【毛色によって性格が違う!?】猫ちゃんは毛色によって性格が違うって知ってましたか?猫ちゃんの毛色と性格について

猫ちゃんにはたくさんの種類の毛色の子がいますよね。実は毛色によって猫ちゃんの性格が違うって言われているんです!今回はそんな毛色によって違う猫ちゃんを毛色別でご紹介していきます。

目次

三毛猫

Fotolia 95222146 xs

ミステリアスでプライドが高く賢くて運動神経がいい猫ちゃんが多い毛色です。
ほとんどがメスなのも特徴の1つ。
ぶちに縞がある子はおてんばで扱いやすく、縞がない子はかなりお嬢様気質、黒三毛はツンデレが多いと言われています。ワガママ、気分屋で猫らしい性格の子が多いですね!

シマ三毛

シマ三毛は三毛猫と同じく赤、黒、白の色で黒色に縞がある猫ちゃんのことです。
三毛猫よりもおとなしく見えるが怒ると怖い。
でも三毛猫と同じでほとんどがメスで母性本能が強い子、育て上手ないいお母さんになる子が多い猫ちゃんです。子猫を育てている姿を見てみたいですね♪

茶トラ

Fotolia 140697849 xs

活発で甘えん坊、明るくのんびりで優しい猫ちゃんが多い毛色です。
染色体的にオスの割合が多くぼーっとしている猫ちゃんが多いと言われるくらい天然で、臆病なのを隠すために攻撃的になったりフレンドリーになったりする傾向があります。
スキンシップが大好きなので、猫ちゃんを飼ったら溺愛したい♡という方にオススメです!

茶白

Fotolia 139396747 xs

甘えたがりでおっとりした性格で頭も良く愛情深い猫ちゃんです。
ぶちに縞があるとさらに陽気な性格になり、白色の部分が多いと気難しい性格になることもあるそうです。
他にもちょっとおっちょこちょいでうっかり屋さんが多いと言われています。
基本的に茶色系の猫ちゃんは飼いやすそうですね♪

ポインテッド

Fotolia 140435458 xs

シャム、ヒマラヤンのような白い体で鼻、耳、四肢の先だけが黒くなっている猫ちゃんのことです。
運動能力が高く、かなりの甘えん坊で感情豊かな情熱的な猫ちゃんです。
頭も良くて人間の言葉の理解力、意思伝達力に長けているのでしつけがしやすいのも魅力的♪

ブルータビー

Fotolia 123745495 xs

ブルータビーとは、黒が淡くなった色で濃いグレーと淡いグレーの縞々です。
神経質で静かな生活を好む子が多く少し警戒心が強い猫ちゃんです。
もちろん中には活発で陽気な子もいますが、騒いだり散らかしたりする子も少ないのでマンションや一人暮らしの方にも飼いやすいのでオススメです!

ポイント

本当に毛色によって性格が様々ですよね!自分の性格や生活に合った猫ちゃんを毛色で探すのもありかもしれません♪