【うさぎの結膜炎】うさぎの目の病気には要注意!結膜炎の症状や予防や治療費について

人と一緒でうさぎも結膜炎にかかってしまうことがあります。結膜炎は人がかかっても目がショボショボしたり、かゆくてこすってしまったりと辛い病気ですよね!今回はそんな辛いうさぎの結膜炎の症状や予防や治療費についてご紹介します。

目次

結膜炎ってどんな病気なの?

目の白目の部分とまぶたの内側部分にある薄いピンク色をした粘膜を結膜と言います。
この薄いピンク色をした粘膜が炎症を起こしてしまった状態が”結膜炎”です。

ケージの中でしたおしっこなどから発生する、アンモニアやうさぎが潜在的に持っていることの多い”パスツレラ菌”からの細菌感染が多くの原因になって発症します。

パスツレラ菌の他にも、ほこりやおが屑などの異物が目に入ってしまい起こってしまうこともあるのでうさぎの生活環境には気を付けましょう!

結膜炎はどんな症状がでるの?

結膜炎で一番多く見られる症状は

・結膜が充血して目が赤くなる
・まぶたが腫れる
・痛そうにしていたりかゆそうにしている
・サラサラした目やにからネバネバした目やにまでいろいろな目やにがでる

酷い場合は
・目の周りの毛が抜ける
・角膜に穴があいてしまう
・ずっと涙が出ているので目の周りが皮膚炎になってしまう
などがあります。

1番多いパスツレラ菌が原因の場合は白いネバネバした目やにが特徴です。
パスツレラ菌が原因で結膜炎になってしまった場合は再発の可能性も高くなかなか完治しにくいので、根気よく治療を続ける必要があります。

悪化してしまうと角膜炎や緑内障になってしまい、最悪の場合目を摘出しなければならないこともあるので症状を見つけたときは出来るだけ早く病院に連れていってあげてくださいね!

結膜炎の治療法は?

ほこりなどの異物が入ってしまった場合とパスツレラ菌などの細菌感染の場合では治療法が違ってくるので、まずは結膜炎の原因を突き止めます。

・ほこりなどの異物が入ってしまった場合
原因になっている異物を取り除く処置が必要です。

・結膜炎の最も多い細菌感染が原因の場合
抗生物質の入った目薬で治療します。

・こすってしまったりして炎症が起こっている場合
炎症を抑える目薬も併用して治療します。

結膜炎の治療費はいくらぐらいするの??

治療費は原因や進行具合によって変わってきますが、ほとんどが目薬代なので診療代+目薬代で2~3000円程です!

重症度によっては治療が長引いてしまい、治療費がかさむこともあるので早めに病院に連れて行ってあげましょう!

結膜炎にならないためにはどうすればいいの?

予防として1番大切なことは清潔な環境を保ってあげることです。
アンモニアが原因の細菌感染はトイレが不衛生なままの場合によく起こります!
アンモニアが発生しないようにこまめにトイレの掃除をすることで予防することができます。

他にも目の刺激物になってしまうような洗剤などは、ウサギの近くでは使用しないようにして、床材なども刺激性のある物は使用しないなどの注意が必要です!

原因に最も多いパスツレラ菌はもともとウサギが持っている菌で、体調不良など免疫が低下しているときに繁殖してしまうので普段から健康管理には気をつけてあげましょう。

目の病気は不正咬合(ふせいこうごう)が原因になることも

結膜炎は目の病気なので、一見歯とは関係のない病気に思われがちですが、実は歯の噛み合わせが原因でなってしまう不正咬合が原因になることがあります!

ウサギの歯の根っこが目の収縮する部分にあるため、不正咬合で伸び続けてしまうと目の収縮する部分を刺激したり傷つけてしまうことでいろいろな目の病気を引き起こしてしまいます。

目の状態だけに気を付けるのではなく他の部分もしっかりチェックしてあげましょう!

ウサギの不正咬合とは

ポイント

人にとってもとても大切な「目」はウサギにとっても大切なものです。
最初は軽い症状でも悪化してしまうと目の摘出など最悪の事態に陥る可能性があるので、症状に気付いたときはすぐに病院に連れて行ってあげましょう!!