【毛の生え方によってそれぞれに名前が??】犬の毛の名前!

犬はいろいろな毛の生え方をしていますよね?部分的に長かったり色が異なったりとさまざまです。毛の生え方の名前や特徴を簡単にご紹介します。

目次

飾り毛

Fotolia 92796003 xs

耳や足、しっぽ、体にある長い毛のことを飾り毛といいます。フリンジ、フェザリングといわれることも。

パピヨンの耳に生えているような長い毛がこれにあたります。部分的な長い毛はとてもおしゃれですね。

ダブルコート

ワンちゃんの毛が上毛とその下に生えている下毛の2重になっているタイプをいいます。

柔らかくて量が多い下毛は多く寒さからわんちゃんを守ってくれます。春になると抜け落ちて夏にはなくなり、秋にもう一度生えてきます。柴犬など日本の犬などに多いタイプです。四季がはっきりしている日本の環境にぴったりです。

シングルコート

上毛が少なく下毛が多いタイプをいいます。ダブルコートよりも下毛が発達しているため上毛がほとんどありません。生え換わりの季節にもあまり毛が抜け落ちないのが特徴です。

プードルなどの犬種はシングルコートなので、室内で飼う場合は掃除が助かりますよね!

マスク

Fotolia 121382400 xs

口周りや額に生えている毛の色が濃いことをいいます。黒い色の場合はブラックマスクとよばれており、パグやボクサーなどがこのタイプにあてはまります。

名前の通りまるでマスクをつけているみたいな毛の生え方が特徴です!

ヘアレス

220px hairless and coated half

出典:en.wikipedia.org

毛の生えていない部分をいいます。突然変異で部分的に毛の生えないワンちゃんを繁殖させたことで広がりました。

見た目はユニークですが、毛の生えない部分は非常に弱いためケアが必要です。代表的なヘアレスドッグとしてはメキシカンヘアレスドッグ、チャイニーズクレステドドッグ、アメリカンテリアなどがこれにあてはまります。

ワンちゃんの毛は体を守るためにあるのでファッションとして剃る場合は怪我や病気に気を配る必要があります。

差し毛

ワンちゃんのベースの毛の色の上からまばらに生えている違う色の毛のことを差し毛といいます。

白っぽい毛であることが多く、先ほど紹介したダブルコートの上毛・下毛とは別にもう一重に毛が生えていることになります。

ショードッグなどの場合、差し毛はマイナス要素とされていて差し毛が多いとルックス的にマイナス評価の対象となります。

ポイント

ワンちゃんは生まれた環境によってさまざまな毛の生え方をしています。ここに載っているのはごく一部でほかにもたくさんの種類があります。また同じ種類でもワンちゃんによっていろいろな毛の生え方をしてることがありますので個性的なワンちゃんを探してみるのも楽しいですよ。