記事一覧(1ページ目)

このページには、ハニーに関するHANEYの記事が集まっています。
今話題になっているキーワードから、気になる記事をみつけよう!

全記事一覧(1ページ目)

  • 人工芝はハリネズミの敷材におすすめ?掃除方法やソフトとハードについて

    ハリネズミの敷材に人工芝を使用することもできますが、使う場合ソフトタイプは誤飲してしまう可能性があるので、ハードタイプのものがおすすめです。また、ハードタイプのものは硬いため怪我をしてしまうのではないかと思うかもしれませんが、特にその心配はありません。人工芝は比較的掃除が楽なので、敷材に悩んでいるようであればぜひ選...

  • 【新宿、渋谷、池袋】ハリネズミ&うさぎカフェおすすめ7選!中にはカワウソがいるお店も

    最近では一人暮らしでペットを飼う人が増えてきていますが、ハリネズミやうさぎなどの小動物は一人暮らしでも比較的飼いやすいので、ペットとしての人気が高くなりつつあります。そのため、そんな小動物達と触れ合うことのできるハリネズミカフェやうさぎカフェも人気となっています。ここでは渋谷や新宿、池袋にあるハリネズミカフェやうさ...

  • 文鳥の雛の餌は何がいい?食べさせ方や注意点について

    文鳥は気が強く臆病な性格をしているため、親鳥に育てられた場合は荒鳥となってなかなか人になつかなくなってしまいます。そのため、飼い主さんによくなつく手乗の文鳥にするためには雛の時期から飼い主さんが餌を与えて育てていく必要があります。雛にはどのような餌が適しているのでしょうか?ここでは文鳥の雛に食べさせる餌や挿し餌の食...

  • 文鳥は性格が悪い?オスメスでの違いや人懐っこさについて

    文鳥がどのような性格をしているか知っていますか?インコと並んで人気の高い文鳥ですが、ときには性格が悪いと言われてしまうこともあります。しかし、それはとある文鳥の性質によるものなので、決して性格が悪い鳥というわけではありません。やや気性が荒いところもありますが、飼い主さんに一途に懐くとても可愛らしい性格をしています。...

  • 文鳥が噛むと痛い?理由や対策について

    文鳥に手や指を噛まれて痛い思いをしたことはありませんか?文鳥を手に乗せているときやエサを交換しているとき、ケージの掃除をしているとき、ケージに戻そうとするときなど、いろいろなタイミングで手や指などを噛むことがあります。手を噛むのをどうにかやめさせたいけれど、噛む理由がわからないと対策することは難しいと思われます。そ...

  • 文鳥の寿命はどれくらい?平均年齢やオスメスの違いについて

    文鳥がどれくらい長生きすることができるかご存知ですか?最近の犬猫の平均寿命は13年〜16年くらいだと言われているのに対して、大型のフクロウは30〜40年ほど生きると言われています。体の大きさは違いますが、同じ鳥類である文鳥の寿命はどれくらいなのでしょうか?ここでは文鳥が生きる平均年齢やオスメスによる寿命の違い、長生...

  • 文鳥の爪切り頻度はどれくらい?長さや逃げるときの対策について

    文鳥の指にも人間や他の動物と同じように爪が生えています。爪が伸びすぎると手に乗せたときや体に止まったときなどに爪が当たって痛かったり、爪が何かに引っかかって文鳥が怪我をしてしまうことがあります。そのため、爪が伸びているときは爪切りを行う必要があります。ここでは文鳥の爪切りの頻度や爪の長さ、嫌がって逃げたり暴れてしま...

  • フクロウ&鳥カフェ!ペットと触れ合える神戸のお店をご紹介

    犬猫や小動物に続いてフクロウやインコ、文鳥などの鳥類がペットとして人気を集めています。フクロウはその独特な雰囲気と愛嬌から人気があり、インコや文鳥は人懐っこい仕草や鳴き声がとても可愛い動物です。ペットとして飼う家庭が増えたことでフクロウや鳥などと気軽に触れ合うことができるフクロウカフェや鳥カフェが注目を集めています...

  • 【大阪】フクロウカフェおすすめ7選!!好きなだけ触れ合おう*

    つぶらな瞳と不思議な雰囲気からペットとしても人気が高くなっているフクロウ。最近はそんなフクロウと気軽に触れ合うことができるフクロウカフェも人気です。猫カフェと同じようにフクロウカフェではお茶や料理を楽しみながら、可愛いフクロウたちと触れ合うことができます。フクロウ好きはもちろん、普段はあまり関心がなかった人でも楽し...

  • 【渋谷・新宿】フクロウカフェおすすめ5選!リーズナブルで大人気*

    ペットと触れ合うことができるカフェといえば猫カフェをイメージする人も多いと思いますが、最近はフクロウカフェも人気を集めています。フクロウはとても愛嬌があり、ほかの動物にはない魅力があるので、フクロウ好きから、今までフクロウを触ったことがない人にもオススメです。一人で遊びに行くのはもちろん、お友達やデートでも楽しめる...

  • 【大阪】うさぎやハリネズミなどの小動物カフェおすすめ5選!!

    気軽に動物と触れ合えるペットカフェが人気となっています。ペットカフェといえば犬猫が中心でしたが最近では色々な動物がペットとして飼われるようになったので、小動物たちと会えるうさぎカフェやハリネズミカフェなども人気です。そのため、ペットを飼えないけど触りたいという人からすでにペットを飼っている人みんなの癒しの場となって...

  • 文鳥の鳴き声にはどんな意味が?威嚇や甘えているときの違いについて

    文鳥の鳴き声にはそれぞれ何らかの意味があると言われています。文鳥は人のように言葉を話すことができないので、鳴き声を上げることで相手に気持ちを伝えようとします。そのため、飼い主さんに甘えたり、ときには威嚇するためなど、いろいろなタイミングで鳴き声を上げることがあります。ここでは文鳥が甘えるときや威嚇するときなどの鳴き...

  • ツチブタはピグレットに似ている?ペットとして飼うことはできる?

    ツチブタという動物をご存知ですか?うさぎのような耳と、アリクイのように細長く伸びた口、ブタのような鼻を持つ少し変わった見た目の動物で、耳の形がどことなく「くまのプーさん」に登場する「ピグレット」というキャラクターに似ています。ツチブタはとても頭蓋骨が弱い動物で衝撃を受けるだけで壊れてしまいます。ここではそんなツチブ...

  • ニホンイノシシの大きさはどのくらい?特徴や分布について

    近年、イノシシが山から降りてきて農作物を荒らしたり、車とぶつかる、人を襲うことなどが増えてきています。日本に生息しているイノシシにはニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2つの種類があり、リュウキュウイノシシは沖縄にしか生息していないため、本州、四国、九州で見かけるイノシシは全てニホンイノシシになります。ここではニ...

  • エゾヒグマの大きさや特徴は?ペットとして飼うことはできる?

    クマと聞くととても大きなヒグマを想像する人が多いのではないでしょうか?日本にもたくさんの野生のクマが生息していますが、なかでもエゾヒグマは日本に生息している陸上の野生動物のなかでもっとも大きな動物だと言われています。イノシシやシカと違って野生のクマは普段ほとんど見かけることがありませんが、ときどき人を襲うなどの事件...

  • ラーテルは最強の動物?ライオンやコブラにも立ち向かう勇敢な動物

    動物の王様といえば百獣の王と呼ばれるライオンを思い浮かべる人が多いと思われます。また、蛇の場合だと「キング」という名前がつけられることもあるコブラを思い浮べますが、ラーテルはこれらの動物にも立ち向かう最強の動物だと言われています。危険な動物に襲われても返り討ちにすることのできる様々な特徴と、非常に勇敢で怖いもの知ら...

  • ニホンツキノワグマの分布や生態は?絶滅が危惧されている生息地もある?

    日本にはニホンツキノワグマとエゾヒグマという2種類のクマが存在します。エゾヒグマは北海道にしか生息していないため、本州に生息しているクマはニホンツキノワグマのみとなります。一部の地域ではすでに絶滅しているため、現在本州では45%の地域に生息しています。ここではニホンツキノワグマの分布や生態、ペットとして飼うことがで...

  • サバンナモンキーの皮膚はスカイブルー?日本の動物園で見ることはできる?

    サバンナモンキーという猿はご存知ですか?名前の通りサバンナに生息している猿の一種で、別名「ベルベットモンキー」とも呼ばれています。一見、普通のサルに見えますが、このサバンナモンキーには他にお種類には見られない特徴があります。それは睾丸の色がスカイブルーになっていることです。ここではスカイブルーの皮膚の理由や特徴、生...

  • ハリネズミに昆虫ゼリーを与えても大丈夫?

    昆虫ゼリーは栄養価が高いことから、栄養が足りていないハリネズミや、偏食をしてフードを食べない個体に与えるといいと考えられています。しかし、与えすぎには注意しましょう。与えすぎは肥満の原因になるだけでなく、上記で述べたことと反対に、ゼリーだけを食べてフードを食べなくなるという偏食を起こす場合もあります。そのため、与え...

  • ハリネズミからうさぎ、カワウソカフェまで?神戸のお店をご紹介!

    ペットと触れ合うことができるカフェといえば猫カフェが定番でしたが、最近では飼われているペットの幅が増えたことでいろいろな動物と触れ合うことができるカフェが増えています。ペットを飼うことができない人がカフェ感覚で気軽に遊びに行けて、ペットと触れ合うことができるのでとても人気となっています。ここでは神戸にあるハリネズミ...

  • ハリネズミに触れたところが痒い?アレルギー以外が原因の場合も

    ハリネズミを触った後に肌が痒いとなると、アレルギーではないかと思ってしまう人も多いかと思います。しかし、それはアレルギーではなく、針で傷つけられたことによって引き起こされている場合もあります。針はそのものが刺激物なので、刺さらなくても触れることによって細かな傷がつき、そこから炎症を起こして痒くなることがあります。こ...

  • ハリネズミも喧嘩することがある?多頭飼いには注意しよう!

    ハリネズミの喧嘩は、主に同じケージに複数飼うことによって起こることが多いです。そのため、喧嘩を防ぐためにも、多頭飼いする場合はケージを別々にすることが大切です。また、ストレスや怪我の原因になるため、身体にも悪影響を及ぼすでしょう。飼っている可愛いペットに快適に過ごしてもらうためにも、飼い主さんが喧嘩をしない環境にし...

  • ハリネズミは警戒心が強い?飼育する場合は大きな音に注意しよう

    ハリネズミは警戒心が強いことから、飼い初めの場合は少しの音にもびっくりする姿が見られるかと思います。飼育環境に慣れていくにつれ警戒しなくなっていくので、生活音に関してはあまり気にしなくていいでしょう。しかし、掃除機などの大きな音が鳴るものは苦手という個体が多いので、ハリネズミが起きている時間にやってあげてください。...

  • ハリネズミが血だらけ?回し車や爪の伸びすぎが原因になっていることも

    ハリネズミは病気や怪我などの様々な原因で私たち人間と同じように血だらけになることがあります。血尿や血便の原因は主に誤飲やストレスですが、メスの場合は子宮疾患が原因になっている可能性もあるので注意が必要です。また、回し車や布に爪や足、鼻や耳を引っ掛けてしまうことで出血する可能性もあります。ここでは出血の原因や対処法に...

  • ハリネズミは広葉樹にアレルギーがある?食べる場合はどうすれば?

    ハリネズミは針葉樹だけでなく広葉樹にもアレルギーを起こす個体がいるので、アレルギー反応が出ないかどうか確かめてから使う必要があります。また、中には広葉樹の床材を食べてしまう個体もいるので、使用する際には気を付けなければいけません。吸収力・消臭力に優れていることからトイレには最適ですが、このようなデメリットもあります...

  • ハリネズミがこける?頻度が多い場合は病気の可能性も

    ハリネズミがこけるといった症状は、実は病気の可能性もあります。その病気とは、ハリネズミ特有の病気でWHS(ふらつき症候群)といい、命に関わる病気になります。この病気はまだ解明されておらず、治療法も見つかっていません。しかし、ハリネズミが長く苦しまないためにも、こけるなど足に異変が出た場合には、動物病院で診察を受ける...

  • ハリネズミは菌を保有している?白癬菌は水虫の原因になることも

    みなさん「白癬菌」という菌はご存知でしょうか?白癬菌とは、私たち人間がよくなる水虫の原因となる菌で、この菌は多くのハリネズミが持っている菌になります。白癬菌は皮膚に炎症を起こし、赤くなるだけでなく針が抜けるといった症状が見られます。脱毛はハリネズミにとって良くないことなので、このような姿が見られたらすぐに動物病院へ...

  • ハリネズミの健康診断について!料金や診察内容など

    ハリネズミの健康のことを考えると、定期的に病院へ健康診断を受けに行くことが望ましいです。しかし、診断料金は高いのではないかと心配する飼い主さんも少なくないかと思います。診断内容や病院によって料金は異なりますが、大体1万円ほどあればある程度の検査はできるでしょう。決して安くはない金額ですが、ハリネズミの身体のことも考...

  • ハリネズミは寄生虫による病気に感染しやすいペット?

    ハリネズミは、外部寄生虫であるダニやノミによって皮膚病になることが多いです。皮膚病を発症すると痒みやフケ、脱毛などの症状が出て、ハリネズミにとって大きなストレスとなります。これら寄生虫は、不衛生な場で繁殖する傾向にあるので、掃除はこまめに行い飼育施設を衛生的に保つように努めましょう。ハリネズミにとって暮らしやすい飼...

  • ハリネズミの噛み癖の直し方は?原因や対策方法について

    ハリネズミの噛み癖は1度つくと直すことはなかなか困難です。噛み付く原因は主に、妊娠中・子育て中で攻撃的になっていることだったり、飼い主さんの手を怖いものだと認識しいる、ストレスを溜めているなどといったことが挙げられます。噛み癖の直し方は原因によって違うので、まずは原因を突き止めることが重要です。また、ペットが噛むお...

  • ハリネズミは危険なペットなの?攻撃性のある動物ではない

    たくさんの針を身体に生やしていることから、針が刺さったり怪我の恐れがある危険な生き物なのではないかと考える人も多いかと思います。しかし、ハリネズミの針は身を守るためのものなので、その多くの針で攻撃してくるということはありません。そのため、危険性が高いどころかペットとして安全に飼えると言われています。どうして危険だと...

  • ハリネズミをお迎えした!適した時期や直後の接し方について

    ハリネズミに限らずペットを飼う前は、ケージや餌入れといった必要最低限の飼育グッズを用意してからお迎えしましょう。また、お迎えする時期は、気温が穏やかな春か秋が望ましいと言われています。お迎えした直後は、ストレスとならないようにすぐ飼育施設に入れてください。初日から触れ合おうとすると、とても大きなストレスとなってしま...

  • ハリネズミとコミュニケーションは取れる?時間をかけて慣れさせよう

    ハリネズミはとても臆病な生き物として知られていますが、臆病ゆえにコミュニケーションを取ることも難しいでしょう。触れ合い方として、最初は針を立てて丸まることがほとんどかと思いますが、好物をあげたりしながら触れ合っていくと、次第に心を開いてくれます。慣れるまでには時間がかかるので、焦らずゆっくりと慣らしていきましょう。...

  • ハリネズミのケージについて!種類や大きさ、掃除や手作り方法など

    ハリネズミのケージには木製のものや金網など様々な種類があります。また、飼うだけではなく、飼い主さん自作のケージを手作りしてあげることもできます。作り方が簡単なものもあるので、時間があれば作ってみるのもいいかと思います。作る際には大きめに作ってあげると、運動不足の解消にも繋がるのでおすすめです。この記事では、ケージの...

  • ハリネズは水槽ケージで飼育がおすすめ?レイアウトや大きさについて

    ハリネズミを飼育する際には、飼育施設は必要不可欠なものになります。数ある中でおすすめなケージが水槽で、水槽は保温性があることから冬場にとても適しています。レイアウトする際にヒーターを設置することによってさらに環境は暖かくなるので、適切な温度に保てるでしょう。しかし、水槽にはふたがついているものが少ないので、飼い主さ...

  • うさぎの胃拡張について!原因や対処法、予防や治療法など

    うさぎの致死率が高い病気の一つとして、胃拡張という消化器障害があります。グルーミングや急な温度変化などが原因だと考えられていますが、詳しくは解明されていません。そのため、確実な予防法や対処法はありません。発症した場合は何よりも早期治療が重要となるので、少しでも症状が見られた場合は病院に連れて行きましょう。治療後も食...

  • うさぎの強制給餌のやり方!作り方や量、与える餌や注意点について

    うさぎの強制給餌の流動食の作り方は、水や青汁、ペレットをミキサーで混ぜ、シリンジに入れて飲ませます。水分を多く摂取すると下痢になってしまうことがあるので、下痢をした際には水分量の調節をしてみましょう。量としては体重の3%が目安となります。与える際に嫌がる場合にはジュースやごく少量のおやつを与えるといいでしょう。この...

  • ハリネズミ用フードはお試しを買うのがおすすめ!ふやかす際の注意点について

    ハリネズミにはグルメな個体が多く食べない子もいるため、たくさんの種類から好んで食べてくれるものを探さなくてはなりません。最初からたくさん入ったものを買うと無駄になる可能性もあるので、マズリなど有名な種類のお試し版を試してみましょう。また、肥満の子に適したフードや痩せすぎの子に適したフードもあります。与える場合はふや...

  • ハリネズミがお腹を見せてくれる理由は?できものや赤い場合は要注意

    ハリネズミにとってお腹は唯一針の生えていない弱点となる場所なので、さすることや、マッサージすることは難しいです。しかし、反対にお腹を見せてくれるということは信頼されている証でもあります。また、何らかの病気にかかって腫れやできもの、腫瘍などができている可能性もあるので、定期的に健康チェックをしなければいけません。健康...

  • ハリネズミに柿を与える時の食べさせ方や注意点について

    秋が旬である柿ですが、ハリネズミも食べることができるのかどうか気になる飼い主さんもいるかと思います。人間の食べ物を食べることのできるハリネズミは、柿も食べることが可能です。好物という個体が多いので、与えた際には食いつきがいいかと思います。しかし、柿を与える際には注意点がいくつかあります。その注意すべきこととは何でし...

  • ハリネズミのハリケツ!可愛いおしりを病気から守ってあげよう

    ハリネズミの人気が急上昇している今、ハリネズミのおしりが可愛いと話題になっています。そんな可愛いおしりですが、ハリネズミは様々な病気になるため、おしりにも病気や体調不良の症状が出ることがあります。例として、血便や腫瘍による腫れなどが挙げられ、これはハリネズミにとってとても辛い症状になります。早く治してあげるためにも...

  • ハリネズミはいちごを食べられる?与えすぎには要注意!

    ハリネズミは色々なものを食べることから、いちごも食べることができるのかと思う人もいるかと思います。結論から言うと与えることは可能で、与える際にはいくつかの注意点があります。この記事では、いちごを与える際の注意点についてご紹介しているので、与えたいという飼い主さんがいれば、この注意点に気を付けて与えるようにしましょう...

  • 文鳥はいちごを食べることができる?与え方や注意点について

    文鳥の主食は穀物ですが、野菜や果物なども食べさせることができます。野菜や果物は穀物だけでは得ることができない栄養分を補ってくれるため、健康を維持するためによい効果をもたれしてくれますが、果物の中には文鳥に食べさせることができないものもあります。いちごはもっとも好きな果物ランキングで1位に選ばれるほど人間にとってはポ...

  • 文鳥に食べさせる粟穂とは?栄養や注意点について

    文鳥やインコなどの鳥は粟穂が大好きです。粟穂とはイネ科の植物である粟に穂がついた状態のことをいい、ペット用の食べ物としてパックなどで販売されています。嗜好性が高い食べ物なので食いつきはいい場合が多いですが、食べさせ過ぎると栄養が偏ったり、他のご飯を食べてくれなくなる恐れがあります。ここでは文鳥が好んで食べる粟穂につ...

  • 文鳥とインコの違いは?体の大きさやそれぞれの特徴について

    鳥のなかでも文鳥とインコはペットとして広く飼われています。どちらも人気が高い鳥類となりますが、文鳥とインコにはどのような違いがあるのでしょうか?体の大きさや知能の高さ、寿命など、この2匹にはそれぞれ違いがあります。ここでは文鳥とインコの違いやそれぞれの特徴についてご紹介します。

  • 文鳥は癒し系?とても可愛い習性や特徴について

    文鳥はとても人によくなつき、感情表現が豊かな癒し系な動物です。手乗りになるととても飼い主さんになつくので、自分から手の中に入ってくることもあり、積極的にコミュニケーションをとるようになります。また、鳴き声や求愛ダンスはとても可愛らしく、見ているだけで人の心を癒してくれます。ここではそんな癒し系な文鳥の可愛い習性や特...

  • 文鳥と犬は共存できる?一緒に飼う場合の注意点について

    文鳥と犬を一緒に飼いたいという人もいるかと思いますが、一緒に飼う場合は犬や文鳥が怪我をしないか心配ですよね。特に犬は小型犬であっても文鳥にとってはとても大きな相手となるので、事故が起きると文鳥が大怪我をしてしましまう可能性があります。最悪の場合、文鳥が亡くなってしまうことも十分に考えられるので、一緒に飼う場合は注意...

  • 文鳥の足の特徴はメスとオスで違う?老化による変化や注意点

    文鳥などの鳥類はすべて同じような足の形をしているように見えますが、じつは種類によって足の特徴が異なる場合があります。そのため、手乗りの鳥としてお馴染みの鳥である文鳥とインコは指のつき方が異なります。また、文鳥はメス、オスでも足の指に違いが見られたり、老化や病気が原因で足の色や皮膚に変化が見られることがあります。ここ...

  • 文鳥が注意すべき足の病気は?症状や原因について

    文鳥にはいくつか注意すべき病気があります。そのなかでも足の病気はそのままにしていると上手く木につかまることができなくなったり、足に力が入らなくなり立つことができなくなってしまうことがあります。そのため、足に何らかの症状が見られた場合はすぐに病院へ連れて行くようにしましょう。ここでは文鳥が注意すべき足の病気や足に症状...

  • 文鳥の足がカサカサする理由とは?はばきが原因?

    普段はツルツルとしていた文鳥の足がカサカサするようになった、ウロコのようにめくれている部分がある、皮膚が硬くなってしまったということはありませんか?どこか具合が悪いのかもしれない、何かの病気なのかもしれないと不安になってしまうかもしれませんが、多くの場合は老化が原因となります。ここでは文鳥の足がカサカサする原因やは...

1 3 4 5