ハムスターが冬眠する理由って?見分け方や対処方法について

ハムスターが冬眠をする話はよく耳にする人も多いのではないでしょうか?ハムスターが冬眠しているのか、寝ているのか、凍死してしまっているのか見分けがつかない人も多いと思います。そんなハムスターの冬眠の理由や対策、凍死との見分け方についてご紹介します。

目次

ハムスターの冬眠ってどういう状態?

Fotolia 65086155 xs

ハムスターは本来”熊”などの動物と違い冬眠する動物ではありません。ハムスターの冬眠は疑似冬眠とも呼ばれ、いわゆる「仮死状態」です。死なないように体力の消費をぎりぎりまで抑えるために体の機能をほとんど止めている状態なのでとても危険な状態です。

なんで冬眠状態になるの?

ハムスターの冬眠の理由の中で1番多い理由は急激な温度の低下や寒さで怒る「低体温症」です。種類やその子の健康状態にもよりますが、ハムスターのいる空間が10度以下になったときに起こる可能性がとても高くなります。低体温症の他にも、日照時間の短さが原因で冬眠状態になってしまうとも言われています。冬場の温度が下がる季節に真っ暗な部屋でハムスターを飼うのは避けましょう。

冬眠状態と凍死の見分け方は?

冬眠状態と凍死状態を見極めるのは状態が死後硬直に似ているため、非常に困難だと言われています。それでもわずかに呼吸はしているので呼吸を確かめてあげてください。他にも冬眠状態に入るときは寝床で入るのでどこで冬眠状態になっているかも見極め方の一つです。

冬眠状態になってしまったらどうすればいいの?

Fotolia 91225665 xs

ハムスターが冬眠状態になっていた場合はすぐに温めてあげてください。そのときに急激にハムスターの体温をあげることは絶対にやめましょう。ハムスターの体は小さいので急激な体温の変化は心臓に大きな負担になってしまいます。まずは部屋の温度をあげ、タオルや毛布で包んでゆっくりマッサージをするように温めてあげましょう。

目を覚ましたあとは?

冬眠状態から目を覚ました後は体力が消耗しているのはもちろんのこと、脱水症状になっている可能性も非常に高くなっています。
糖分と水分をとる必要があるので、ハチミツやサトウを混ぜた白湯を飲ませてゆっくり休ませてあげましょう。

体力が戻ってきたら病院に

Fotolia 69865704 xs

小さい体で一度仮死状態を経験したハムスターの体の負担はかなりのものです。後日体調を崩したり、後遺症が残ってしまうこともあるので、できるだけ早く病院に行ってお医者さんに見せてあげてください。

ポイント

自分のハムスターが冬眠状態になったらと思うととっても不安ですよね。秋口~冬にかけての気温差が激しくなる時期は危険なので特に注意が必要です。寒さ以外にもストレスや栄養不足でなることもあるそうなので、普段から環境作りや体調管理には気を付けてあげましょう。