【犬は狭い場所が好き?】愛犬に安心感を与える「自分の部屋」ハウスを覚えさせよう!

”ハウス”とは飼い主さんの呼びかけで愛犬を自分の部屋(ケージやクレート)に戻すことをいいます。”ハウス”には犬が自由に動き回れなくする役割と安心感を与える「自分の部屋」としての役割があります。ハウスを覚えさせるメリットとしつけ方をまとめました。

目次

ハウスは必要??

Fotolia 126936190 xs

愛犬にハウスを覚えさせることによってさまざまなメリットがあります。
ケージで大人しくしていられると旅行に連れていくときなどには便利ですし病院、ペットホテルなどでも安心です。

また便利なだけでなく犬は”狭いところ好む習性”があるのでハウスに入っていると安心します。
留守番をさせるときも広い部屋を自由にさせるよりはむしろ落ち着ける狭い部屋を用意してあげるたほうがストレスがかからず犬は落ち着きます。

無理やりハウスに入れるのは止めよう!

愛犬をハウスに入れるときに首輪やリードをつかんで無理やり中へ押し込むのは止めましょう。
無理に押し込むと”ハウスに入ることは嫌な事”と覚えてしまいます。
そうなってしまうと今後なかなか入ってくれなくなる恐れがあります。

ハウスは飼い主さんの指示によって愛犬の意志で入ることに意味があります。

愛犬に合ったハウスを選ぼう!

ハウスは持ち運びができる旅行向けのクレートや丈夫で檻のようになっているケージなどいろいろあります。用途に応じたハウスを選びましょう。

またハウスは愛犬にとって狭すぎず広すぎずがベストです。狭すぎると方向転換できずに窮屈です。逆に広すぎると寝床とトイレをハウス内で分けてしまい不衛生になります。

ハウスの中はお気に入りのクッションを入れてあげたり、暑さや寒さ対策をしてあげて”できるだけ快適なもの”にしてあげましょう。

ハウスの場所はどこがいい?

Fotolia 81187900 xs

ハウスは愛犬が落ち着ける場所に置いてあげる必要があります。犬は基本的に暑さに弱いので暑いところや湿気の多いところは避けましょう。できるだけ寒暖差がないところがいいです。また直接日光があたるところも犬は落ち着けず熱中症の危険があるのでやめましょう。

一度ハウスの位置を決めたらコロコロ変えたりしないで固定してあげましょう。決まった場所に固定することでハウスの中が自分のテリトリーだと思って安心するようになります。

ハウスの教え方!

はじめはおやつなどをつかって愛犬をハウスの中へ誘導しましょう。愛犬がハウスの中に入る寸前で「ハウス」といい、入ったらすぐに「いいこ」と褒めておやつをあげましょう。これを何度か繰り返すことで”ハウスに入るといいことがある”ということを覚え”ハウスとはこの中に入ることだ”と学習していきます。

これを繰り返し愛犬がハウスという言葉を覚えたら、今度はおやつは見せないで「ハウス」と指示しましょう。愛犬が自分からハウスの中へ入ったら「いいこ」と褒めておやつをあげます。これを繰り返すことで愛犬はハウスを覚えていきます。

もしも「ハウス」といわれただけで理解できていないようなら再びおやつで誘導して”ハウスという言葉がクレートの中に入ること”であることを結び付けてあげましょう。

ポイント

愛犬にハウスを覚えさせて自分のテリトリーを与えることは自立心を育むことにつながります。
”室内を常に自由に動けるようにしてあげたい”と思う方もいると思いますが、放し飼いは逆に犬のストレスの原因になります。
しつけやすさなどにも影響するので必ずハウスを覚えさせてあげましょう。