【犬のくしゃみは危険なの??】犬がくしゃみをするときの原因や病気って??

人と一緒で犬もくしゃみをすることがあります。くしゃみの原因によってはかなり危険な病気の可能性もあるので「くしゃみぐらいどうってことないでしょ!」とあなどってはいけません!!今回はそんな犬のくしゃみの原因や対策についてご紹介します。

目次

くしゃみにはどんな意味があるの??

Fotolia 119043758 xs

犬がくしゃみをすることには2つの意味があります。

1つめは、下がってきた体温を上昇させるための行動と言われています!
鼻腔内の温度が下がったときに鼻腔内の知覚神経は脳に体を振動させることで体温を上げろ!と命令するのでくしゃみが起こります!

2つめは、鼻腔内に入ったほこりなどの異物を取り込んでしまわないように外に出すための噴出機能としての役割とがあります!
どちらの意味も犬の体にとってとても大切な意味がある行為ですよね!!

犬がくしゃみをする原因は??

犬がくしゃみをする原因にはたくさんの原因が考えられますが中でも多いのはこの2つの原因です。

・アレルギー性
ハウスダストや食物アレルギーが原因でくしゃみが出ている場合。
特に多いのはほこりやダニの死骸からくるハウスダストアレルギーです!常に床に近い高さで生活しているのでしっかり掃除などの対策をしましょう。

・刺激物
タバコや香水などの刺激物が鼻や鼻腔内を刺激することが原因でくしゃみが出ている場合。
犬は人よりも嗅覚が優れているので、人にとって害のない刺激物でも鼻の粘膜が刺激されてしまうことがあるのでくしゃみをしているようなら刺激物を減らしてあげましょう!

くしゃみはこんな病気になる可能性も??

Fotolia 26962004 xs

説明した2つの原因でくしゃみをしている場合は環境を改善してあげることでくしゃみは止まることが多いですが、それでも止まらないときはこんな病気の可能性があります!

・「ケンネルコフ」
くしゃみだけじゃなく咳や発熱、酷くなると肺炎を起こす可能性もある怖い病気です。

・「犬伝染性肝炎」
ウイルス感染により引き起こす肝炎。肝臓に炎症が起こりくしゃみや嘔吐をするようになり、40度を超える高熱がでることもある命の危険にかかわることもあるとっても危険な病気です。

・「フィラリア症」
犬のくしゃみが長期間続き、咳やくしゃみの症状のほかにも疲れやすくなったり、喀血などの症状が出てきます。蚊が媒介するフィラリアという寄生虫が、心臓に寄生することでかかる危険な病気です。

犬のくしゃみが一時的じゃなく長期間止まらないようならすぐに病院に連れて行ってあげましょう!

犬のくしゃみはどんな対策をすればいいの??

くしゃみが連続して出るのは人にとっても犬にとってもとても辛いことですよね!そんなくしゃみを止めてあげるためにも3つのことに気をつけましょう!

・ハウスダストをできるだけなくす
こまめな掃除を心掛けて、できるだけハウスダストのない環境を作ってあげることでアレルギー性のくしゃみは改善することができます。

・刺激物を近づけないようにする
タバコや香水などの鼻の粘膜を刺激するようなものを、犬から遠ざけることで刺激によるくしゃみを改善することができます。

・ワクチン接種をしっかり受ける
ケンネルコフやフィラリア症などの怖い病気はワクチン接種をしっかり受けることで防ぐことができるので、しっかり決まった期間に受けるようにしましょう。

よく聞く逆くしゃみってなに??

犬には人と同じくしゃみとは別に「逆くしゃみ」と呼ばれる症状があります。
逆くしゃみとはくしゃみとは逆で”鼻から勢いよく空気を吸い込む”発作性呼吸と言われる主にチワワなどの小型犬によくみられる症状のことです!

とても苦しそうにするので慌てて病院に連れて行ったら逆くしゃみですね!と言われる飼い主さんが多いそうです!
アレルギーによる可能性が高いとい言われていますが今でも原因不明の症状で”突発性”のケースが多いようです。

一時的にですが鼻をおさえると止まるそうなので、苦しそうなら鼻をおさえてあげてみましょう!

犬のくしゃみを動画で見てみよう!

連続でくしゃみをするポメラニアンの動画です!何度もくしゃみをしてとっても苦しそうですよね!!

ポイント

犬のくしゃみは一時的なものなら人のくしゃみと同じく大丈夫なことが多いですが、長期間続くようなら怖い病気の可能性もあります。喋れない分しっかり犬の様子を観察して些細な変化にも気を使ってあげるようにしましょう!