ハムスターの視力はどれくらい?白と黒の色しか見えないって本当?

ハムスターは目が悪い動物だと言われていますが、どれくらいの視力があるのでしょうか?また、人間のように赤色や青色、黄色などの見分けがつくのでしょうか?ここでは、ハムスターの視力や色が分かるのかどうかなどについてご紹介します。

目次

ハムスターの視力について

Fotolia 231713593 xs

ハムスターは人間に比べると視力が低い動物です。そのため、遠くを見渡すことが苦手ですが、視野は人間よりも広いと言われています。

ハムスターは目が悪い

ハムスターは人間のように目がよくないため、30cmくらいまでしか見ることができないそうです。視力が悪いかわりに鼻や耳がとても発達しているため、普段の生活では鼻や耳を頼りに相手の居場所を把握したり、餌の場所を把握しています。

視野は広い?

人間の視野はだいたい150〜170度くらいとなっていますが、ハムスターの視野は270度くらいあると言われています。そのため、視力はあまり良くないですが、目が横についているため、広く見渡すことができるようになっています。

また、体が小さいハムスターは外敵に上から襲われることが多いため、上方向が良く見えるように目が上向きについています。

色はほとんど分からないの?

Fotolia 229748757 xs

ハムスターは色の見分けがほとんどつかないため、ほとんど白と黒しか分からないと言われています。そのため、人間のように色を見分けることはできませんが、人間よりも暗い場所で目が良く見えるようになっています。

白黒しか分かってない?

白黒しか認識できないと言われることもあるハムスターですが、実際は赤い色が見えていないだけで黄色や緑は見分けることができるとされています。

しかし、人間ほどはっきりと色を見分けることができるわけではないため、黄色や緑色がぼんやりとしか見えていないと考えられています。

暗い場所でも良く見える

普段は巣穴の中で生活している夜行性の動物ということもあって、暗い場所でも目が良く見えるようになっています。目には明るさを感じ取る「桿体(かんたい)」という細胞があり、ハムスターはこの桿体が発達しているため、暗い場所でも目が見えやすくなっています。

ものを立体的に見ることができない

Fotolia 62586602 xs

ハムスターの目は横についているので視野は広くなっていますが、ものを立体的に見ることは得意ではありません。そのため、高さが分からないと言われています。

高さが分からない

横向きに目がついているハムスターはものを立体的に見ることが得意ではないため、高さが分からないとされています。そのため、高い場所にいても高さが分からずに飛び降りてしまい、怪我をすることがあります。

ケージ内の階段に注意しよう

ハムスターは立体的にものを見ることが苦手で、目も上向きについています。そのため、段差を降りることが得意ではありません。

ハムスターのケージには2階、3階建てになっているものがありますが、下に降りるという行動が苦手なハムスターは、階段を降りるときに落ちて怪我をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

ポイント

ハムスターは視力が悪いため30cmほど先までしか見ることができませんが、代わりに耳や鼻が発達しており、視野も非常に広くなっています。人間ほど色をはっきりと認識することはできませんが、暗い場所でも目が良く見えます。

しかし、物を立体的に見ることが苦手なため、高さを把握することができずよく落下事故を起こしてしまいます。そのため、ケージ内の環境やケージの外に出す際は注意が必要です。