ハムスターは風呂に入れない方がいい?体の汚れを落とす方法は?

ハムスターはお風呂に入れない方がいいと言われています。犬や猫などは体の汚れを落とすためにお風呂に入れることがありますが、同じようにハムスターをお風呂に入てしまうと様々なデメリットをもたらします。それでは、体についた汚れを落とすにはどのような方法をとればいいのでしょうか?ここでは、お風呂に入れない方がいい理由や体の汚れを取る方法について見ていきましょう。

目次

ハムスターを風呂に入れてはいけない理由

Fotolia 18209009 xs

ハムスターをお風呂に入れてしまうと、体調を崩してしまう恐れがあります。また、ストレスの原因にもなってしまうので、お風呂には入れないようにしてください。

体調を崩してしまう

ハムスターは体温調節が苦手な動物です。そのため、熱いお湯を浴びると体温が急激に上昇して心臓に負担がかかったり、熱中症になってしまうこともあります。また、お風呂から上がると今度は被毛についた水分が体温を奪ってしまうため、体が冷えてしまいます。

上記のように急激に体温が変化することで体調を崩してしまうので、温かいお湯で体を洗ったり、お風呂に入れたりはしないようにしましょう。

ストレスの原因となる

ハムスターはもともと、砂漠などの乾燥地帯に多く住んでいる動物なので湿気が苦手です。そのため、お風呂に入ることによって体が濡れると強いストレスを感じてしまいます。

また、お風呂に入れると体臭がなくなってしまいます。ハムスターは自分の匂いを付けてマーキングを行う動物なので、急に自分の匂いがなくなってしまうとストレスを感じ、おしっこや糞などに体を擦り付けようとする場合があるため、かえって不衛生になってしまう可能性があります。

水浴びもさせてはいけない

Fotolia 236085846 xs

ハムスターは体が濡れることを嫌う動物なので、水浴びを行うことはありません。毛が乾きにくく、泳ぐことができないので、水浴びは行わないようにしましょう。

毛が乾きにくい

ハムスターの毛は乾燥しづらいため、水浴びをさせると毛が濡れたままなってしまいます。そうなると体温が下がって体力を奪われてしまうので、体調を崩す原因となります。

タオルで拭いたり、ドライヤーで乾かすこともできますが、やはりどれもストレスの原因となってしまうので、お風呂と同じように水浴びも行わない方がいいでしょう。

ハムスターはそもそも泳げない

ハムスターはほとんど泳ぐことができません。そのため、水やお湯を溜めた容器に入れると溺れてしまう危険があります。水が肺に入ることで肺炎を引き起こす場合もあるので、お風呂に入れたり、水が溜まった容器をケージ内に入れないようにしましょう。

泳ぐことができない理由については次の記事を参考にしてください。

ハムスターは泳ぐことができる?体を水で濡らさない方がいい?|HANEY [ハニー]
多くの動物は水の中に入れると泳ぐことができます。小動物の中には泳ぐことが得意な動物もいますが、ハムスターは泳ぐことができるのでしょうか?また、体の汚れを落とすために定期的に水浴びを行う動物はたくさんいますが、ハムスターにも水浴びをさせても良いのでしょうか?

体についた汚れを落とすには?

Fotolia 139868152 xs

ハムスターには、水浴びの代わりに砂浴びを行う習性があります。そのため、砂浴び用の容器を用意してあげましょう。また、体についている汚れを取りたい場合は、ティッシュなどを使って拭いてあげるのがおすすめです。

砂浴びをさせる

砂浴び容器を用意してあげるとハムスターは砂浴びを始めます。砂浴びには体の汚れを落としたり、寄生虫から体を守る役割があり、ストレスの発散にもなります。

雑菌なども洗い流す効果があると言われているので、体を清潔に保ちたい場合は砂浴び容器を用意してあげましょう。

ハムスターの砂浴びについては次の記事を参考にしてください。

ハムスターに砂浴び場は必要なの?理由や用意するときの注意点について|HANEY [ハニー]
ハムスターのケージに、砂を入れた容器を用意してあげると砂浴びを始めることがあります。ハムスターは砂浴びが好きな動物なので、ケージの中で飼うときは砂浴びをするための容器を用意してあげる必要があると言われていますが、飼い主さんによっては必ずしも必要ではないという意見もあります。ここでは砂浴びが必要な理由や注意点などを見ていきましょう。

体を拭いてあげる

体に糞や餌がついていたり、毛についた汚れが気になる場合は、お湯などで少しだけ濡らしたタオルやティッシュで体を拭いてあげましょう。

少しの汚れなら綺麗に拭き取ることができますが、あまり長い時間行ったり、全身を拭こうとするとストレスの原因となるので、拭き取る場合は目立つ汚れだけを取るようにしてください。

ポイント

ハムスターは体温調節が苦手で濡れることを嫌うため、お風呂に入れることはできません。お風呂や水浴びをさせると体調を崩す原因となるので、体の汚れが気になる場合も軽く拭き取ってあげる程度にしておきましょう。

ハムスターにとって砂浴びがお風呂や水浴びの代わりとなるので、砂浴び容器を用意したり、ケージ内を綺麗に掃除することで体が汚れるのを防ぎましょう。