になっている可能性が高いので、無理に水の中に入れてしまうと強いストレスを感じる恐れがあります。そのため、絶対に泳がせたりしないようにしてください。

泳がせると病気の原因になることも?

Fotolia 224154794 xs

無理に泳がせるとストレスを感じるだけでなく、病気の原因となってしまうことがあります。体温が下がることで疑似冬眠を引き起こすこともあるので注意しましょう。

肺炎の原因になる?

泳ぐことが苦手なハムスターを無理に水の中に入れてしまうと、肺の中に水が入る恐れがあります。肺に水が入ると肺炎や気管支炎などを引き起こす原因となるため、泳がせたり、水浴びさせるのはやめるようにしてください。

冬眠の原因となることも

水の中に入れることで体温が低下すると、冬眠をしてしまう恐れがあります。ハムスターの冬眠は低体温症に似た状態で、最悪の場合は命にかかわることもあるのでとても危険です。

お湯に入れたとしても、濡れたままになることで体温が下がってしまうことがあるので、お風呂にも入れないようにしてください。

体を水で濡らしてはいけない

Fotolia 156974149 xs

ハムスターはそもそも水に濡れること自体をストレスに感じると言われています。体調を崩す場合もあるので、水浴びなどはさせないようにしましょう。

水浴びをさせてはいけない

ハムスターは泳ぐことだけでなく、水に濡れること自体があまり好きではありません。体温調整が苦手な動物なので、水に濡れてしまうと体調を崩しやすくなります。

また、水浴びによって体の匂いが消えると強いストレスを感じてしまう場合があります。そのため、他の動物は定期的に水浴びをすることもありますが、ハムスターには水浴びをさせてはいけません。

汚れを取る場合は砂浴びをさせよう

ハムスターは体の汚れを取る際に水浴びの代わりに砂浴びをします。砂浴びをすることで寄生虫から体を守ったり、ストレスの発散にもなります。ケージ内に砂浴び用の容器を用意してあげると、その中に入って砂浴びを始めます。

砂浴びについては次の記事を参考にしてください。

ハムスターに砂浴び場は必要なの?理由や用意するときの注意点について|HANEY [ハニー]
ハムスターのケージに、砂を入れた容器を用意してあげると砂浴びを始めることがあります。ハムスターは砂浴びが好きな動物なので、ケージの中で飼うときは砂浴びをするための容器を用意してあげる必要があると言われていますが、飼い主さんによっては必ずしも必要ではないという意見もあります。ここでは砂浴びが必要な理由や注意点などを見ていきましょう。

ポイント

乾燥地帯に住んでいたハムスターは、泳ぐのが得意ではありません。水に濡れることを苦手としているため、無理に泳がせようとすると強いストレスを感じたり、体調を崩す原因となってしまいます。そのため、水浴びをさせたりお風呂には入れたりしないようにしましょう。