パンダハムスターってどんな種類?性格や値段について

パンダハムスターという名前を聞いたことはありますか?名前の通りパンダのような白と黒の毛色をしているハムスターのことで、ペットショップでもあまり見かけない珍しい種類となっています。ここでは、そんなパンダハムスターの特徴や性格、値段などを簡単にご紹介します。

目次

パンダハムスターっていったい何なの?

20081022 pandahamster

出典:www.asadachojutrading.jp

パンダハムスターは固有の種類というわけではなく、パンダ模様の毛色をしたハムスター全般を指す言葉です。主に、どのような種類で見られるのでしょうか?

種類ではなくハムスターの毛色

パンダハムスターは固有の種類ではなく、パンダのように白と黒の模様をしているハムスターのことをいいます。白と黒を合わせ持った毛色で、個体によって模様が異なるため、部分的にブチ模様のようになることもあります。

この毛色と同じように白と黒の毛色をしているパンダマウスという動物がいますが、こちらはネズミの仲間なので別の種類となります。

どのような種類があるの?

パンダは固有の種類ではないので、いろいろな種類のハムスターに見られます。パンダ柄は主にゴールデンやキャンベルに現れることがあり、同じパンダでもハムスターの種類ごとに体の大きさや特徴が異なります。

ペットショップなどではパンダジャンガリアンという名前でパンダハムスターが販売されていることがありますが、これらの多くはジャンガリアンではなく、キャンベルだと言われています。

性格や体の大きさについて

パンダハムスターの性格や体の大きさは、種類ごとにそれぞれ異なります。そのため、パンダの種類がゴールデンであれば、ゴールデンと同じ体の大きさや性格になります。

種類ごとに異なる

パンダハムスターは毛色の種類なので、ハムスターの種類ごとに異なります。パンダ柄は主にゴールデンとキャンベルに見られるので、パンダの性格や体の大きさはこのどちらかに近くなります。

ゴールデンやキャンベルの性格や大きさについては次の記事を参考にしてください。

ゴールデンハムスターは幻の動物?特徴や大きさ、野生での生態についてご紹介*|HANEY [ハニー]
ゴールデンハムスターといえば、アニメで人気となったハム太郎のモデルにもなっている種類で、日本では人気が高く広く飼われています。ハムスターの中でも体が大きく、名前の通りゴールドに近い毛色をしていることで有名ですが、実はいろいろな毛色が存在します。ここでは、ゴールデンハムスターの毛色や性格などの特徴や体の大きさ、野生での生態などを簡単にご紹介いたします。
キャンベルハムスターの性格や特徴は?あまりなつかないと言われる理由は?|HANEY [ハニー]
キャンベルハムスターはジャンガリアンなどと同じドワーフハムスターの一種なので、比較的体が小さいハムスターです。ゴールデンやジャンガリアンなどに比べるとあまり知られていない種類となっていますが、どのような性格をしているのでしょうか?ここでは、キャンベルハムスターの性格や特徴、あまりなつかないと言われる理由などをご紹介します。

どれくらいの値段で販売されている?

3771373111 9f6c7d9409 b

パンダハムスターの値段は、パンダゴールデンかパンダキャンベルかによって若干異なりますが、いずれもノーマルのハムスターよりも高い値段が付けられています。また、非常に珍しいので、ペットショップで見かけることはあまりない毛色となっています。

通常よりも高い値段が付けられている

パンダハムスターは種類にもよりますが、だいたい2,000〜6,000円くらいの値段が付けられることが多いです。販売しているペットショップによってはさらに高い値段で取引されている可能性もあり、いずれもノーマルカラーより高い値段で販売されています。

パンダ柄は非常に珍しい毛色

パンダハムスターは非常に珍しい毛色なので、それほど多く流通していません。ペットショップでもあまり見かけないカラーとなっているので、購入する場合は値段以上に探す方が大変な場合もあります。

ポイント

パンダハムスターは固有の種類ではなく、主にゴールデンやキャンベルなどに見られる毛色の一種となっています。ときどきパンダジャンガリアンという名前で販売されていることもありますが、これはキャンベルと間違えて販売されている可能性があります。

見かけることが少ないので種類となっているので、探したい場合はペットショップに問い合わせてみたり、インターネットの掲示板の活用をおすすめします。